今ではもう当たり前!?ベビーに英会話を習わせる意味や効果!

スポンサードリンク

最近英語の授業が小学生から必須項目になりました。
そのため早いうちから英会話を習わせようかな、
と考えている人も増えたのではないでしょうか。

英語が話せて損はないので、
私も同じく小さなうちから
英語に親しんでもらいたいなと思っていました。

しかし英語となるとなかなか
自分で上手く教えてあげる自信がありません。
そこで私は子どもが1歳半から
英会話教室に通わせ始めました。
その経験を踏まえ、
英会話を習う意味や効果をご紹介します。

いまではもう遅い!?ベビー英会話デビューのオススメ時期は?

スポンサードリンク

勉強するのに遅いということはありません。
しかし始めるなら早ければ早いほど、
特に言語に関しては吸収がよくなります

赤ちゃんは生活の中で聞く言葉を
スポンジのように吸収し、
話せるように成長していきます。
特に生まれてから2〜3歳くらいまでの子どもは
言語の吸収が良いです。
それは耳がとても良いので
音を聞き分ける力があるからなのです。
英語には日本人では聞き分けにくい
独特の発音がありますよね。

例えば「L」と「R」の違いなど、
私は聞き分け辛いと思います。
そんな日本語にはない発音を聞き取れるので、
早い段階で英会話を習うことはメリットがあります。
ネイティブの発音に慣れていきたいと考えると
3歳くらいまでに英会話を始めると、
吸収しやすいのではないでしょうか。

言葉を聞き取る力で考えると、1歳未満の赤ちゃんでも
英会話を習わせるのはいいかもしれません。
しかし私は子どもが1歳になるまでは、
初めての育児で自分に余裕がありませんでした。
そのため英会話を私は1歳半くらいから習わせ始めました。
子どもも0歳の頃より
いろいろな事がわかり始める時期だったので、
1歳を過ぎてからの方が子ども自身、
楽しんでレッスンに行けていたように思います。

では、実際にレッスンはどのような事をするのでしょうか。
赤ちゃんなのにできるのかなと不安に思う事もありますよね。
レッスン内容は通う教室によって違いますが、
歌やダンスを使って英語と触れ合う教室が多いようです。

英語独特の音やリズムを繰り返し聞いて、
英語に慣れていけるようになっています。
机に向かって勉強するような感じではなく、
遊びながら学んでいくという感じです。
そのため子どももやらされている感がなく、
楽しんで英語に触れられます。

うちの子もご機嫌斜めで
レッスンどころではない日もありますが、
基本は遊びに行く感覚で楽しんでレッスンに行けました。
またお母さんも一緒に
レッスンをするところがほとんどなので、
赤ちゃんも怖がらずにできるのではないでしょうか。
うちの子も最初は先生を見て、
誰?というような感じで私の後ろに隠れていましたが、
私が先生と楽しそうに話していると、
すぐに先生にも慣れていけましたよ。

そこでレッスンに通うとなると実際問題、
費用はどれくらいかかるのかも疑問ですよね。
教室によって値段はぜんぜん違います。

私が調べた時は、
レッスン時間は40分〜60分の教室が多かったです。
費用は、入会金が1万円前後
月謝は4000〜15000円と幅広くありました。
入会金はキャンペーンなどでないところもあります。
そしてそこに教材費が入ってくるかたちとなります。

正直なところ通うとなると結構お金がかかります。
そのため最初私もちゅうちょしました。
その教室や先生に子どもが合うかも不安ですよね。
そこで私は、合わなければすぐ辞められるよう、
入会金がなく月謝制の教室を選んで通う事にしました。

経験談求む!ベビー英会話に通わせた結果

うちの子は1歳半から3歳半まで英会話教室に通っていました。
3歳半の頃、引っ越しをしたのと、
他にやりたい事ができたため辞めてしまいましたが
2年間通いました。

最初は慣れない所に行って子どもも戸惑っていましたが、
慣れてくると楽しそうにレッスンをしていましたよ。
「今日は英語教室に遊びに行く!」と
勉強しているというより、遊びに行っていると
本人は思っていたようです。

毎回おこなう挨拶や天気、曜日などは特に
2年間聴き続けていたので、
理解しているようで話すことができます。
動物や食べ物など幼児がわかる言葉も
単語であれば、英語で理解しています。
しかし3歳半で辞めてしまったので
簡単な短い文章でしたら話せますが、
上手く会話ができるほどにはなりませんでした。

会話ができるようになるのはこれからだったようで、
途中で辞めてしまったのはもったいなかったなと思います。
ですが英会話を小さい頃から習っていたことで、
ネイティブの人が喋った英語を
聞き取ることができるようです。

先生がレッスン後
私に英語で話しかけてくれる時があったのですが、
発音が良すぎて私は何を言っているのか
よくわからない時がありました。
それを聞いてうちの子は、
「先生は〜って聞いてるよ」
と教えてくれた事があったのです。
子どもは会話するまではできないようですが、
言っている事は理解できるようになったみたいです。

まとめ

英会話なんて本当に赤ちゃんにできるのかな
と思うかもしれません。
ですが何事も経験です。
合う・合わないがあると思いますが、
まず英語に触れる機会を作ってあげるのは良いことですよ。
英会話に親しみをもってくれたらラッキー
くらいの気持ちではじめてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする