初節句のお祝い金で“少ない”のボーダーラインは?

スポンサードリンク

可愛いお孫さんの初節句は、とても喜ばしいものですよね。
お孫さんの健康とこれからの成長が楽しみで
仕方がないのではないでしょうか。

お祝いは嬉しいですが、
お祝金など気を使うところもあると思います。
どれくらい包めばいいものか
迷ってしまうこともあるでしょう。

そこでお祝金の相場やお祝いの品についてご紹介します。

特に兄弟の子供にはいくらぐらいすればよいのだろうと、
悩む方も多いと思います。
あまり多すぎてもかえって気を遣わせてしまいます。
そんな時はある方法でお互いの気持ちの負担を減らすことができますよ。
別の記事で詳しく解説しているので読んで下さいね。
初節句のお祝い 甥や姪への相場は?そもそもお祝いは渡すもの?

初節句のお祝い金少ない?今時の相場とは

スポンサードリンク

子どもが産まれて初めての節句、
楽しみですが準備も大変ですよね。
そしてよく迷うのがお祝金です。
相場や決まりなどはあるのでしょうか。

初節句のお祝いの相場は、
祖父母からは5万〜30万、
兄弟や親戚からは5千円なら1万円、
友人や同僚は3千円から5千円くらいと言われています。

祖父母の30万には驚きますよね。
私も最初知った時、出しすぎなのでは?とびっくりしました。
ですがこの30万は
五月人形や雛人形などを購入してあげたものも含まれます。
それなら納得ですよね。

そのため内孫の場合はお祝金は5万程度、
外孫の場合は節句の人形を購入するというのが一般的なようです。

我が家でも私の実家からは五月人形を購入してもらい、
主人の実家からはお祝金を5万いただきました。
お祝金の額やどちらの実家が人形を買うかは
あくまで一般的な考えです。
地域性やご両親にもお考えがあるかと思いますので、
迷ったらご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

うちの実家には私の祖父母が健在なので、
昔からの風習を尊重して欲しいと要望があり、
上記のようなお祝いの仕方をとりました。

ですが最近はこの風習も様々に変化しています。
友人のところは
両家とも人形を購入したいと申し出があったため、
母方から五月人形、父方から鯉のぼりで
お祝金はなしとしたと言っていました。

また人形は自分たちが選びたいからということで、
両家から5万ずつお祝金をいただいた
というご家庭もありましたよ。

昔からの風習は大切にしつつも風習に縛られすぎず、
ご家庭のご事情やお考えで
お祝いしてあげて良いのではないでしょうか。

お孫さんの健康や成長を
家族でお祝いしてあげる気持ちが一番大切です。

どっちが喜ばれる!?お祝い金orお祝いの品

お祝いをする時、お祝金を出すか祝いの品にするか
迷うこともありますよね。
親戚や友人の場合は
特に品物で贈られる方も多いと思います。

私と主人の友人や親戚からは
お祝いの品物を贈ってくださった方がほとんどでした。
お祝い金なら確実ですし、
お祝いの品なら選んだものを使っているところを
見ることができますよね。

実用的なものや自分たちではなかなか買わないものだと、
親である私たちも助かりますし、嬉しいです。
お祝の品はどんなものがよいのでしょうか。

友人からはおもちゃをいただきました。
走らせると音が出る車や、
触り心地の良いぬいぐるみをいただきました。

うちの子は初節句の時に8カ月だったので、
いろいろな物に興味を持ち出していた時期です。
おもちゃをもらった子どもはニコニコで遊んでいましたよ。
それを見て友人も喜んでくれていました。

また洋服や靴をくださった方もいます。
少し大きめのサイズをいただいたので、
すぐには使えなかったのですが
成長してからとても助かりました。

子どもの成長は早いので、
自分たちだとブランド物の服などは
なかなか手が出しづらいです。
なので、ちょっとしたブランドの服や靴などは
とても嬉しかったですよ。

お祝いはお祝金でいただけると、
自分たちで好きなものを子どもに買ってあげたり、
子どもの貯蓄にまわしたりもできるので
もちろん嬉しいです。

お祝いの品物ならお子さんが喜んで使えるものだと、
目の前で喜ぶ姿が見えるので、
あげた方ももらった方も嬉しいですよね。
どちらでも、お子さんの事を考えて贈ったものなら喜ばれます。

まとめ

お祝いのお金や品物はもちろん嬉しいです。
ですが、たくさんの人から
我が子の成長を願ってもらえること自体が嬉しいものです。
せっかくの節句ですから、
みんなで気持ちよくお祝いできたら幸せですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする