ランドセルって誰が買うの?どんなランドセルを選べばいい?

スポンサードリンク

入学シーズンが近づいてくると入学準備に追われ大変ですよね。
準備の中でも頭を悩ませるのがランドセルではないでしょうか。
どんなものを選べばいいのか、
いつ買うのがいいか、誰が買うのか、
ランドセル一つ買うのにも悩みが尽きません。

家族みんなが張り切っているので、
家庭内でのトラブルにも発展しかねないくらいです。
そこで、ランドセルを購入するにあたっての注意点をご紹介します。

ランドセルはどちらの祖父母が買うの?買ってもらう時の注意点は?

スポンサードリンク

結論から言うと誰が買ってもいいです。
雛人形や五月人形などは地域により、
どちらの祖父母が買うという風習がある事がありますが、
ランドセルの場合は特に決まっていません。
両親が買っても、どちらの祖父母が買っても大丈夫です。

ですが問題となるのが、
両家の祖父母から購入すると申し出があった場合です。
親として孫を可愛がってくれるのは嬉しいですし、
高価な物なので正直助かると思います。
しかし、両方に買ってもらうわけにはいかないため、
どちらかを断らなくてはなりません。
そんな時の対応方法をご紹介します。

一つめの対策は、
自分たちで購入することをはっきりと伝えることです。
はっきりと伝えず曖昧にしていたりすると、
相談なしに購入されてしまったりする事があります。
私の友人も祖父母が相談なしに購入してしまい、
実物が目の前にあるため余計断れなくなってしまったと悩んでいました。
トラブルを避けるためにも、自分の実家は自分で、
義理の実家は旦那さんから、意志を伝えましょう。
その際、双方公平にという部分を強調して伝えた方が角が立たずにすみますよ。

その上でランドセルの購入資金を補助したい
と言ってもらった場合は両家で折半して資金をいただくのも方法です。
その場合は子どもにきちんと、両家のおじいちゃん、
おばあちゃんから買ってもらった事を伝えましょう。
そして子どもの口からもおじいちゃんやおばあちゃんにお礼を伝えるようにさせます。

しかし、どうしても用意したいと譲らない場合もありますよね。
そんな時は嫁姑トラブルになる事を避け、
お嫁さんの実家に折れてもらうのが賢明です。
そしてランドセルの代わりに学習机を購入してもらうなどして、
祖父母の気持ちをないがしろにしないようにしてください。

またランドセルにしろ、学習机にしろ、
購入する時はできるだけ全員で見に行くことをおすすめします。
好みがあるので無断で購入するのはトラブルの元です。
使用する本人が嫌がったり、おじいちゃん、おばあちゃんが納得しなかったりするので
みんなで見に行く方がいいですよ。

そして最終的には子ども自身に決めさせてあげましょう。
実際に使うのは子どもです。
背負ってみてしっくりくるか判断できるのは本人ですし、
自分のものは自分で決めるという事を学ばせるにもいい機会です。
せっかく楽しみな入学ですから、みんなが幸せになれる選択をしてください。

特に男の子はランドセルの扱いが荒い!6年間も持たなかったよ!という話も聞きますよね。
色々考えて買った高価なランドセルです。
せめて買い替えは避けたいところです。
そこでランドセルを長持ちさせる置き方などをまとめましたので、是非参考にして下さい。
はじめが肝心ですから使い始めに扱い方を定着させてくださいね。
ランドセルを長持ちさせるコツ

買ってもらうランドセルの購入時期はいつ頃がベスト?相場は?

では実際にランドセルを購入するとなると、
いくらぐらいのものをいつ購入すればよいのでしょうか。
購入時期は年々早まっているようです。
以前は、男の子は黒、女の子は赤とだいたい決まっていました。
しかし近年ではランドセルの種類も増え、人気ブランドやお子さんのこだわりも強くあるため、
早めに購入しないと希望の物がなくなってしまう場合があるからです。

夏休みを過ぎてからだと人気のものは品薄になりがちなようで、
特に女の子向けの物は再販されない場合も多いのだとか。
確かに最近では、まだ今年の入学式も終わってないのに
来年入学の子向けにランドセルが店頭に並んでいる、
なんてのを見かけますもんね。
並んでいるのを見ると早く買わなくてはとなってしまうのかもしれません。
特に購入される時期はゴールデンウィークからお盆にかけてが一番多いみたいです。
ゴールデンウィークやお盆に帰省した際、
一緒に選ぶというご家庭が多いみたいですよ。

ではそんなランドセルの相場はどれくらいなのでしょう。
ランドセルといっても1万円代のものから
10万以上するものまであります。
平均はだいたい4万円くらいだそうです。
しかし、両親が購入するのと祖父母が購入するのではまた平均も変わってきます。
両親の場合はだいたい3万から4万円くらいが多いようですが、
祖父母からの場合は少し上がります。
祖父母からの場合、平均5万円くらいのものを贈る事が多いようです。
ショッピングモールに比べ、百貨店では5万円以上のランドセルを
取り扱っている事が多いためそのようになるのではないでしょうか。
またおじいちゃん、おばあちゃんの見栄もあるのかもしれませんね。

しかし値段が高いからいい、安いからダメというわけではありません
一万円代のランドセルでも軽量でデザインもよく、
しっかりしたものが売られています。
安いランドセルでいじめられない?
また逆に10万円以上で素材はいいけれど、
重たくて使いづらいなんてこともあるのです。

子どもが気にいる使いやすいものを選んであげてください。

まとめ

私たちの幼かった頃と比べランドセルの種類も増え、
好まれるものも選び方も変わってきています。
おじいちゃんやおばあちゃんの気持ちを大事にしながら、
使う本人の意志を尊重してランドセルを選んであげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする