お年玉の使い道は幼児に任せて本当にOK?子供の金銭感覚を養おう!

スポンサードリンク

年末年始はおじいちゃんおばあちゃんの家に行って、
おじいちゃんおばあちゃんや親戚の人に
お年玉をもらうのを楽しみにしている、
そんなお子さんがたくさんいますね。
でも、親としてはいただく金額も様々で、
いただけることはとてもありがたいけど、
すべてを子供の自由にして良いの?
貯金したり、計画的に使うことを教えなければ…
など迷うこともたくさんあるのではないでしょうか?
今回はお年玉を上手に子供に管理させる方法
お伝えします。

経験談求む!「私は○○しました」教えて!

スポンサードリンク

親としては、できれば金銭感覚を身につけながら
有意義に使って欲しいものです。
筆者は保育士として保育園で働いていますが、
親御さんの中には
「毎年お年玉の〇〇円までは好きに使って良い」
「おじいちゃんおばあちゃんからもらったお年玉は使って良いけど、
おじさんからもらったお年玉は貯金する」
「一緒に貯金しに行く」
などルールを決めているご家庭も多かったです。
近年少子化もあり、お年玉あげる対象の子供が
減ってきたことから、金額自体は多くお年玉としてもらう
傾向にあります。
全て毎年、子供が使うも貯金するも自由にさせることが
我が家のルール!
と決めるなら良いですが、親としてはある一定のスタンス
決めておいたほうが良いでしょう。
また、今回はせっかくもらえるお年玉を
金銭感覚を身につけさせるチャンスとして、
下記の方法をご紹介します。

子供の金銭感覚を養う方法!お金の価値を可視化しよう!

子供がお金の価値がわかるのは、数字の概念とともに
どのような商品にどのくらいの値段がついてるのか、
がわかってからです。
なので、大人が思っている以上に遅いと思います。
小学生未満だと、まず数字の概念がないので、
500円と1000円のどちらに価値があるのか
わかりづらいです。
紙幣の1000円より、コインの500円の方が
キラキラしているから好き=価値がある、
となるお子さんもいます。
数字の概念がわかってからも
子供が欲しい度合いで価値が変わります。
大好きな駄菓子の10円が嫌いなピーマンの100円より
価値がでる、みたいなことです。

なかなか概念から教えるのは難しいので、
学校教育や経験を通して身につけた方が早いです。

では、小さい子に上手にお金を使ってもらうには、
どうすれば良いの?
オススメなのは、欲しいもの(商品)に
どれくらいのお金が必要なのか
目で見てわかるようにしてあげる=可視化することです。

これは障害のある大人の支援にも使う手法なのですが、
まず、子供と一緒に欲しい商品を
チラシやインターネット、おもちゃ屋さんなどで探します。
そして、その値段を確認し、
「どれくらいのお金が必要なのか」
見てわかるようにします。
例えば、1500円のおもちゃが欲しかったとすれば、
100円玉の絵を15個描いて、その上に100円玉を
実際に貼り付けて行きます。
(この方法を試している間はお年玉もお小遣いも
100円で渡すと喜ばれます)
今、どれくらい溜まっていて、後どれくらい100円玉を
集めれば良いのか、が見てわかるようになります。
目標額がたまったら、そのお金を持って
一緒に買いに行ってあげてください。

そのうち、10円が10枚溜まると
求めていた100円玉になることがわかると、
両替がわかるようになります。
今まで1500円の物が欲しかったのに、
それが達成されて、次5000円のものが欲しくなった時、
必要な100円玉の数を見て
1500円と5000円の価値の違いに気づきます。

必ずしも高いものでなくても構いません。
100円のお菓子だと一枚の100円玉で良いことがわかると
お菓子よりも欲しかったおもちゃは高いんだ!
とわかるようになります。

このように可視化して上げることで
子供にも理解しやすいように金銭感覚を
育てることができます。
欲しいものBOOKとして1冊を作って、
どれくらい頑張って貯めてきたか
わかるようにするのもオススメです。
「集める」ことが好きな子供時代には
楽しみながら貯金ができるようになりますよ。

まとめ

お年玉はご家庭によっては欲しいものをいくつも
買えてしまうくらいの金額をもらうこともあるかもしれません。
その時は、「お年玉の半分を使う」「残りは貯金しておく」
「どうしても〇〇が欲しい時に使っても良い」など、
あらかじめルール決めをしておきましょう。
年齢の小さいうちは親がルールを決めて、
話をしながらそのルールの中で上のような手法で
楽しんでもらいましょう。

また、お年玉は
「ずっと欲しかった〇〇を買える大きな資金!」
となった方が上記の方法を効果的に使え、
子供達も喜ぶので、普段からこの欲しいものを可視化して、
お小遣いやお手伝いのお駄賃を使って
利用しておくのがオススメです。

ありがたいお年玉は、子供の金銭感覚を育てる
大きなチャンスです。
親としてどう子供にお年玉を使って欲しいか?
お金をどういうものとして教えたいか?
を一度考えて、お年玉も利用してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする