小学生が雨の日の通学で濡れない服装!

スポンサードリンク

雨の日のお出かけって本当に大変ですよね。
傘をさしても濡れてしまう事もあり、
大人も子どもも風邪をひいてしまわないか心配になります。

特に小学生の子は大事なランドセルも背負っているし、
足元もすぐ濡れてしまうので、
通学では雨対策をしてあげたいものです。

そこで便利なのがレインコートレインシューズです。
おすすめのコートやシューズをご紹介します。

ランドセルも濡れずに動きやすいレインコートとは?

スポンサードリンク

小学生はランドセルを背負っているので、
ランドセルもカバーでき、かつ動きやすいものがいいですよね。
レインコートを選ぶポイントはどんなものでしょうか。

雨具の加工には2種類あります。
撥水加工のものと防水加工のものです。
似てるけどどう違うんだろう?と思いますよね。

まず撥水加工のレインコートは
表面に雨を弾く加工がされています
コートの生地自体も薄くとても軽いので、
コンパクトに折りたたむことができます。

しかし長時間使っていると
水が染み込んできてしまうので、
使用時間が短い時や雨が強くない時に使う方が良いです。

私もこのタイプのレインコートを着ている時に
濡れた場所に座っており、
お尻が濡れてしまった苦い経験がありました。

続いて防水加工のものです。
防水加工のものは、
上記でご紹介した撥水加工にプラスして
水を通しにくくする防水の加工がされているのです

そのため強い雨にも長時間耐えることができるメリットがあります
しかし、水を通しにくい樹脂を使用しているので、
撥水加工のものより重たく分厚くなります。

これらの特徴を見ると、
もしもの時の携帯用に持っていくなら撥水加工のものを、
すでに雨が降っているようなら防水加工のものを
使うといいかもしれませんね。

続いて雨具の形ですがこれも2種類あります。
レインコートポンチョです。
レインコートは袖があるコート型の雨具をさします。
傘も一緒にさしたいときなどは
このタイプの方が動きやすいのでおすすめです。

ポンチョはレインコートと違い袖がないため、
脱ぎ着がしやすく暑い日は肌に張り付かないので蒸れません。
しかし袖がないぶんレインコートよりは動きにくくなります。

ちなみにレインコートもポンチョも
ランドセルまでカバーしてくれるタイプのもがあります。

ランドセルもカバーできるものは背中にマチがあるので
背負っても窮屈に感じないのです。
最近ではランドセルがない時に
ボタンなどでマチを止めておけるものもあるので、
1枚あれば通学の時以外も使えて便利ですよ。

おすすめレインシューズTOP10!

雨の日は水溜りも雨の跳ね返りもあるので
レインシューズが大活躍です。

まず、レインシューズの選ぶポイントについてご説明します。
選ぶ際のポイントは
レインシューズの色とサイズ、素材です

雨の日は暗いので
色は明るいものを選ぶと良いです。
そのため目立つ明るい色は事故防止につながりますよ。
最近はレインシューズ自体に
反射板が付いているものもあります。

続いてサイズはワンサイズ上のものを選ぶと良いです。
ジャストサイズのものは脱ぎ履きがしづらく、
大きすぎるものは歩きづらく転びやすいからです。

素材は塩化ビニール素材のものと天然合成ゴム素材の2種類あります。
塩化ビニールは軽くて汚れにくく
劣化しづらい良い点があります。
しかし、雪の日などは滑りやすくなります。
天然合成ゴム素材は滑りにくく防水性も高いですが
汚れが落ちにくく、
数年使っているとヒビが入りやすいです。
雨の日の通学くらいなら塩化ビニール素材のもの、
雪が多い地域などは
天然合成ゴム素材のものを選ぶといいですね。

選ぶポイントもふまえ、
レインシューズおすすめトップ10をご紹介します。

10.ビームス レインシューズ
視認性があり汚れもとれやすい塩化ビニール製です。
素材が柔らかいので脱ぎ履きがしやすく、
中敷の取り外しができるため清潔です。

9.グリップグラップ
かかと部分に反射板が付いており、
デザインもカラーも男女共に使うことができます。
素材は天然合成ゴム素材ですが
軽量で、靴底の溝が深いため滑りにくいですよ。

8.キッズフォーレ
デザインがとても可愛いのでお子さんも大喜び。
お揃いでレインコートや傘もあるので
入学時に一式揃える方も多いようです。

7.イフミー
一番の特徴は機能性の中敷です。
この中敷は土踏まずの形成を助けてくれるので
正しい姿勢で歩くことができます。

6.ヒラキ
鮮やかなカラーのものが豊富にあり、
軽量で汚れもとれやすいです。
そしてなんと言っても
継ぎ目がないのが一番の特徴です。
継ぎ目がないから水が浸入しにくいので、
雨の日にじゃぶじゃぶ歩いても安心ですね。

5.無印良品
前後に反射板があるため安全性が高いです。
デザインも無印らしいくシンプルなので
どんな洋服にも合います。
また軽量で歩きやすいですよ。

4.ハンター
防水性、耐久性もあり
反射素材のバックストラップがあるため
安全性も高いです。
そしてとにかくおしゃれ。
ジョッキーブーツのように
カッコよく履くことができます。

3.プーキーズ
靴底にラバーが埋め込まれているので
滑りにくく安全です。
またボアが履き口から爪先まで付いているので
雪の中でも足が冷えません。
ボアは取り外しができるので洗濯もできますし、
もちろん外せば梅雨時期などの雨の日にも使えます。

2.クロックス
かかとのロゴが反射素材なので安全性もあり、
軽いので歩きやすいです。
防菌、防臭効果があり、
すぐ乾くというメリットがあります。

1.スタンプル
カラーバリエーションが豊富なので
気にいる色が見つかるはずです。
靴底には滑り止め加工があり安心して履けます。
子ども本人の履き心地も良いらしく
子どもたちからも人気です。

まとめ

レインコートもレインシューズも
素材や形によって着心地、
履き心地が変わってきます。
子どもの安全性を一番に考え、
お子さんが雨の日でも楽しく出かけられるような
デザインを選んであげられるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする