お年玉の相場はいくら?赤ちゃんにもあげるもの??

スポンサードリンク

年末年始に親戚で集まると、
子供たちが楽しみにしているのがお年玉。
でも、生まれたばかりの赤ちゃんへの
お年玉の相場ってどれくらいか悩みませんか?
大金をあげても本人が使うわけでもないし、
幼少期はお金の価値を理解させるためにも
あまり大きな金額ををあげても…となかなか迷います。
でもせっかくかわいい子供達に気持ちとしてはあげたい…

今回はこのようなお悩みの方に相場や代用についてのお話です。

お年玉をあげる立場の人はチェック!お年玉の相場を知っておこう!

スポンサードリンク

さて、お年玉の相場ですが、
まだまだ「お金」や「欲しいものを買う」、
という理解ができない赤ちゃんには
いくらあげれば良いのでしょう?

本当に筆者の周りでもお年玉の相場
というものは難しいようで、千差万別でした。
500円玉を一つ、かわいい袋にいれてくれた、
赤ちゃんのお年玉としてちょうどいい、というケースもあれば、
3万円渡されて、ありがたいけどどうして良いか困った、
というケースもありました。

一番多かった金額が1000円と5000円で、
貯金するも使い道も親に任せる、というものが多かったです。
親としても、これくらいが受け取りやすいのではないでしょうか。

赤ちゃんに渡すお年玉というのは、
赤ちゃんが実際にもらって使えるわけではないので、
気持ちの問題である意味大人の都合でもあります。
金額は赤ちゃんを育てている両親と
自分の関係性を考慮して設定すると良いでしょう。

赤ちゃんにはあげるもの?おもちゃで代用?何才からあげるもの?

では、そもそも赤ちゃんにお年玉って
あげるものなのでしょうか?
筆者自身、息子を出産して、初めてのお正月は
だいたい「半分の親戚がくれる」でした。
ちなみに私の両親は、まだ赤ちゃんで
お年玉をもらうという理解ができないため、
大きくなってから、と思ってくれていましたし、
夫の両親や祖父母からは1000〜5000円、
「○くんのものに使ってね」のメッセージとともに
いただきました。
私個人としてはいただいたことにありがたい
とは思いましたが、大きくなってから、
という考え方に関しても納得できるものだったので
くれたくれないで何か特別な感情になることもありません。

言葉が出始める2〜3歳には、なんとなく
子供ながらに「お年玉」を理解し始めるので、
小さな金額からいただいて、子供と一緒にお金を使う
という機会があれば良いかなと思います。

また、お金をあげるというのは赤ちゃんにはまだ難しいことなので、
代わりにおもちゃを買ってはどうか、という方もいます。
もちろん、直接赤ちゃんに渡るものなので
一つのアイディアとして良いと思います。
ただ、お正月はすぐ前にクリスマスもあり、
親としては短期間でおもちゃをたくさん買い与えられても困る、
という人もいます。
ある程度関係性ができていれば、おもちゃのプレゼントは
事前に子供の両親に確認しておくほうが良いでしょう。
その時に、おもちゃじゃなくても、服や絵本など
リクエストも聞ければ良いですね。

番外編としてはご家庭にもよりますが、
どうしても子育てをしていると子供のものにお金がかかったり、
自分たちのことは後回しにして、自分にお金をかけないようになる
パパママも多いので、あえて赤ちゃんのうちは赤ちゃんではなく
育てている親にあげるという人もいるようです。
このケースはパパママの祖父母よく見られます。
小さな赤ちゃんができても、そのパパママも大事な孫なので、
孫が喜ぶようにという素敵な気遣いのようです。

まとめ

今回記事作成にあたり、おじいちゃんおばあちゃんになった方、
親戚、ママ友、同僚などたくさんの人にお年玉事情を聞きましたが、
本当にそのご家庭によって様々でした。
それだけ、お年玉が「気持ち」が大事だということ
ではないかと思います。
確かに相場が気になったり、少ない金額はどうだろう?と
あげる立場からは悩みますが、まずは気持ちを大事に、
楽しいお正月を過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする