雛人形と羽子板は一緒に飾る?飾り方と片づけ方!

スポンサードリンク

雛人形と羽子板、本来なら飾る時期が3月と1月で違うような気がしますが、
お子様が初正月を迎える時は一緒に飾る地域もあるようです。

雛人形とは?
雛人形は女の子の桃の節句をお祝いして
飾られてきたものです。
雛人形の歴史をたどると、平安時代までさかのぼると
言われています。
草、わらなどで人形を作り、体をなでることで
わざわいを人形に移して厄払いしていたのです。
現代では流し雛という呼ばれ方をして、
その名残が残っています。

そして、貴族の女の子たちが、紙で作った人形を使って
遊んでいました。
その遊びを“ひいな遊び”と呼んでいたのです。

これらの厄払いと遊びが合わさり、
雛人形が誕生したと言われています。

江戸時代には人形作りの職人さんの技術により、
おひな様は華やかで豪華な作りへと変わっていきました。
この頃に現代の雛人形が作られて、
飾られるようになったのです。
桃の節句を祝い3月3日に雛祭りが行われるようになりました。

羽子板とは?
羽子板とは女の子の赤ちゃんが,
初めてお正月を迎えるのを祝って贈られてきたものです。
羽子板には、赤ちゃんの無病息災とすこやかに成長しますように
願いが込められているのです。

同じ女の子のお祝い事ですが、雛人形と羽子板はどのように飾ったら良いのでしょう?
今回はその飾り方と片づけ方についてまとめました。

雛人形と羽子板は初正月には一緒に飾るの?

スポンサードリンク

ひな人形は3月3日の桃の節句をお祝いして飾られます。
そして、羽子板は初正月をお祝いして贈られるものです。
その為に、初正月には雛人形が
まだ贈られていないことがほとんどです。
初正月には羽子板のみ飾られるのです。
しかし、羽子板は“しまわなくてはいけない”
という決まりはありません。
そこで1年中羽子板を飾っている家庭も多くあります。
すると、雛人形を飾る時に、
一緒に羽子板も飾っておくということがあるのです。

雛人形と羽子板は近くに飾るものなの?

雛人形を飾る際に、羽子板も一緒に飾るという風習が
残っている地域もあります。
もちろん一年中、羽子板を飾っているという家庭もあります。
そんな時は、雛人形の近くに羽子板を飾ってあげましょう。
子どもの厄除けすこやかな健康を願ってお祝いするものですから、
近くに置いて桃の節句をお祝いするのもいいでしょう。
必ずしも、雛人形と羽子板を一緒に飾らなければいけないという
決まりはありません。
もし、普段は羽子板をしまっているのなら、
お雛様と一緒に羽子板を出しましょう。
手入れをしてあげるいい機会にもなりますよ。

羽子板と雛人形のしまい方は?それぞれいつしまう?

羽子板や雛人形をしまう際には、
まず、ついているホコリをなどを使って
取ってあげましょう。
それから、雛人形の頭などを白紙で包んであげます。
これは形が崩れないようにするためです。
それから、羽子板、雛人形を箱に入れてしまいます。
その際に、防虫剤を大量に入れる人がいますが、
それではいけません。
防虫剤は少しいれておけばいいのです。
しまっておく場所は乾燥、湿度が高い場所は
できるだけ避けましょう。
羽子板も雛人形も乾燥と湿度を嫌うので、
気をつけましょう。

羽子板は必ずしまわなければいけないという
決まりはないので、1年中飾っている家庭もあります。
雛人形は3月3日を過ぎたら、
早めに片付ける人が多いでしょう。
しかし、地方によっては桃の節句を4月3日に
行うところもあるのです。
桃の節句が終わったら片付けてあげるのがいいでしょう。
雨が降っている日にひな人形を片付けてしまうと、
人形が大量の湿度を吸収してしまい、
カビなどの原因になります。
雛人形を片付ける際は、晴れている日
行ってあげましょう。

雛人形を3月3日を過ぎて長いこと出していると、
「お嫁にいくのが遅くなる」という話を聞いたことが
あるかもしれませんが、これは迷信なのです。
早く片付けることよりも、天気がいい日に、
丁寧に片付けてあげることが大切なのです。

まとめ

雛人形と羽子板は、どちらも厄除けと子どもの成長を
お祝いして贈られるものです。
毎年1回は出して手入れをして、飾ってあげるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする