初節句の食事会!場所はどこ?赤ちゃんファーストで考えよう!

スポンサードリンク

赤ちゃんが生まれてきてくれて、色んなイベントが待っていますよね。
お宮参り、お食い初め、初節句、初正月…あげていけば次々とでてきますよね。
そんなイベントの中で、“初節句”はどうしていますか?
赤ちゃんが初めて節句のお祝いをするとき、何をしようか悩みますよね。
そんな初節句について簡単に説明します。

初節句とは?

スポンサードリンク

初節句とは赤ちゃんが生まれてきて、初めて迎える節句のお祝いです。
節句のお祝いは男の子と女の子でお祝いする時期が違います。
男の子=端午の節句5月5日にお祝いします。
女の子=桃の節句 …3月3日にお祝いします。
このように初節句と一言でいっても
男の子と女の子で違いがあります。
他にも、
端午の節句には、鎧兜を飾ってお祝いをします。
かしわ餅、ちまきなどを食べます。
桃の節句には、ひな人形を飾ってお祝いします。
ひなあられ、ちらし寿司などを食べます。
このように初節句をお祝いすることで、
赤ちゃんのすこやかな成長を願い、
厄除けの意味があるとされています。

初節句の食事会は何を食べたらいいの?

初節句のお祝いに家族や親族がそろって
食事会を開く人が多くいます。
食事会をして、みんなで赤ちゃんの初節句をお祝いするのです。
赤ちゃんの成長をみんなにお披露目する機会にもなります。
そんな食事会ですが、
何を食べなければいけないという
決まりがある訳ではありません。
家族や親族が集まってお祝いの食事を楽しむ機会ですから、
みんなが喜んで食べられるものにするといいでしょう。
和食、洋食、中華などどれを選んでも問題はありませんよ。
それよりも、赤ちゃんの初節句をみんなでお祝いして、
食事をすることを楽しんで下さいね。
家族や親族が集まって食事をするのは、
多くの機会があるわけではありません。
そういう意味でも、何を食べたらいいのか?ではなく、
何が食べたいかで決めてもいいでしょう。

赤ちゃんの居心地のいい食事場所はどんなところ?

初節句の食事会をする場所ですが、
赤ちゃんのことをまず一番に考えてあげましょう。
赤ちゃんが主役のお祝いです。
赤ちゃんが居心地のいい場所で
食事会をしてあげることも大切です。
赤ちゃんが居心地のいい場所=ママも食事会を楽しめる場所
であることが大切になります。
すると、で食事会を行ったり、
座敷のある場所で食事会をするといいでしょう。
椅子しかないお店だと、
赤ちゃんを寝かせたり、ハイハイすることもできません。
座敷のあるお店だと、赤ちゃんを寝かせておいたり、
ゴロゴロされたり、ハイハイすることもできます。
赤ちゃんも動き回れる場所だと
ご機嫌よくいてくれることが多いです。

家で食事会を開くのもいいのですが、
食事を準備したり、片付ける作業が
ママにとっては大変でしょう。
赤ちゃんが小さいうちは赤ちゃんに手がかかるので、
少しでもママが楽できるようにするといいでしょう。
そう考えると、お店に予約して食事会をするのが
いいかもしれませんね。

まとめ

初節句の食事会は
家族や親族が集まって行うことが多いでしょう。
身内ばかりの食事会になるので、
あまりかしこまったお店を選ばなくてもいいですよ。
みんなが楽しんで食事できるようにお店を選びましょう。
もちろん、赤ちゃんのことも考えてくださいね。
テーブル席しかないお店でも、
ベビーカーを持って入れるお店なら
赤ちゃんをベビーカーに寝かせておくこともできますよ。
もし、赤ちゃんが泣いてしまうことなど気になる場合は
個室があるお店を選ぶといいでしょう。
個室で食事会をすることで、
赤ちゃんが泣いてしまっても、
あまり周りの目も気にならないでしょう。
初節句の食事会をみんなで楽しむことが大切ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする