初節句の鯉のぼりは誰が買うもの!?しきたりはある!?

スポンサードリンク

赤ちゃんがはじめて迎える節句のお祝いは
家族だけでおこなう家庭が多いですよね。
初節句のお祝いは身内だけで
食事会をしてお祝いするというものです。
初節句を迎えるにあたり、
飾りを用意しなければいけませんよね。

そんな初節句の飾りは誰が用意するのか
悩んでいませんか?
昔からのしきたりと、
現代ではどうなっているのか、
知っておくといいでしょう。
それぞれの家庭の参考にして下さいね。

初節句の飾りは誰が買うの!?

スポンサードリンク

初節句の飾りは誰が用意するのか悩んでいませんか?
昔は節句の飾りは
ママの親が買って贈るのが一般的とされていました。
しかし、現代では
そのようなしきたりにとらわれない人が多くなっています。
初節句の飾りを買ってもらえるのであれば、
買ってもらうといいでしょう。

自分たちで用意してもいいですよ。
昔のしきたりにとらわれることではなく、
子どもの幸せを願って
初節句の飾りを用意してあげましょう。

初節句のお祝いをもらったらお返しはいるの!?

初節句のお祝いをもらったら
お返しは用意しなければいけないの?
と悩む人もいるでしょう。

初節句のお祝いは身内のみで行う家庭が多いです。
そこで、お祝いをもらっても、
お返しは用意しなくてもいいとされています。
お祝いをもらったら、お返しのかわりに、
食事会をひらいてみんなで楽しんで食事をしてもらうという家庭もあります。

初節句のお祝いのお返しを用意するかは、
それぞれの家庭で違うでしょう。
必要だと思う場合には用意するといいでしょう。

桃の節句と端午の節句

節句のお祝いといっても、
女の子と男の子では日にちと飾るものが違うのです。
3月3日=桃の節句(女の子)
5月5日=端午の節句(男の子)
このように呼び方も違います。

桃の節句にはひな人形を飾ります。
端午の節句には、鯉のぼりを飾ります。

どちらの節句も、
子どもがすくすくと健康に育ってくれますように
という願いが込められてお祝いするのです。
そして、飾りものが子どもにふりかかる厄を
代わりに受けてくれる厄除けの意味があるのです。

男の子の初節句の飾りの種類とその意味

男の子の節句に用意する飾りには
“兜”と“鯉のぼり”があります。
兜と鯉のぼりを飾るのには意味があるのですよ。
鎧兜は戦国時代には自分の身を守るために着ける
大切なものでした。
そこから、兜を飾ることで、
病気や厄から子どもを守ってくれる
厄除けの意味をもつようになりました。

江戸時代に街の人たちの間で
鯉のぼりをあげることが流行りました。
鯉のぼりをあげることで、
“どんな環境であっても立派になり出世しますように”
と願いが込められていたのです。

そこから、鯉のぼりをあげて、
子どもが出世するようにという願いがこめられているのです。
鯉のぼりの先端についている矢車は、
神様がおりてきてくれる際に、
どこにいけばいいか分かるように
目印になるようにつけられているのです。

鯉のぼりの飾りの詳しい説明は別の記事にしました。
子供に「あの一番上の回ってるやつ何?」「なぜ魚以外のものが泳いでるの?」
聞かれて困らないようにチェックしておいて下さいね。
鯉のぼりの一番上のやつは何?カラカラうるさいのは訳がある!

初節句のお祝いの内祝いも忘れずに!必ず喜ばれるお返しTOP5!

初節句のお祝いをもらい、
お返しの内祝いを用意する場合に、
喜ばれる品があります。

  1. バームクーヘン
  2. 紅白の麺
  3. カステラ
  4. 焼き菓子の詰め合わせ
  5. お茶の詰め合わせ

このようなものが内祝いとして選ばれている品です。

他にも、洗剤の詰め合わせやジュースの詰め合わせなど
内祝いに選ばれている品はあります。

どれも共通して言えるのは、
食べたらなくなるもの、使ったらなくなるものが選ばれているということです。
記念に飾って置くような品物だと、
趣味などもあり、もらったら困る人もいるでしょう。
そのようなものは控えるといいでしょう。

まとめ

節句の飾りにはそれぞれ意味があり、
願いが込められているのです。
全ては、子どもが元気に成長してくれますようにとの親の願いが込められています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする