初節句のお返しに桜餅が外せないのはなぜ?桜餅の意味は?

スポンサードリンク

赤ちゃんが生まれてきてくれて、
次々とイベントがありますよね。

どれも、ママやパパにとっては、
嬉しくて、楽しみなことばかりですね。
そんなイベントの一つに初節句があります。

初節句と聞いて思い浮かべるものが色々とあると思いますが、
桃の節句に食べられるものの一つに桜餅があります。

この桜餅を食べる意味は知っていますか?
桜餅が美味しいから食べる!?見た目!?
色々考えてしまうかもしれませんね。
初節句に食べるものにも意味が込められているのです。
これから初節句を迎えるママやパパは
是非、知っておきましょう。

桃の節句とは?

スポンサードリンク

男の子の節句と女の子の節句は日にちや呼び方が違います。
桃の節句は女の子の節句のお祝いです。
桃の節句=33
この日にお祝いします。

桃の節句をお祝いする意味もちゃんとあります。
桃の節句は、女の子がすこやかに、
美しく成長してくれますように
願いが込められているのです。

ひな人形を飾るのは、
ひな人形を飾ることで、
子どもにふりかかる厄を代わりにうけてくれると言われているのです。

意外と知らない!?桜餅に込められた意味

実は、桃の節句に桜餅を食べるのには
特に意味はないのです。
ビックリですよね。
男の子の節句に柏餅を食べるのには
子孫繁栄の願いが込められているのです。

しかし、女の子の節句に桜餅を食べるようになったのは、
コレ!といった意味があるわけではないのです。
いつの間にか桃の節句に食べられるようになった桜餅ですが、
意味よりも色や季節から
桜餅が食べられるようになったと言われているのです。

それは、
・桜は春の季節に咲くので、桃の節句のお祝いの時期にピッタリ
・桜のピンク色が女の子に似合う色だから
このように言われているのですよ。

桃の節句のお返しに桜餅!?

女の子の赤ちゃんが生まれてきてくれて
はじめて迎える初節句を
家族そろってお祝いするという家庭も多いでしょう。

節句のお祝いは身内が集まって
食事会をしてお祝いをするという人が多いです。
これは、初節句のお祝いをもらっても
特にお返しをしないのです。

そこで、食事会を開くことで
初節句のお祝いのお返しにみんなで食事を楽しんでもらおう
という気持ちから行われるのです。

食事会に来てくれた家族に
お返しとして桜餅を渡すこともあります。
みんなで赤ちゃんの初節句のお祝いができるのは嬉しいことですよね。

しかし、初節句のお祝いをもらったけれども、
遠いからという理由などで来られない人もいるでしょう。
例えば、祖父母などは近くに住んでいない人も多いでしょう。

そんな時には、
お返しに桜餅を送るのはあまりよくありません。
それは、桜餅は日持ちがしないお菓子になります。
初節句のお返しを送る際には、
日持ちするものにしましょう。

困ったときはコレ!絶対失敗しない定番の内祝いとは

初節句のお祝いをもらった場合は、
基本的にはお返しは必要ないとされています。
しかし、お礼の言葉を伝えることは忘れないで下さいね!
そういっても、祖父母などから初節句のお祝いをもらい、
食事会にも来てもらえないという場合などは
お返しに内祝いを用意する人もいるでしょう。
そこで、定番の内祝いの品があるのです。
内祝いの品選びに悩んでしまったら、
参考にしてみて下さいね。

定番の内祝い
・バームクーヘン
・紅白の麺のセット
・カステラ
・焼き菓子の詰め合わせ
・お茶の詰め合わせ

このようなものが選ばれています。
内祝いを選ぶポイントとしては、
食べられるもの、飲めるものにするといいでしょう。
形に残ってしまうものは、
もらった立場からするとどうしたらいいのか
悩んでしまうことがあります。
そこで、形に残らないものにするといいでしょう。

まとめ

赤ちゃんがはじめて迎える節句のお祝いは、
赤ちゃんに綺麗な服を着せたり、
写真館に写真を撮りにいったりする人もいるでしょう。
みんなで赤ちゃんの初節句をお祝いしてあげて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする