ランドセルの色選び!ラベンダーなどの色は買って後悔しない?

スポンサードリンク

来年小学生になるお子さんをお持ちのママは
そろそろ入学準備が始まりますね。
保育園や幼稚園とは違い、準備物が一気に増え、
考えることも多いのではないでしょうか。
そんなママさんパパさんを悩ませるのが「ランドセル選び」。
子供の意見を最優先にしたいと思っても
値段も高額なのであまり冒険した色はどうなの?など
ついつい口を出したくなってしまいます。

今回はそんなランドセル選びについてお話しします。

ランドセルで後悔したこと!人気の流行色は飽きる?

スポンサードリンク

ランドセルはここ10数年の間に
本当にたくさんの色が発売されるようになりました。
赤と黒、あってもピンクと紺、
のバリエーションだったのは昔の話。
今は、定番の赤や黒といった色から、
白や茶色、黄色や緑、紫系まで様々です。
各メーカー、多いところでは
50色ほど揃えているところもあります。

さて、ランドセルはお子さんと一緒に
ランドセル売り場に行って、
その場でお子さんに選んでもらう、
というご家庭が多いようです。

そうなると、お子さんの中には、
「今好きな色」を選ぶことになり、
なかなか「飽きがこない」「無難」
というような観点は持っていません。

お子さんが流行色、
例えばラベンダーなどを欲しがった場合、
親としては高額なランドセルを2、3年で
「この色は嫌だから背負いたくない」
と言われたらどうしよう…と考えてしまいます。

そこで、高学年のお子さんを持つ先輩ママに
ランドセル事情を伺いました。
一番多かった意見が
「どんなに流行色であっても
子供が選んだものだから尊重した」
というもの。
また、無駄かな、と思っていても
「ちゃんと6年間背負ってね」と約束をした、
というママもいました。

そこから年月が経ち、お子さんの様子を聞いて見ると、
ランドセルを背負い続けているかどうかは、
ランドセルの色よりも違う要因があるようです。

例えば、学校全体で、高学年になるにつれて、
ランドセルを背負わなくなる子が多いと
自然にお子さんはランドセルを嫌がります。
また、流行色を選んでいて、
もうすでに好きな色が変わっていても、
「ランドセルを買い換えたい」
というお子さんはほとんどいないようで、
周りの友達が背負っていれば背負っているようです。
なので、色に関しては
お子さんの意見を尊重してもいい
みたいですね。

後悔しないために!ランドセルを選ぶポイントは?

ランドセルの色はお子さんに任せていても、
先輩ママさんがこだわっていたのは素材
なかなかランドセルは買い換えることはしませんが、
壊れてしまったり、
昨今問題になっているランドセルの荷重問題が関わってくると
すぐに違うカバンを用意するようです。

素材について、以前は純粋な牛や馬の皮革が高価で丈夫
と言われていましたが、
技術の進化により、クラリーノと呼ばれる人工皮革も
格段に丈夫になっています。
また、丈夫さではもちろん人工皮革を上回る天然皮革は
若干重さが出てしまうため、
あえて避けるという意見も聞かれました。
また、耐水性も人工皮革と天然皮革では大きな差があります。

さらに、肩ベルトの調節出来る長さやポケットの数など、
高学年になればなるほど、持ち歩くものは増えていくので
ある程度は使用の見通しをたてて購入をしましょう。

まとめ

小学生になる我が子へのお祝いに、
決して安価ではないランドセル。
おめでとうの気持ちを込めてプレゼントをするからには、
ランドセルはできれば長く背負ってもらいたいものですね。
色やメーカーに気を取られがちですが、
お子さんに長く使ってもらうためには、
あらかじめしっかり素材や重さ、機能などは
大人がリサーチした上で、
お子さんに色を選んでもらうと良いようですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする