雛人形を受け継ぐ際はここに注意!お祓いは受けた方がいい?

スポンサードリンク

女の子が生まれたら
自分の雛人形を受け継がせたい
と思うママは多いのではないでしょうか?
小さいころから自分を見守ってくれた
愛着のある雛人形です。
使えるものなら娘にも…と思われるのも自然ですよね。
でもそれってあまり良くないことなのでしょうか?
子供には新しいものを買うべきなのでしょうか?
雛人形の意味って一体…。
これは調べてみるしかないですね!

雛人形は女の子の厄を背負っているって本当?

スポンサードリンク

そもそも雛人形はどういった意味があるのでしょうか?
昔は「流し雛」といって、
女の子に降りかかる厄や災いなどを人形にうつして、
川に流し厄払いをするという風習があり、
こちらが時代とともに少しずつ変化して
現代のように毎年飾るようになりました。
「あんなに高価なものを川に流す!?」
と思われる方も多いのではないでしょうか。
そうですよね、雛人形ってなかなか高価なものですので
それを流すなんて…非常にもったいない!(笑)
しかし昔の雛人形は簡素な作りで、
さほど高価なものではなかったそうです。
ものを大事にしていた時代なので、
そんな高価なものを流したりはしませんよね。ホッと一安心。
女の子が何人もいる場合でも、
厄払いという意味合いであれば
一人一つ雛人形があっても不思議ではありませんね。

さて、「厄のついた人形を受け継ぐ」考えると
あまりよくない気もしますが、
今となっては川に人形を流すということは
ほとんど行われていません。
それよりも代々大事にしてきた人形を
お子様やお孫様に譲って大事にしてもらいたい、
というふうに考えられる方も多くなってきました。
思い入れのある人形であれば、
ずっと使ってもらいたいと考えるのは自然です。
住んでいらっしゃる地域や風習によるところもあるので、
よく確認してからご判断いただきたいと思います。
いずれにしても
お子様の成長を願うことには変わりありませんので、
どのようにするのがいいのかじっくり考えてみて下さい。

愛着がある雛人形は代々大切に受け継いで大丈夫!

では雛人形を受け継ぐ場合、お祓いは必要なのでしょうか?
前述では「人形には厄がついている」という認識になりますが、
これもはっきりとした決まりはないようです。
住んでいらっしゃる地域によっては
必ずお祓いをしてから受け継ぐ、
という決まりがあるようですが絶対ではないようです。
しっかりお祓いをしてからお子様に使ってもらう方が
気持ち的には安心ですが、
どこの神社でも行ってくれるわけではありません。
遠方に送らなければいけなくなる可能性もありますので、
どこでお祓いをしてくれるのか、
費用はいくらぐらいかかるのか等よく調べてみて下さい。
高価な雛人形を一代限りで処分するというのも
なんだか寂しい気もしますし、
もったいない気もします。(せこい!?)
まだまだ使えるものであれば
受け継いで使ってあげると、
人形も喜ぶのではないかと個人的には思います。
子供の成長を見守ってきた人形なので、
人形も喜ぶような気がしてなりません。

一点ご注意いただきたいのが、
雛人形は自分の家系のものであればよいのですが、
他家のものを受け継ぐ場合、
「その家の厄を受け継ぐ」というふうにも考えられます。
こちらは控えるようにしましょう。

まとめ

自分が小さいころの写真におさまっている雛人形が、
今度はお子様の写真にずっとおさまっていくと考えると
何とも嬉しいですよね。
この人形を贈って下さった親御様、
または祖父母様も喜ばれるのではないでしょうか。
昔の風習などはどんどん薄れていく傾向にありますが、
いいものはこの先もずっと残していくことで
たくさんの人の想いがつながっていきます。
そういった人の想いで今の時代があって、
今の自分たちがいるんだと思うとなんだか素敵ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする