運動会の場所取りの方法は?常識を守りつつ良い場所を取ろう!

スポンサードリンク

子どもが幼稚園や保育園、小学校になって
秋の大イベントといえば運動会!
自分の子どもを応援したり、
ビデオを撮ったり写真を撮ったり…ママは大忙し。
かと言ってマナー違反はしたくない!
そんなママに運動会の様子を説明します。

運動会の見物で良い場所とはどんな所?ご飯を食べる所は別にするべき?

スポンサードリンク

運動会でよく聞くのが「場所取り」。
では良い場所とはどんな所でしょうか。

運動場は大体広いので最前列が必ず良いとは限りません。
なぜなら一番前にいると動くのに
後ろの方に気を遣ったりして中々動きづらいものです。
三脚を立ててカメラをかまえて立つ行為すら
迷惑をかけるのでオススメできません。
なので、場所取りをした場所でカメラを撮るのではなく、
お昼ご飯を食べる場所や荷物を置く場所として使いましょう。
最近の運動会では撮影用の場所もあるので
分けて利用するのが最適かもしれませんね。
ちなみに一番人気なのはゴールがあるところだそうです。

我が家の保育園での運動会は
そもそも撮影自体を控えてもらうようになっており、
あとでDVDや写真を買う、というしくみでした。
そういう場合は自分の子どもの出番の際に
運動場のどの辺りで行われるかを事前に把握して、
その近くで見られると良いですね。

あとは学校によってもきっと違うので
事前にパンフレットやプリントで確認しておくと
当日慌てませんよ。

運動会の場所取りで勝つ秘策!


子どもの晴れ姿を良い場所で見たい!
でも朝早くに行くのはちょっと…という方もおられるのでは?
筆者も幼い子がおり、夜中に何度も起きてしまうので
朝はできる限り寝ていたい!と思ってしまいます。
しかも保育園、幼稚園、小学校によっては
早朝からの場所取りを
禁止しているところもあるかもしれません。
まずは子どもの通っている小学校などの
ルールを確認しておきましょう。
無視すると周りのママから反感を買ったり、
先生から注意されることも…。
なので、学校側が決めている最低限のマナーは守りましょう。

そのほか、アナウンス席があったり
敬老席があったりする運動会では、
そこが正面になります。
そのようにテントが事前にある場所や正面は
やはり人気になります。
そこを希望している場合は1時間~30分ほど
早めに行っておくと良いかもしれません。
そこまでこだわらない!というママにオススメなのが
見晴らしの良い木陰です。

9月や10月はまだまだ残暑が残り、
運動会当日で炎天下になってしまうと暑くて仕方ありません。
前記にある通り、
最前列だと日傘もさすことができないので是非オススメです。
でも後ろすぎると肝心な運動会が全く見えない!
ということもありえますので注意してくださいね。
しかし荷物置きやお昼ご飯の場所としてだけ使うのであれば
全然構わないと思いますよ。
涼みながら家族で食べるお弁当。
子どもも楽しみになります。
こちらもすぐとられる可能性が高いので
少し早めに行かれることをオススメします。

我が家ではむしろ遅く行ったのですが
入り口近くがちょうど真後ろのせいか空いており、
更に木陰にもなっていて
特に場所取りをせずに見ることができました。

演技では360度見られるような
振り付けにしてあったりするので満足でしたよ。
もちろん小学校になると
競技も演技も沢山あるので最前列の炎天下!よりも、
長時間過ごしやすい所を優先して
是非場所取りしてみてください。
もちろんレジャーシートもお忘れなく!

まとめ

秋の一大イベントの運動会。
子どもが頑張っている姿をみたいからといって
中には他人のレジャーシートを動かしたり、
異常なほどでかいのを敷いて場所をとる家族も…。
しかしそこは落ち着いて
しっかり学校、幼稚園、保育園のルールに従って
場所を取りましょうね。
あえて我が家のように
「場所をとらない」という選択肢も
臨機応変に動けて楽ですよ!
もちろん可能であれば事前に先生や先輩ママに
どんな感じかを聞いておくと楽ですし、計画もしやすいです。
あとは各家庭によって意気込みが違うので
やはり人気の所は早く行くのが一番かもしれません。
みんなが気持ちよく運動会を終えられると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする