お正月遊びは…かるたが一番楽しい!?お正月遊びのレパートリー

スポンサードリンク

クリスマスは家族だけで過ごしていても、
お正月は実家に帰ったり親戚で集まったりする
という方も多いのではないでしょうか。
でも大人数で集まるとどう時間を過ごしていいか
考えますよね。
特にお子さんがいると「遊び」がなければ
暇を持て余してしまいます。

そこでオススメなのが、かるた遊びなど
お正月ならではの遊び!
普段はゲームをすることが多いお子さんも
たくさんの人に囲まれながら、珍しい遊びに
意外と乗ってくれるかもしれませんよ。

かるた遊びの良さは?家族で遊べるオススメ遊びは?

スポンサードリンク

かるたはお馴染み、読み札と取り札があり、
読み札にあった札を手早く取り、
枚数が多い人が勝ちというカード遊びです。

このかるた遊びは実はものすごく頭を使う遊びです。
札がどこにあるか覚えておく記憶力、
札を探す「見る」力、
見つけて手を動かす瞬発力、
札と札を頭の中で関連づける力、
また、小さい子にとっては「読む」力も
発揮できる遊びですね。

かるたは最近では様々な種類ができており、
キャラクターやイラストを多く用いた、
文字を上手に読む前からできる幼児さん向けから、
百人一首など大人や高校生向けまで、
そのメンバーによってレベルの合ったかるた
選ぶことができます。
小さい子から大きな子までいる集まりでは、
あえて小さい子向けのかるたを選んでみるのも
オススメです。
子供の視点や視線は意外と侮れませんし、
お酒を飲んでいるパパをはじめとした大人には
少々難しい遊びにもなり得ます。

また、チーム対抗で競うのも面白いでしょう。
親子チームや、子供チームと大人チームに分けたり、
チーム分けから盛り上がるでしょう。

レパートリーを増やせ!子供たちだけで遊べる遊びは?

かるたの他にもお正月の遊びはたくさんあります。
筆者は保育園で保育士をしていますが、
年齢が低い子供達から毎年大好評なのが
「福笑い」です。
顔のパーツを自分で作っても良いですし、
また、これは特別に難しいルールや技術もないので、
子供だけでも盛り上がって遊ぶことができます。
年齢の小さい子は目隠しをせず、
顔のパーツをパズルのように遊んでも良いですね。

また、技術が必要になってくる遊びで
特に男の子が熱中しやすいのがコマ回し
王道でどれだけ長くコマが回るか競うだけではなく、
大きくなると、狙った位置にコマを回せるか
競う子もいました。
工作用紙などがあれば、他につまようじを使って
簡単に手作りもできます。

近くに大きな公園があれば、凧揚げもオススメです。
保育園では、年中〜年長になると、
お正月楽しかったことを発表し合う機会があったりしますが、
私個人、子供の発達と遊びを日々考える保育士としては
テーマパークに行った思い出も素敵だけど、
季節に合った、昔ながらの遊びを子供に
体験させてあげようという親御さんの姿勢がわかり、
凧揚げをした、と嬉しそうに発表してくれる子供に
グッときたりもします。

その他、羽子板すごろくなどもありますね。

なかなか時間を作るのは大変ですが、
手作りするのも良い思い出になると思います。
福笑い、コマ、すごろくなどは特別な道具がなくても作れますし、
時間はかかりますが、かるたを手書きしてみたり、
凧も最近はインターネットで検索すれば
簡単に手作りする方法が載っています。

お正月遊びの道具を作って、
実際に遊んだ様子を写真にとって感想を書けば、
小学生の立派な自由研究にもなりますよ。

まとめ

せっかく人が集まるお正月は、
年配のおじいちゃんやおばあちゃんに
遊びを教わるチャンスでもあります。
意外な人が意外な技術や知識を
披露してくれる楽しみもあります。
昔ながらの遊びは、頭と体をバランスよく使う
ヒントやコツがたくさん隠されています。
どんどんレパートリーを増やして、
楽しいお正月をお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする