初正月に羽子板はいらない?飾る意味は?

スポンサードリンク

お正月を迎えると、気持ちを新たに一年がはじまりますよね。
お正月はおせち料理を食べて、お年玉をもらって、
初詣にいって、楽しいことばかりですよね。

そんなお正月ですが、羽子板は飾りますか?
現代では、羽子板を飾る人が少なくなったと言われています。
しかし、新年を迎えるにあたり、
羽子板にもきちんと意味があるのです。

伝統を守る職人さんが一つ一つ丁寧に
羽子板を作っているのですよ。
羽子板について知ることで、子どもが生まれて初めてのお正月、
羽子板を飾ってみたくなりますよ。

羽子板をお正月に飾るワケ

スポンサードリンク

羽子板は、女の子の赤ちゃんの初正月
お祝いして贈られてきたものです。
羽子板が邪気をよけてくれ、無病息災のお守りと
されてきたのです。

昔はお正月の遊びとして女の子が
羽根つきをしてきました。
羽子板でつく羽の黒い球は、無患子(むろくじ)と呼ばれる
大木の種で作られています。
そこから、子どもが患わないという意味が
込められているのです。

羽子板の歴史

7世紀頃に宮中で行われていた遊びの一つに、
「ぎっちょう遊び」と呼ばれるものがあります。
このぎっちょう遊びはヘラのような形をした杖で、
毬(まり)を打ち合って遊ぶものです。
これが羽子板のはじまりと言われています。

室町時代に入ると、羽子板で羽根つきの遊びを
行うようになりました。
この室町時代から、羽根つきをして
遊ぶ羽子板飾り用の羽子板に分かれて
作られ始めたとされています。

江戸時代になると、羽子板に歌舞伎役者の絵を書いたりして、
華やかな羽子板が登場し人気となります。

昭和の時代に入り、羽子板に美しい女性を描き、
衣装も華やかに飾りつけられるようになりました。
そして、ケースに入れて贈り物にする
羽子板が販売されるようになったのです。

羽子板はいつからいつまで飾ればいい?

羽子板をいつまで飾ればいいかは、特に決まっていません。
女の子の赤ちゃんの無事の成長を願って贈られる羽子板は
12月頃に贈られることが多いのです。

贈られた羽子板をかざり、赤ちゃんが初めてのお正月を迎えます。
それから1月の15日くらいまで
羽子板を飾る家庭が多いと言われています。
これは1月15日を小正月と呼び、
新年を迎えるにあたり、飾り付けた門松、
しめ縄などを焼いてしまう日になります。

この小正月に合わせて、羽子板も
片付けてしまう家庭が多いのです。

もちろん、贈られた羽子板をずっと飾っている
家庭もあります。
羽子板は必ずしまわなければいけないという
決まりもないのです。
子どもが成人するまで飾っておく家庭もあります。

現代の贈り物にされる羽子板は
職人さんが一つ一つ丁寧に時間をかけて
作られたものばかりです。
綺麗な女の人が描かれて、着物を綺麗に着せられています。
そんな羽子板をすぐにしまってしまうのは
もったいないですよね。
せっかく、頂いた羽子板ですから、
子どもが大きくなるまで飾ってあげてもいいでしょう。

羽子板にも種類がある!?

羽子板と一言でいっても、実は種類が色々とあるのです。
その種類について簡単に説明しておきます。
まず、羽子板の作り方の違いがあります。

・プレス羽子板
羽子板の女の人が着ている着物などの生地は、
プレスの機械によってつくられています。
・木目込羽子板
この羽子板は女の人の上半身が立体的になっており、
衣装を着ているように見えます。
・押絵羽子板
この羽子板は一つ一つパーツを作っていき、
それらを組み合わせて立体感のある羽子板を作ります。

この3種類による羽子板の作り方があります。

このように羽子板は、初めてお正月を迎える
女の子の赤ちゃんのお祝いに贈られてきたものです。
羽子板といっても、本当に女の人が
着物を着ているかのように作られています。
これらの羽子板を作る職人さんの技には驚かされます。

羽子板は作り方の違いだけではなく、
デザインもそれぞれ違っています。
羽子板は歌舞伎の演目を題材として
作られているものが多いのです。

その為に、「道成寺」「浅妻」「汐汲」などと
呼ばれる種類があります。
どの羽子板を選んでも特に問題はありません。
「まり飾り」と呼ばれる種類の羽子板があります。
これは女の子の初正月を祝う羽子板として、
女の人が飾りの鞠(まり)を持っているのが特徴です。

羽子板は誰から贈られるものなの!?

羽子板は母方の実家から、女の子の赤ちゃんの初正月を祝って
贈られてきました。
しかし、現在では両家の親から贈られることも多いと
言われています。
羽子板は誰から贈られるものという決まりはありません。
女の子の赤ちゃんのお祝いですから、
もらったら喜んで飾っておきましょう。

まとめ

羽子板には昔から歴史があり、
女の子の赤ちゃんの成長を祝って贈られてきたものです。
綺麗に飾りつけられ作られた羽子板は、
飾っておくだけでその美しさに目を奪われてしまいますよ。
縁起ものの羽子板ですから、すぐにしまってしまうのではなく、
長く飾ってあげるのもオススメですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする