保育園の靴に名前は絶対書かないとダメ?どこに書くの?

スポンサードリンク

入園の準備はお父さん、お母さんにとって
大変な大仕事ですよね。
用品が揃ったら、今度はそれぞれに
名前を書かなくてはなりません。

持ち物をなくさないように
名前を書かなくてはならないと思いつつも、
これには書きたくないなと思うものもありますよね。
靴などは特にどこに書いたらいいの?
と思う事ありませんか。
そんな靴に名前を書く時の工夫や
おすすめグッズ
を紹介します。

入園準備の参考にしてください。

靴の名前書き!いろんな工夫の仕方教えます!

スポンサードリンク

靴に名前を書くとなると、
靴の外側か中敷のどちらかに
書く事になるのではないでしょうか。
どちらに書いてもメリットやデメリットはあります。

まずは靴のかかと部分についてお話します。
うちの子は靴のかかと部分に書いていますが、
靴箱に入れた時すぐ見つけられるというメリットがあります。
子どもも最近ひらがなが読めるようになったので、
自分の靴を見つけやすいと言っていました。

しかし外側に書いているので、
おさがりにまわす事を考えている場合には不向きです。
外側に書いている方に聞くと、
2人目以降でもうおさがりにする予定がない方や
そもそもおさがりにするつもりがない方がほとんどでした。
また名前がわかってしまうので、
知らない人に名前を知られたくないと
防犯をお考えの場合は避けた方が良いでしょう。

外側に名前を書く場合は、つま先部分より
かかと部分に書くようにした方が良いです。
靴底に近い方に書くと、
書きやすい素材なうえ目立ちにくいですよ。

続いて中敷に書く場合についてですが、
園の靴箱を見ていると
中敷に書いている方が多いように思います。
中敷に書いておけば、園の外でもはかせられますし、
防犯上も名前を知られる事がないので安心ですね。

特に女の子のママさんは
外側に名前を書いてしまうと子どもが嫌がるとのことで
中敷に書くよう工夫されていると言っていました。

しかし中敷は素材的にも書きづらいので、
字がゆがんでしまうこともあります。

またうちの子は、靴の中で汗をすごくかくうえ、
擦れるようで中敷に名前を書いても
1週間くらいすると名前が読めなくなってしまいました。

靴自体に名前を書くのはどこに書くにしろ
メリット、デメリットがあります。

私もですが園のママさんたちは靴を買う時点で、
メッシュやスエード素材の靴を避け、
マジックで書きやすい靴を選ぶよう工夫しているようです。

保育園の靴に名前を書きたくない人のためのおすすめグッズ

そもそも靴自体に名前を書きたくない
と思われている方も多いのではないでしょうか。
そんな場合に大活躍のグッズを紹介します。
名前入りボタンです。
名前入りのボタンは、
靴のかかとのタグ部分に縫い付けて使います
インターネットで「名前 ボタン」などと
検索すると出てきますよ。
だいたい500円から1000円ほどで
名前の刺繍や印刷がされたボタンを
オーダーメイドで作ってくれます。
とても可愛いので子どもたちも喜びそうです。

もっと予算を抑えたいという場合は手作りする事もできます
100均にくるみボタンを作れるセットが売られているので、
布切れがあれば100円で20個以上作れますよ。
ボタンはかかとのタグやゴム部分に縫い付けると、
縫い付けやすくまた取れづらくて良いです。

縫うのはめんどくさいという場合は、
ボタンにヘアゴムなどを通し、
ゴムを靴のタグに引っ掛けると簡単にできますよ。

園に行っている時に取れてしまう可能性はありますが、
取り外しが簡単なので園の外でもはかせやすく、
靴を洗う時にも助かります。
可愛いので靴のアクセントにもなり、
喜ぶお子さんは多いのではないでしょうか。

またボタン以外にも、
靴用の専用タグも売られています。
インターネットや手芸センターなどに行くと見つけられますよ。
ボタンと違ってシンプルなので
どんな靴にも使いやすいです。
ゴムを付け替えれば、
新しい靴に履き替えた時にも続けて使う事ができます。

ネットで調べたり、手芸センターへ行ったりすると
便利なグッズがたくさんあるので
発見があって面白いですね。

まとめ

いろいろ紹介しましたが、
園によっては靴に物を取り付ける事を
禁止しているところも多いようです。

書く場所が指定されている事もあります。
うちの子が通っているところはまさにそうで、
グッズなどは使えませんでした。

名前を書く時は園の指示に従ってくださいね。
使って大丈夫であれば、
グッズを使うと便利で
靴も無駄に傷つかないのでおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする