クリスマスにチキンを食べるのはなぜ?いつから始まったの?

スポンサードリンク

クリスマスにはケーキにチキンに豪華な料理が並びます。
その中でも人気なのがチキンです。
クリスマス当日はどこに行っても売り切れごめんで、
なかなか手に入らないなんて事もありますよね。
私もチキンを求めて走り回ったものです。
しかし、なぜそんなにチキンを食べるのだろうと
疑問に思うことありませんか。
クリスマスにチキンを食べるのはなぜなのか、
いつから食べるようになったのでしょうか。

クリスマスのチキン料理の名前は?

スポンサードリンク

クリスマスのチキン(七面鳥)料理の名前はターキーです。
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
七面鳥のお腹にみじん切りにして
炒めた玉ねぎやセロリと細かく切ったパンを詰めて、
丸ごと焼いた料理です。
アメリカではクリスマスに欠かせない料理で、
ローストターキーと呼ばれています。
しかしなぜクリスマスに
チキンを食べるようになったのでしょうか。
アメリカではチキンでなく七面鳥を食べる習慣があります。
古くからアメリカには七面鳥が生息していました 。
アメリカの先住民にとって七面鳥は身近な食料だったのです。
そしてアメリカの地にヨーロッパから人々が移住してきました。
しかしヨーロッパからきた人々は
アメリカで冬を越すことに困っており、
それをみた先住民が農作物とともに
七面鳥をわけてあげた事が始まりと言われています。

感謝の気持ちを込めて七面鳥を食べるようになった事、
また大勢で食べるにはもってこいだった、という事から
後に祝いの席で食べられるようになったという説があります。
そこからお祝いの席=クリスマス
で食べられるようになったのでしょう。

ですが日本では七面鳥よりも
フライドチキンや骨つきチキンを食べる方が多いですよね。
それでも日本で欧米文化が流行していた明治時代は、
七面鳥を食べる文化があったそうです。
しかし日本では七面鳥がなかなか手に入りません。
そこで代打として登場したのがです。
そのため日本では骨つきチキンを
ローストして食べる習慣があるのです。
また1970年代にはあの有名企業が
日本にフライドチキンブームをもたらします。
ケンタッキーです。
ケンタッキーがクリスマスにはフライドチキンと
大々的に宣伝した事により、
日本ではクリスマスにケンタッキー
という習慣になったようです。
確かに七面鳥は手に入りづらいですし、
調理もしづらいので
手軽に食べられるチキンは
世間に広まりやすかったのでしょう。
チキンが食べられる理由はわかりました。
ですがそもそも日本は仏教なのになぜ、
キリスト教のクリスマスが盛んなのでしょうか。
日本にクリスマスの文化が入ってきたのは戦国時代、
あの有名なフランシスコ・ザビエルによって伝わりました。
戦国時代からクリスマスの文化があったなんて驚きですよね。
しかしこの頃はまだクリスマスパーティーだの
チキンだのという概念はなかったようです。
そしてその後、明治時代に入り欧米文化が大流行します。
その時代からツリーを飾ったり
クリスマスパーティーをしたりするようになったそうです。
日本のクリスマスの歴史は意外と長かったのですね。

クリスマスのチキン料理の定番レシピを紹介します!

ローストキチン
クリスマスの定番ですよね。
フライパン一つで簡単にできるローストチキンを紹介します。
材料は
骨付きの鳥もも肉(2本)
砂糖(大さじ3)
醤油(50cc)
みりん(50cc)
サラダ油 適量

あらかじめ調味料を混ぜておきましょう。
フライパンに油を適量熱し、骨付鶏もも肉を並べます。
蓋をして弱めの中火で7〜10分焼きます。
焦げ目が付いたらひっくり返してまた蓋をして
3〜5分くらい蒸し焼きにしてください。
火が通ったら混ぜておいた調味料を入れます。
鶏肉をひっくり返して味を染み込ませたら出来上がりです。
フライパンの熱伝導やコンロの火力によって
焼き時間は変わるので注意してくださいね。
オーブンを使わずフライパン一つでできるため簡単に作れます。
我が家でもオーブンを使うのが面倒だなと思う時は
フライパンでこのように作っていますが、
オーブンで作ったものと変わらず美味しいですよ。
もっと簡単にという事であれば、鶏もも肉ではなく、
手羽元を使うのも方法です。
小さいため火が通りやすく調理時間を短縮できます。
見た目も可愛らしいので我が家では子どもたちに大人気です。

まとめ

当たり前となっていたクリスマスにチキン、
調べてみるとそれなりに歴史がありました。
当たり前だと思っていた事も
調べると発見があって面白いですよね。
クリスマスにチキンが出てきたら
話のタネにでもしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする