七五三で袴の女の子はおかしい?着物を着る理由は?

スポンサードリンク

お子さんの成長をお祝いするイベントの一つ、七五三
最近はレンタルも増え、
衣装もたくさんの種類から
選ぶことができるようになりました。

正統派の着物から袴などもあり選ぶのが難しい…
可愛い袴があったから女の子に着せたいけれど、
それではおかしいと言われた、などなど
七五三の由来がわからないと色々な疑問が出てきます。

今回はそんな七五三それぞれの
由来とよくある間違いについてお伝えします。

七五三で女の子の袴はおかしいの?

スポンサードリンク

11月の中旬、神社には晴れ着姿で
多くの親子連れが溢れています。
その中には女の子だけど、袴を着ている、という子も…
でもそもそも、着物でないといけないのでしょうか?
七五三の本来の由来について調べると、
その意味がわかってきました。

七五三は、まず子供の成長を祝うもの。
医療が整っておらず、
3歳5歳7歳を迎えるのも難しかった時代から
その年齢を迎えることができたことを喜び、
祝う気持ちから始まっています。

3歳は「髪置き」と呼び、
それまで赤子として扱われ、
髪の毛も短く切られていた(もしくは剃られていた)年齢から、
童子(子ども)となり、髪を伸ばし始めた時期を祝います。

3歳のお祝いは女の子のものという地域もありますが、
この髪置きの儀式は男女ともに行われます。

5歳は「袴着」で、
男児が初めて袴を着ける儀式です。
本来は男女問わずに袴を着る儀式を行っていたようですが、
江戸時代以降、男児がこの袴着の儀を経て
羽織袴を着けるようになったと言います。

7歳は「帯解(おびとき)」の儀式で、
それまでつけていた幼児用の紐ではなく、
大人用の帯を締め始める儀式となっています。

このように、由来は流れがあります。
なので、なぜ女の子の袴がおかしい!と言われるかというと、
3歳では袴着の儀式をしていないのに袴を着ているし、
5歳ではそもそも男児のための袴着の儀式。

そして7歳は着物の帯を締め始める儀式なのに
袴では儀式に沿わないということなんですね。
(袴がおかしい!と言っている人が
ここまでしっかり理解しているかは疑問ですが)

なので、基本的には
3歳では帯を結ばない着物を着て
5歳では男の子が羽織袴を着て
7歳では帯を結んだ着物を女の子が着る
という衣装選びが正しいでしょう。

ただし、近年は
ここまで由来を重んじるか、ということもあります。

そもそも着物ではなく、
着せやすく子供の負担も軽い洋服で祈祷してもらい、
写真を撮影することがメイン、という家族もいます。
本来の目的からは少し外れますが、それも家族の選択です。

洋服を選ぶ家族がいるように、
女の子に袴を着せました、
という家族がいても良いとは思います。

七五三のよくある勘違いはほかにも…

このように目的が少しずつ時代の流れで変わってきているので
この由来から外れたことによる勘違いは他にもあります。
前述しましたが、3歳が女の子の儀式、というのも
由来から考えると間違いで、
本来は男女関係なく、存在する儀式です。

逆に、最近は男女関係なく七五三全てやる!
というご家族もいるようです。
由来からは外れても子供の成長を都度祝いたい
というご家族が増えているのですね。

また、年齢の数え方ですが、
昔は「数え年」と言って、
生まれた年を1歳と数える年齢に七五三を行っていましたが、
最近では誕生日で年を数える「満年齢」を使って
行うことが一般的になっています。

まとめ

由来を知ると、儀式の意味や、
子供の成長を昔の人がどんな思いで祝ってきたのかがわかり
味わい深くなりますね。

ただ、現代には現代の多様性の良さもあり、
必ずしも縛られる必要もないと言えます。
全てに共通するのが子供の成長を祝う、ということ。
お子さんのために、自分たちらしい七五三を迎えて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする