初節句のお返しに柏餅!?柏餅に込められた意味とは

スポンサードリンク

男の子が迎える節句のお祝いを“端午の節句”といいます。
また赤ちゃんが初めて迎える節句を“初節句”といいます。
五月の青空にこいのぼりをあげて、
兜を飾ってお祝いをしますよね。

こいのぼりを見ると、
端午の節句が近いんだなと感じることができます。

そんな端午の節句に食べられるものの一つが“柏餅”です。
なんで柏餅!?と思う人もいるでしょう。
実は柏餅にはちゃんと意味があるのですよ。

柏餅に込められた意味を知って、
赤ちゃんの初節句をお祝いしてあげてくださいね!

端午の節句とは!?

スポンサードリンク

端午の節句とは男の子の節句のお祝いです。
5月5日に行われます。

男の子がすくすくと健やかに育ってくれますようにと
願いが込められてお祝いするのです。
そして、飾っておく兜が、
子どもにふりかかる厄から守ってくれる
という意味が込められています。

こいのぼりを飾ることで、
子どもが出世してくれますようにと
願いが込められています。

端午の節句に食べる柏餅に込められた意味は!?

端午の節句に食べられるものに、
柏餅やちまきがあります。
これらを食べるのは意味がきちんとあるのです。

柏餅に巻かれている葉っぱは柏の葉です。
この柏の葉に意味があるのです。
柏の木は“葉守りの神が宿る木”、“葉を護る木”
といわれることがあります。

これは、柏の木の葉は古く枯れてきても、
新しい葉が生えてくるまでは枝についたままで
枯れて落ちることがありません。
これが葉守りの神が宿っている木と
いわれている由来です。

そして、葉が落ちてなくなることなく、
入れ替わり生えてくることから、
葉を護る木として縁起がいい木とされてきたのです。

柏の木のように家族が絶えることなく子孫繁栄を願い、
端午の節句に柏餅が食べられるようになったのです。

あなたの体験談教えて!男の子の初節句のお返しで喜ばれるものBEST5!

  • カステラ
  • バームクーヘン
  • お茶のセット
  • 紅白の麺
  • 柏餅

このような品が初節句のお返しで選ばれているものです。
柏餅は端午の節句のお返しにも選ぶ人がいます。
ただし、柏餅はあまり日持ちがしないので、
お返しの品にする際には注意が必要です。

初節句の食事会に来てくれた人に
初節句のお祝いのお返しとして配るのはいいでしょう。
しかし、遠方に住んでいる為に来られなかった人に
柏餅を送るのはやめましょう。

初節句のお返しを送る場合には
日持ちするものを選ぶようにするといいでしょう。

初節句のお返しは必ずしなければいけない
ということはありません。
初節句のお祝いは身内で行う家庭がほとんどです。

そこで、初節句のお祝いをもらっても
お返しは用意しないという家庭がほとんどです。
もちろん、お礼の言葉は伝えておいてくださいね!
初節句のお祝いのお返しを用意するかどうかは、
それぞれの家庭で決めるといいでしょう。

初節句のお返しで贈る桜餅と柏餅の違いとは

女の子の節句=桃の節句  3月3日
男の子の節句=端午の節句 5月5日

このように女の子と男の子で節句の日にちが違います。
そして、
桃の節句で食べられるもの=桜餅
端午の節句で食べられるもの=柏餅
なのです。
このように食べるものにも違いがあるのです。

桜餅は桜の葉っぱを塩漬けにしたもので、
あんこの入ったお餅をくるみます。
柏餅は柏の葉っぱであんこの入った餅を包んだものです。

まとめ

端午の節句に飾る兜やこいのぼりにも意味があるのです。
そして、端午の節句に食べる柏餅にも、
子孫が繁栄しますようにと願いが込められているのです。

どれも縁起がいいということから選ばれてきたものです。
初節句のお祝いは、
どんな形であってもお祝いしてあげるといいでしょう。
子どもの成長していく姿を楽しみにしながら、
毎年、兜とこいのぼりを飾ってあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする