クリスマスリースの松ぼっくりの付け方は?リースにはどんな意味がある?

スポンサードリンク

クリスマスの飾りは可愛くて見ているだけで楽しいですよね。
その飾りの中でも、大きく印象に残るのが松ぼっくりです。

特にリースに松ぼっくりが入ると、
ぱっと印象が変わりますよね。
しかしなぜクリスマスリースには
松ぼっくりが必ずと言っていいほど
飾られているのでしょうか。

不思議ですね。
そこで、なぜクリスマスリースには松ぼっくりを使うのか
調べてみました。

クリスマスリースの由来と松ぼっくりを使う理由

スポンサードリンク

クリスマスが近づくと家の玄関先はもちろん、
ショッピングモールやカフェなど
いろいろなお店でリースが飾られていますよね。

しかしなぜ、どこもかしもリースを飾っているのでしょうか。
リースを飾るのには3つ理由があります。

魔除け、豊作を願う、新年の幸福を願うという3つの理由です。

リースが玄関先や店先に飾られているのは、
家の中に悪い物が入らないようにという
魔除けの意味合いがあるそうです。

ではなぜ、リースに魔除けの意味合いがあるのでしょうか。
それはリースの緑色の葉っぱに意味がありました。

冬の寒い時期なのにリースの葉は青々と茂っていますよね。
そのためリースの葉は強い生命力の象徴とされていました。
そこから魔除けの意味が生まれたそうです。

また実際にリースの葉には殺菌作用があるため、
そこからも魔除けの意味がうまれました。
葉っぱ以外にもリースの飾りとなるベル
魔を祓うと考えられています。

日本でもお守りに鈴がついていますが、
これも魔を祓うという意味あります。
どこの世界でも
ベルや鈴の音は魔を祓うと思われているようですね。
なんだかリースに親近感がわきました。

続いて、リースの飾りに注目してみましょう。
リースには松ぼっくりやリンゴなどの実、
麦の穂などが飾りとして用いられてきますよね。

その飾りには、収穫が豊作になるようにという
願いが込められているのです。
先程、リースの緑の葉っぱは
生命力の象徴とされているとお話ししましたが、
この葉っぱの緑色には
農作物の繁栄という意味も込められているそうです。

そしてまた、本場海外でリースは
新年の幸福を願う意味合いもあります。
日本ではクリスマスが終わったらすぐに
お正月の準備となりますが、
海外ではクリスマスは年内中続いています。

クリスマスとお正月はセットのようなものなのです。
そのため、リースは新年の幸福も願う
という意味合いをもっています。
まるで日本でお正月に飾るしめ縄みたいですね。

そして、リースの中でも目立つ松ぼっくり、
これはどのような意味が込められているのでしょうか。

上記で、豊作祈願の意味があると言いましたが
他にも大きな理由がありました。
それはキリスト教に伝わる神話に大きく関わっています。

そもそもクリスマスはキリストの復活を祝うものです。
そのキリストのお母さんであるマリアは、
自分の立場を守るため
キリストに産まれて欲しくないと思っている
ヘロデ王から逃げます。

その逃げている時、
大きなモミの木がマリアを覆い隠したことで逃げ切れ、
キリストが無事誕生したという話があるのです。
とても雑な神話の説明ですが、
その神話からモミの実を飾るようになったそうです。

しかしモミの実は綺麗な状態で拾うことが難しく、
落ちた時バラバラになってしまうのだとか。
そのため同じマツ科の松ぼっくりに
白羽の矢が立ったというわけなのです。

なんと松ぼっくりはモミの実の代打だったんですね。
あんなに目立っている松ぼっくりが
実はモミの実の代わりだったなんて驚きです。

松ぼっくりを使ってクリスマスリースを作ってみよう!

では、手に入りやすい松ぼっくりで
クリスマスリースを作ってみましょう。
とても簡単な作り方をご紹介します。

まず作成前に松ぼっくりを消毒することをおすすめします。

自然から拾ってきたものなので、
中に虫がいる場合があるからです。
消毒は冷凍したり、に浸したり、
ゆでてを加えたりと方法は様々あります。

詳しく記事にしてまとめましたのでこちらを読んで、
工作中に虫とご対面!なんてことにならないようにしておいて下さいね。
松ぼっくりの処理!工作前に虫がでないようにする簡単な方法とは?!

下準備が終わったらリース作成をしましょう。
用意するものは、
松ぼっくり、リース台、ワイヤー、リボンなどの飾りです。

まず、松ぼっくりを着色させます。
ホームセンターなどで売っているカラースプレーが手軽です。
銀色などに着色すると
売り物みたいにかっこよく、雰囲気も抜群ですよ。

カラースプレー以外にも
マニキュアやアクリル絵の具などでも
簡単に着色することが可能です。
マニキュアを使うとキラキラのラメなどが入って
また一味違う松ぼっくり飾りになります。
お子さんと一緒に色をつける時は
絵の具はもちろん、マーカーペンなどでも色を着けられますよ。
手作り感が出てそれはまた違う可愛さが出ます。

着色できたら松ぼっくりにワイヤーを巻き付け、
両端のワイヤーは長めに出して結びます。
そしてそのワイヤーがついた松ぼっくりを
リース台に結んでいきましょう。

後は好きな飾りをリース台につけて行くだけです。
飾りは100均などでいろいろな種類が販売されているので、
好きなものを選んで自分好みのリースを作ってください。

またワイヤーを使うのでお子さんが怪我をしないよう
注意してみててあげてくださいね。
簡単なのでお子さんと作って
クリスマスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

何気なく飾っているクリスマスリースにも意味がありました。
お子さんとクリスマスの由来について話しながら、
飾り付けをしたり準備をしたりしてみてはいかがでしょうか。

プレゼントをもらうだけではなく
クリスマスの由来について教えてあげると、
お父さんお母さんすごい!となるかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする