羽子板の飾りはいつまで飾るもの?保管や破棄の方法は?

スポンサードリンク

女の子の赤ちゃんが生まれてきてくれて、
初めてのお正月をお祝いして羽子板を飾ります。
羽子板は羽根つきをして遊ぶ羽子板もありますが、
飾るために作られた羽子板があります。
女の子の赤ちゃんがすくすくと成長してくれることを願い、
邪気を追い払ってくれるといわれているのが羽子板です。
そんな羽子板をいつまで飾っておくのか
悩んだことはありませんか?
羽子板をいつまで飾っておくのか、しまっておくのか、
どうしたらいいのか知っておきましょう。

羽子板は何日まで飾る?

スポンサードリンク

羽子板はいつまで飾っておけばいいのか
悩んだことはありませんか?
女の子の赤ちゃんの初正月をお祝いして
飾っておく羽子板ですが、
いつまで飾っておけばいいという決まりはありません。
羽子板は縁起物です。
赤ちゃんの成長と厄除けの意味もありますから、
年中飾っておいても問題はありません

羽子板を片付けるなら、
1月15日の小正月に行うという人もいます。
小正月は、お正月を迎える為に飾ってある
門松、しめ縄などを片付けて
焼いてしまう行事が行われてきました。
その日に合わせて、羽子板も片付けてしまうのです。

他にも、節句のお祝いまで飾っておく家庭もあります。
桃の節句におひな様を飾ります。
おひな様と一緒に羽子板も飾るという人もいるのです。
おひな様を片付ける際に
羽子板も一緒に片付けてしまいます。

このように、羽子板を飾っておく期間は
家庭によって違います。
いつまでが正解ということはありません。
女の子の赤ちゃんのお祝いに頂いて飾るものですから、
子どもが成人するまで飾っておくという人もいますよ。

保管の仕方の良い方法は?

羽子板を片付ける場合は、
注意したいポイントがあります。
羽子板を片付けてしまう日は
天気がいい日に行いましょう。
雨の日など湿気が多い日に片付けてしまうと、
羽子板が水分を吸ってしまい、
カビが生えてしまう原因になります。
羽子板を片付ける前にまず、
乾いたフキンなどで綺麗に掃除しましょう。
ホコリを綺麗に落とします。
羽子板はデリケートに作られているので、
優しく掃除しましょう。
ホコリが取れない場合は
綿棒などを使って上手に掃除します。
掃除が終わったら、羽子板を箱に入れます。
防虫剤を入れておく場合は、少しだけにしましょう。
防虫剤はたくさん入れたらいいというものではありません。
気をつけましょう。
羽子板を保管しておく場所は、
高温、多湿の場所を避けましょう
直射日光が当たる場所や、
湿度が高い場所に保管してはいけません。

羽子板がケースに入っている場合は、
ケースを綺麗に掃除します。
羽子板のケースを箱に入れて保管します。
この場合も、保管しておく場所は直射日光が当たらない、
湿度が低い場所にしましょう。

年齢はいつまで?もう飾らない羽子板はどうする?


羽子板を飾っておく年齢にも決まりはありません。
子どもが大人になるまで飾っておく人もいます。
ひな人形と一緒に毎年、羽子板を飾る人もいます。
飾らなくなった羽子板は
神社やお寺などで供養してもらい
処分することをおすすめします。
必ず供養しなければいけないという決まりはありませんが、
今まで子どもの成長を見守ってくれた羽子板です。
感謝とお礼の気持ちを込めて、
供養してもらうのがいいでしょう。

まとめ

羽子板は子どもの成長を見守ってくれる縁起物です。
いつまで飾っておくという決まりはありません。
もし可能であれば、
子どもが成人するまで飾っておくのもいいでしょう。
羽子板を一年中飾っておく場合でも、
時々、掃除をしてあげましょう。
飾っておくだけでも
ホコリをかぶってしまうなど、汚れてしまいます。
いつでも綺麗な状態で、羽子板を飾っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする