七五三は神社か寺どっちに行けばいいの?どっちでもいい?!

スポンサードリンク

お子様が3歳・5歳・7歳を迎える年になると、
考えることは七五三
お参りに行くには、神社とお寺では
どちらがいいのでしょうか?
何か決まりごとなどはあるのでしょうか?

七五三をお祝いしてくれる神社はどこ?

スポンサードリンク

七五三のお祝いをしてもらう神社って
どこがいいのか悩みますよね。

基本的には近所の神社で行うことが多いです。
生まれ育った土地の氏神様に感謝を伝え、
これから先も健やかな成長を願う…
素敵なことですよね!

ただ絶対に近所の神社でないといけないというわけではなく、
大きな有名神社でされてももちろん大丈夫です。

また神社とお寺のどちらに行こうか
悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
神社でという考え方が多いですが、
もちろんお寺でも行ってもらえる場所は多いです。

お参りの仕方や初穂料(お布施)などに多少の違いはありますが、
さほど大きく変わる点はないと思います。
わが子は神社とお寺それぞれ参拝しましたが、
これといって大きな違いはなかったように感じます。

もちろん各施設によって違いはありますので、
事前に調べておくことは重要です。

では神社に的を絞った場合、気を付けるべき点とは
どういった部分になるのでしょうか。
近所の神社、有名な神社ではそれぞれ
メリット・デメリットがあると思います。

お子様がお参りをする際には、袴や着物を着せたいと思う
親御様も多いのではないでしょうか。
やはり普段着慣れないものですし、
着付けは苦しいです。

また草履は履きづらく歩きにくいと思う
お子様も多いと思います。

そういう場合、やはり近所の神社の方が移動距離も短く、
周囲の状況も分かっていると思いますので
気分的にも楽だと思います。

何か忘れ物をしても取りに帰れる距離
というのも利点ですよね(笑)

ただ小規模の神社の場合、
七五三シーズンは境内が大変混雑しますので、
思わぬ待ち時間を強いられる可能性があります。
事前に予約ができるか等の下調べは入念に!

大きな神社は家から遠くにあることが多いと思うので、
まず移動距離がネックになってきます。
また敷地が広いので門から境内までが遠く、
草履では疲れてしまうことが懸念されます。

ただ大きな神社はそのシステムもしっかりとしているので、
事前予約ができたり駐車場が広かったり
写真撮影場所がたくさんあったりと利点も多いです。

必ずといっていいほど、子どもは草履で長時間歩くのは
嫌がると思います。

わが子は2回とも痛いといって嫌がりました(苦笑)
足が疲れたら履き替えられるよう、
は必ず持っていっておきましょう!

親戚のお祝いにお返しは必要?

七五三に親戚の方からお祝いをいただいた場合、
お返しは必要なのでしょうか?

お宮参りや七五三などのお祝い事ではお返しはしなくてよい、
とよくいわれます。
これは頂いたのは親ではなく子どもで、
まだ収入がない為という考え方です。

ですが日本には「半返し」の意識が強いので、
返さなくていいといわれても「失礼ではないのだろうか…」
という気持ちになってしまいますよね。

もしお返しをする場合は、いただいた金額の
3分の1を目安にお返しをすると良いでしょう。
品物として多いのは千歳飴や赤飯、
菓子折りなどが挙げられます。

千歳飴なんてこの時ならではのものですし、
とてもおススメです!
贈る方の好みなどもあるでしょうが、
考えだしたらキリがありません!

オーソドックスなものを念頭に考えるとよいでしょう。
最近はかわいいデザインのものも多いので、
ご夫婦で色々探してみて下さいね。

まとめ

七五三はお子様の健やかな成長をお祝い、
またお礼をするよい機会です。
節目にご挨拶をしつつ、
お子様の晴れ着姿を見て成長を感じる。
どれも大切なことですので、
ぜひ思い出に残る七五三にして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする