産後の腱鞘炎の治し方!赤ちゃんが抱っこできない人はすぐチェック!

スポンサードリンク

産後、親指から手首にのあたりが痛いくなった。
包丁が握れない、ペンが持てない、お箸が持てないなど。
日常生活にも影響があります。

しかも赤ちゃんのお世話があるので安静にはできません。
特に利き手が痛いと一気に生活が不便になります。
私も産後酷い腱鞘炎になりました。
今まで腱鞘炎になんてなったこともないのに、急に痛くなって、いつ治るんだろう、
っていうかこれって治るの?とすごく不安になりました。
結論をいうとちゃんと治ったのですが、私と同じように産後の腱鞘炎で不安になっている人もいると思い、
体験談をまとめてみました。

産後はホルモンが腱鞘炎に関係している

スポンサードリンク

腱鞘炎とは、関節を動かすために筋肉の力を伝える腱や腱鞘が炎症を起こす状態のことです。
普通は腱や腱鞘を使いすぎて摩擦で炎症を起こすのですが、
産後はホルモンが関係しています。
産後は骨盤を緩めるホルモンから締めるホルモンに変わります。
ただそのホルモンは骨盤にだけでなく全身に影響があるので、
手の腱と腱鞘の摩擦が強くなり炎症を起こすやすい状態になっているのです。

私の腱鞘炎体験


私の場合は産後1ヶ月位の頃だったと思うのですが急に朝、「手が握りにくいな」と感じました。
そのうち徐々に親指を動かしたら痛くなり、どんどんその痛みが強くなってきました。
痛みがピークの時は本当にじっとしていても痛いような感じでお箸も持てませんでした。
包丁も握りにくいので料理もするのも辛いし、赤ちゃんが泣いても抱っこするのが怖かったです。
あまりにも痛いので、痛みがピークになって一週間ぐらいしてから病院に行きました。

病院に行ってもとりあえず痛いほうの手をあまり動かさず安静にすること、
後は湿布を貼る位の事でした。
安静にするといっても産後は赤ちゃんのお世話もあって無理です。
なので親指をあまり動かさなくするサポーターを購入して日中はつけるようにしました。
寝るときはつけっぱなしだと血行が悪くなると言う事だったので、外して寝るようにしました。

湿布も毎日貼っていましたがあまり良くならず、一ヶ月後くらいにもう一度病院に行きました。
そんなに痛いのなら注射があると言われたので、わらをもすがる思いで注射をすることにしました。
注射は手首に打ちましたが、めちゃくちゃ痛かったです。
そしてこんな痛いならすぐに効くと思って期待していたのですがそうでもなく…。
痛みを感じなくなってきたのは注射を打ってから3日目位でした。

しかししかし、しばらくするとまた痛みがぶり返してきました。
でもピークほどの痛みではないし、注射の方がものすごく痛かったので、
その後はサポーターとシップで過ごしました。
繰り返して注射する場合もあるようですし、それでも強い痛みが慢性化する場合は手術もあるそうです。
私の場合は、産後大体8ヶ月の頃にはすっかり気にならなくなりました。

まとめ

産後の腱鞘炎はホルモンの変化が大きく関係しています。
ですからホルモンバランスが整ってくると自然に治ることが多いようです。
とは言え、痛みが強いと日常生活もしんどいし赤ちゃんのお世話にも支障が出てきます。
頼れる人がいるならお願いして、なるべく手を安静にするのが一番治りが早いと思います。
病院に行かれるならお医者さんとよく相談して治療方法を決めて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする