意外と知らない!入学式に着る着物の付け下げと訪問着の違い

スポンサードリンク

最近では卒業式や入学式といったシーンに
着物を着て出席されるママさんも多いですよね!
ですが、日本人なのに着物についての知識って
意外と薄いような気がしませんか?
訪問着・付け下げ・小紋etc.…種類はありますが、
どのシーンにどの着物を着るのがベストなのでしょうか。

卒業式と入学式、着物の装いに違いがあるってホント!?

スポンサードリンク

そもそも着物の違いを知っていないと、
どのシーンでどのような着物を着たらいいのか
分かりませんよね。
まず訪問着ですが、
こちらは留袖の次に格が高い準礼装の着物です。
そして未婚・既婚に関わらず着られます

柄は華やかなものが多く、
縫い目の部分でも途切れることのない
絵羽模様という模様で描かれていることが大きな特徴です。
卒業式や入学式だけでなく、
結婚式や七五三、謝恩会など
様々なシーンで着ることが可能です。
そして付け下げですが、
こちらは訪問着を簡略化した着物といえるかもしれません。

柄は訪問着に比べると
落ち着いたトーンのものが多いです。
その柄は、着たときに模様が上向きになるように
描かれているというのが大きな特徴です。

それぞれの考え方や
住んでいらっしゃる地域の風習などにもあり
明確な「違い」というものは断言しづらいのですが、
卒業式では付け下げ、入学式では訪問着を
着られる方が多いように見受けられます。
また卒業式と入学式では、色や柄のトーンに
違いをつけるといいのではないでしょうか。
洋装であっても、
例えば卒業式ならグレーやネイビーといった
落ち着いたトーン、
入学式ならベージュやピンクといった
明るいトーンが主流です。
訪問着であってもこのように色のトーンを合わせると、
他のママさんたちに浮くことなく、
安心して出席できるのではないでしょうか。

あなたはどっち派!?着物をレンタル?もしくは購入?

最初にも述べたように、
着物って日本のものですが
意外と馴染みは薄いですよね。

着付けの仕方を学校の授業(家庭科)などで
教わったことはありませんし、
着付けをできる人が多いわけでもありません。
着る機会が多いかと言われれば…
洋装に比べると格段に少ないですよね。
なんだか日本人なのに悲しいような気もしますが、
せっかくの子どもの晴れの舞台!
新調したい気持ちにもなってしまいますよね。

レンタルでたくさんの種類の中から
必要な時に好きなものを選ぶのか、
はたまた自分専用のものとして購入し手元に置いておくのか。
どちらが正解、なんてないですよね。
着物って金額は何万円・何十万円とか高いものが多いので、
なかなか手が出ないという方も多いのではないでしょうか。

今後着る機会がありそうな場合は、
購入した方が準備に手間取ることもなく
スムーズに用意することができます。
初期費用はかかりますが、着回しはバツグン!ですね。

そして着るのは卒業式や入学式ぐらいで、今後着なさそう…
という方はレンタルで十分ではないでしょうか。
借りに行ってまた返しに行って…
という手間がありますが、
例えばそのお店で着付けやヘアセット等
すべてを行ってくれるところも多いので、
あっちに行ってこっちに行ってという手間は省かれます。
またクリーニングに出したりもしなくていいので楽チン♪
なまけものさんにはこちらの方が
おススメのような気がします。(私はレンタル派…(笑))
ご自身に無理のない方で準備していきたいですよね。

まとめ

個人的な意見ですが、卒業式や入学式など
着物を着る方が増えていた傾向にあるとはいえ、
圧倒的に洋装の方が多いというのが現状です。
そんな中、日本人らしい着物の装いで出席されると、
その場がしまるというか
式典らしさがグッと高まるような気がします。
着付けをする手間があったり苦しかったりと難点はあれど、
お子様の晴れ舞台には
ぜひかっこいい装いでお出掛け下さい。
ですがあくまでも主役はお子様ですよ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする