初節句の内祝いは?祖父母が貰って心から喜ばれるものとは!

スポンサードリンク

赤ちゃんがはじめて迎える節句のお祝いは
嬉しいものですよね。
赤ちゃんが迎えるイベントは色々とありますが、
どれも親にとっては嬉しくて、
子どもの成長を感じることができますよね。

初節句のお祝いは
身内だけでおこなうという家庭も多いでしょう。

そんな初節句のお祝いですが、
祖父母からお祝いをもらったら
内祝いは用意しなければいけないの!?
と悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで、初節句の内祝いについてお伝えします。

初節句とは!?

スポンサードリンク

初節句とは
赤ちゃんがすくすくと健やかな成長を願いおこなうものです。
そして、ひな人形赤ちゃんにふりかかる厄を
かわりに受けてくれる意味もあるのです。

女の子=桃の節句  3月3日
男の子=端午の節句 5月5日

これらの日にお祝いをします。

コレって必要!?祖父母と同様、両親への内祝い

初節句のお祝いは身内だけなど、
家族だけで行う家庭が多いです。
しかし、両家の両親を呼んで、
初節句のお祝いをする家庭もあります。

両親から初節句のお祝いをもらう場合は、
基本的にはお返しはいらないとされています。
お祝いのお返しを用意するかわりに、
食事会を開くことでお返しのかわりにするのです。

みんなで食事をして
赤ちゃんの初節句のお祝いをしてあげることが、
一番のお返しになるのですよ。

自分たちの両親なので
あまり気を使いすぎる必要はありません。
初節句のお祝いのお返しに内祝いは必要なの?
と気にすることはないでしょう。

“ありがとう”といって受け取っておくといいでしょう。
そして、赤ちゃんの元気な姿を見せてあげることが
一番喜んでもらえることと思います。

祖父母から初節句のお祝いをもらった場合は、
内祝いを用意してもいいでしょう。
これは、それぞれの家庭によって違います。

祖父母が近くに住んでいる場合は
初節句のお祝いの食事会に招待してあげるといいでしょう。
しかし、祖父母となると
近くに住んでいないことも多いと思います。

そこで、お礼の連絡を入れるとともに、
内祝いを用意してお返しをするといいでしょう。

ココだけ押さえれば恥ずかしくない!初節句の内祝いのマナー

初節句のお祝いをもらい、お返しに内祝いをおくる際は、
早めに用意するといいでしょう。
あまり遅くなるのは失礼になります。
内祝いをおくる場合は、
遅くても2週間以内には行いたいです。

内祝いにつける熨斗は、紅白の蝶結びを選びます。
熨斗の上半分には「内祝い」と書きます。
下半分には子どもの名まえを書きます。

内祝いの品をお店で買う場合は、
お会計の際に“熨斗をつけたい”と言えば
用意してもらえますよ。

内祝い、祖父母がもらって喜ばれるものは!?


初節句のお祝いを祖父母に貰い、
お返しに内祝いを用意する場合、何にするか悩みませんか?
内祝いはもらった金額の1/3程度のものにするといいでしょう。

あとは、どういった品物を選ぶかということでしょう。
内祝いに多く選ばれているものは、
・バームクーヘン
・紅白のうどん
・お茶漬けのセット
・焼き菓子の詰め合わせ
・お茶の詰め合わせ

このようなものが内祝いの品に選ばれています。

必ずしも、この中のものでないといけない
ということはありません。
もし、祖父母の好きなものを知っているなら、
好きなものを内祝いの品に選んでもいいでしょう。

ただし、気をつけたいポイントがあります。
それは、内祝いの品は食べたらなくなってしまうもの、
使ったらなくなってしまうものがいいでしょう。

形に残ってしまうものは、
相手にも気を使わせてしまいます。
品物を選ぶ際には注意するといいでしょう。

まとめ

初節句のお祝いを貰えることは嬉しいことですよね。
そのお返しを用意するかどうかは、
それぞれの家庭で違うでしょう。

初節句のお祝いのお返しは、
用意しなくてもいいとされているのです。
しかし、お祝いをもらったら
お礼を伝えることは忘れないでくださいね。

内祝いを用意する場合は
一緒に手紙を用意するといいでしょう。
あくまでも気持ちが大切ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする