夢を壊さないで!子供にサンタクロースの存在を信じさせるコツ

スポンサードリンク

小さい頃は何も疑わずに信じていたサンタクロースですが、
大きくなるにつれ
「サンタクロースは本当にいるの?」
と思うお子様がほとんどですよね。
「いない」と言ってしまえばそれまでですが、
それでは子どもゴコロを傷つけてしまいます。
子どもの気持ちを大切にしてあげつつ、
成長に合わせてどのように話してあげるのがベストなのか、
一緒に考えていきましょう!

知ってるあなたは物知りさん!サンタクロースの起源と由来とは

スポンサードリンク

そもそもサンタクロースの起原は一体何なのでしょうか?
諸説あるようですが、
有名なお話をかいつまんでみると、このようなお話です。
4世紀のトルコに「聖ニコラス」という司祭がいたのですが、
ある日ニコラスは、
近所に貧しいが故に3人の娘を
身売りに出さなければいけない家族がいることを知ります。
そこでニコラスは真夜中にこの家へ訪れ、
暖炉の中へ金貨を投げ入れました。
暖炉の中には靴下が置いてあり、
その靴下の中になんとまぁうまく金貨が入りました!
この金貨のおかげで
一番上の娘は身売りをせずに済んだそうです。
「靴下の中にプレゼント」というのは
ここから由来しているようですね。
また2番目の娘の身売り話が出た際も、
ニコラスは暖炉から金貨を放り投げたそうです。
そして3番目の娘の際、
この家の主人は誰が金貨を投げ入れているのか気になり、
夜中にこっそり隠れて見ていました。
すると近所に住んでいたニコラスが投げ入れていたことを知り、
とても感謝したそうです。
しかもニコラス、「このことは誰にも言わないでほしい」
と言ったそうですよ!なんとも男前な方ですね!!!
またある別のお話では
3人の子どもが殺されたと思われたのですが、
ニコラスが救い出したというお話もあります。
「プレゼント」「子ども」というキーワードは
この辺りからきているようですね。
なんとも素敵なお話ですが、
いずれも「困っている人を見たら助けてあげよう」
という気持ちが感じられます。
なんとも心が温かくなりますよね。

「サンタさんって本当にいるの?」困ったときの魔法の言葉教えて!

子どもも大きくなってくると、
サンタクロースを信じている子・信じていない子
分かれてきますよね。
「いない」と一言でバッサリ斬ってしまうのは
親心としてなんだかなぁ…と思われる方も多いはず!
わが家も子どもにどのように言おうかと悩んでいましたが、
ついにその時は訪れました。
子どもが小学校3年生の冬。
「サンタさんっていないの?
〇〇くんたちがそう言ってたんだけど…」という言葉が。
心の中では
「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
という心境でしたが、
私はこのように伝えました。
「サンタさんは小さい子どものところを優先して
プレゼントを届けに行っているんだよ。
もし今年からサンタさんがうちにはもう来ないなら
事前に連絡がくるんだよ。
その時はサンタさんの代わりに、
お父さんたちからプレゼントをあげるよ。
□□(子どもの名前)がお兄さんになった証拠だね。」
この話を聞いてすぐあとは「ふーん…」と
納得しているようなしていないような表情でしたが、
しばらくすると
「僕はお兄さんになったのかー♪」と上機嫌になり、
「もしお父さんたちが買うならこれにしてね!」
とまで言うように(笑)これはこれでよかったかなと思います。
毎年テレビでも「サンタさんがフィンランドを出発しました!」
というニュースが流れていますよね?
あちらを見せて
「ほらサンタさんいるでしょ?
信じている子のところには届けてくれるんじゃない?
というママもいました。なるほどですね!

まとめ

子どもは、サンタクロースがいないことは
大きくなるにつれて自然と理解していくと思います。
大事なことは、「何のためにプレゼントを用意しているのか」
ということを考えてもらうことではないかと思います。
子どもの喜ぶ顔は何にも代えられないほど嬉しいものですよね。
その顔を見るために頑張っている
お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんetc.…
が世界中にいます。
サンタクロースは、
子どもへたくさんの愛情をもった人たちの象徴
ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする