初心者さんでも簡単!ランドセルカバーの作り方、透明版!

スポンサードリンク

最近、小学生の子を見ると雨の日は
ランドセルカバーを付けている子が多くいませんか。
みんなそれぞれ好きな柄のものを付けていて可愛いですよね。
子どものランドセルカバーは
それぞれ個性を出せるものだと思います。
ですがせっかくお気に入りのランドセルを購入したのなら、
そのカラーを出したいですよね。
そこで今回は、ランドセルのカラーを出せる
透明タイプのカバーの作り方をご紹介します。
簡単に作れる方法なので
ぜひチャレンジしてみてください。

主婦の味方“100均”にGO!100均の材料で作る作り方

スポンサードリンク

ランドセルで高い出費になったので、
カバーくらいはコストを抑えたいものです。
市販のカバーを購入すると、
メーカーやお店によっても変わりますが
だいたい1500円から3000円くらいのもが
多く販売されています。
そこで低予算で作るため、
100均のもので簡単に作れるカバーをご紹介します。

まず用意するものはこれです。
透明なテーブルクロス、
バイアステープ、
平ゴム(1cm幅×60cm)、
丸紐(30cm)

全て100均で手に入ります。
100均なら低コストで何でも揃うのでいいですよね。

では作り方をご説明します。
初めに厚紙で型紙をつくりましょう。
学校で黄色いランドセルカバーをもらえる場合がありますので、
そのカバーを参考にしてもいいですよ。
ランドセルを測って作成する場合は、
四辺ともにプラス1cmにするといいです。
透明なテーブルクロスを型紙に合わせて裁断します。
ビニール素材のため針がうちにくい時は、
洗濯バサミでとめておくとやりやすいです。
次に1cm幅×60cmの平ゴムを縫い付けます
平ゴムは時間割に被らないよう均等に縫い付けてください。
そして裁断したテーブルクロスの四辺を
バイアステープでくるんで縫います
上側は30cmくらいの長さの丸紐を半分に折って
バイアステープと一緒に縫いこんでください。
普通の布と違って
テーブルクロスはビニール素材なので
ヨレヨレにならず、扱いやすいと思いますよ。
縫い込んだ丸紐の端は丸く結んでおいてくださいね。
この丸紐はランドセルのフックに結びつけることで
ズレ落ちを防止できるのです。
ざっくりと説明しましたが、これで完成です。

もっと簡単に作りたいという場合は、
テーブルクロスの代わりにランチョンマットを使うと
もっと簡単になりますよ。
透明なランチョンマットを
ランドセルの形に合わせて折り込み縫っていきます。
あとの作り方はテーブルクロスと一緒です。
見た目はシンプルですが簡単に作れます。

100均で揃えたものなら
失敗してもやり直せばいいやと思えるので
チャレンジしてみてくださいね。

周りと差をつけるちょっとしたアレンジ方法、おすそ分けします!

透明カバーであれば
ランドセルのカラーを出すことができます。
しかし、少し寂しい気もしますよね。
そんな時に簡単にアレンジができる方法をご紹介します。

アレンジアイテム一つ目は反射テープです。
1年生でも6年生でも登下校は心配なので
反射テープは必ずと言っていいほど
ランドセルに付ける方が多いのではないでしょうか。
そんな反射テープは事故防止で必要となるだけでなく
アレンジアイテムの一つにもなるのです。
反射テープは定番の黄色や白だけでなく
ピンクやブルーなどいろんな色があり、
またテープの幅も様々です。
その反射テープをワンポイントとして
使ってみてはいかがでしょう。
安全も守れておしゃれにもなりますよ。

二つ目のアイテムはウォールステッカーです。
普通のシールだと貼り付けてはがした時に
白く跡が残ってしまうことがあります。
ウォールステッカーなら
何度もはがすことができ跡も残りません。
しかも100均でいろいろな種類のステッカーが手に入りますよ。
取り外しが簡単なので、
飽きたら違うステッカーにすぐ変えられます。
ステッカーを貼り付けてあげることで、
また一味違うカバーになるのではないでしょうか。

まとめ

透明カバーはお気に入りのランドセルのカラーを
活かして使えるのでいいですよね。
100均のもので簡単に可愛く作ることができます。
手作りをすれば
お子さんも喜んでくれるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする