サンタクロースは卒業にお手紙をくれる!子供がサンタに笑顔でバイバイできる方法!

スポンサードリンク

子どもが大好きなサンタクロース
いつまで信じていましたか?
大人にとってもサンタクロースは特別な存在ですよね。

クリスマスが近づくと、
サンタクロースがプレゼントを持ってきてくれるんだ!
と信じていたころがありますよね。
また、子どもが小さいころは
“クリスマスにサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるのよ”
と教えていましたよね。

でも、子ども自身もちょっとずつ
本当にサンタクロースはいるの…!?
そんな疑問を持つときがくるでしょう。
どうやってサンタクロースが本当はいないことを説明しますか?

子どもと楽しんで
サンタクロースから卒業させてはいかがでしょう。
そこで、オススメしたいのが
お手紙を使ってお別れする方法です。

サンタクロースとは?

スポンサードリンク

サンタクロースのはじまりは、
4世紀頃にミュラで司教をしていた
聖ニコラスだと言われています。
聖ニコラスは普段から
困っている人、貧しい人がいると
惜しみなく手を貸していたそうです。

そのニコラスがある家族を救うために、
その家の煙突から金貨を投げ入れたのです。
その金貨は煙突から暖炉に落ちて、
偶然にも、
近くに干してあった靴下の中に入ってしまったのです。

そのお金により、家族は救われたのです。
ここから、クリスマスにサンタクロースがやってきて、
煙突から入ってプレゼントを届けてくれる
という話がはじまったのです。

それから1931年にアメリカのコカ・コーラが
サンタクロースをキャンペーンの広告キャラクターにしました。
その時に着ていた衣装が
現代のサンタクロースの衣装となっています。

サンタさんとさようなら!上手にお別れできる方法

サンタクロースを信じている子どもにとって、
突然お別れがくるのは、ちょっと寂しいものです。

そこで、サンタクロースとお別れするのに、
多くの人が行っていることがあります。
サンタクロースからのプレゼントが最後の年に、
プレゼントと一緒に手紙を置いておくのです。

その手紙には、
サンタクロースからのプレゼントは
今年が最後になるということ、
来年からはサンタクロースの代わりに
両親がプレゼントをくれるよ!
ということを書くのです。

これは、あるアメリカの本に
サンタクロースを信じてきた子どもに
手紙を書いてお別れをした
という話からはじまったと言われています。

サンタクロースからの手紙なら
子どもも納得してお別れしてくれますよ。

お手紙の文章・渡し方を紹介!そして次の年は…?


サンタクロースからの手紙には、
書いておくといいポイントがいくつかあります。

  • サンタクロースからのプレゼントは今年で最後になる
  • 来年からはサンタクロースのかわりに両親からプレゼントがもらえる
  • ○○くん(ちゃん)が成長して大きくなった
  • サンタクロースがプレゼントを配れる数には限りがある
  • サンタクロースは新しく生まれてきてくれた赤ちゃんの元へプレゼントを届けにいかないといけない
  • 今年でサンタクロースとはサヨナラ
  • いつでも○○くん(ちゃん)の成長を見守っている

このように書いておきたいポイントがあります。
あとは、これらのポイントをふまえて
上手く手紙を書きましょう。

サンタクロースからの手紙は
プレゼントと一緒に置いておきましょう。
そして、来年からクリスマスのプレゼントは
両親から渡しましょう。

まとめ

クリスマスが近づくと子どもは、
“もうすぐサンタクロースがきてくれるんだよ”
と目をキラキラさせて話してくれますよね。
子どもの純粋な心を
踏みにじるようなことはしたくありませんよね。

そこで、サンタクロースからの手紙を使って、
うまくサヨナラさせましょう。
素敵なクリスマスを迎えてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする