初心者さんでも簡単!ランドセルカバーの作り方、手縫い版!

スポンサードリンク

お気に入りのランドセルを購入したなら
大事に使いたいですよね。
そこで、綺麗に使うため
ランドセルカバーをしている方も多いようです。

そんなランドセルカバー、
せっかくなら気に入るものがよくありませんか。
しかし市販のものだとなかなかコレ!というものが
見つからない場合もあるのではないでしょうか。
そんな時は手作りでカバーを作ってみるのもいいですよ。
手縫いで簡単に作れるランドセルカバーをご紹介します。

主婦の味方!オシャレなランドセルカバーを安く簡単に作る方法

スポンサードリンク

ランドセルカバーを作る方法は2つあります。
一から全部作る方法と既製品をアレンジする方法です。
それぞれ安く簡単に作る方法をご紹介致します。

まずは一から全部作る方法をご紹介します。
用意するものは、
ラミネート加工された生地、
バイアステープ、
平ゴム(1cm幅×30cm)2本、
丸紐(30cm)

です。
材料が揃ったら、ランドセルの寸法を測り型紙を作ります。
その際、四辺がプラス2cmになるようにしてください。
生地は切りっ放しにするとほつれてきてしまうため、
2cm部分はのり代になるからです。

型紙ができたらそれに合わせ生地を裁断してください。
そして2本の平ゴムを均等に縫い付けます。
この時、時間割部分にかかってしまうと使い辛くなるので
注意してくださいね。

そして裁断した生地の四辺を
バイアステープでくるんで縫っていきます。
上側を縫う時は丸紐を中心に置き、
半分に折ってバイアステープと一緒に縫いこんでいきます。
そして丸紐の端を丸く結べば完成です。

この時使用する生地は
厚手の物だと手縫いがしづらいので、
薄手のものを選ぶことをおすすめします。

続いて既製品をアレンジする方法です。
用意するものは
手芸用のリボンやレース、
ラインストーンやワッペン
などです。
手芸屋さんや100均で手に入りますよ。
アレンジで使いたいものを付けたい位置におき、縫っていくだけです。

縫い始める前には必ず、
どこに何を付けるか仮置きをして
バランスを見るようにしてくださいね。
縫い付けるのも面倒という場合は、
リボンやレース、ストーンなどが
シールで貼り付けられるものも販売されています。
そういうのを利用すると
お子さんも一緒に作ることができるので
いいかもしれませんね。

しかしランドセルは学用品ですので派手にしすぎて
先生から注意されないように気を付けてください。

主婦必見!オススメな材料勢揃い!

ランドセルカバーを作ろうと思っても、
どのような材料を集めたらいいか迷うこともありますよね。
そこで、おすすめの材料をご紹介します。

まずランドセルカバーの生地です。
ランドセルカバーは
雨対策が最も目的とされているものなので、
撥水性がある素材がおすすめです。
生地はラミネート加工がされているものが良いですよ。
ラミネート加工は表面に特殊な加工がされているので
雨や汚れに強いのです。
雨対策はもちろん、
子どもが使うものはすぐ汚れてしまうので
さっと拭けばいい素材はありがたいですよね。

もしラミネート加工されたものに希望のデザインがなければ、
ビニール素材のテーブルクロスやランチョンマット
なんかでも代用できます。

生地で本体を作ったら
それを補強するのにおすすめなのが、バイアステープです。
バイアステープは縫い代を綺麗に見せてくれるだけでなく、
本体生地の補強にもなるのでおすすめです。
また補強だけでなく最近は
いろいろなデザインのものがあるので
オシャレとしても使えます。
アレンジ用品としても万能なんですよ。
バイアステープは100均でも販売されているので
安く手軽に手に入ります。

そして私のように縫うのがどうしても面倒という場合は、
手芸用のボンドが販売されています。
生地にボンドを付けて貼り付けるだけなので失敗がありません。
お子さんでも作れるのがメリットです。
しかしやはり縫った方が強度はあるので
丈夫にしたいという時は縫う方が良いかもしれません。

そしてせっかくきれいな色のランドセルを買ったのだからその色を隠すのはちょっと・・という場合も
ありますよね。
そういう時には透明のランドセルカバーを付けてみてはいかがでしょう。
透明版のランドセルカバーの作り方も記事にしましたのでチェックしてみて下さい。
ランドセルカバーの作り方!透明版!!

まとめ

手作りでランドセルカバーを作るのは大変かもしれませんが、
気に入る物が作れますし、
お子さんも大事に使ってくれるのではないでしょうか。
手作りすれば費用もそれほどかからないので、
ぜひチャレンジしてみてくだしいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする