新幹線の指定席で子供を膝の上に乗せた場合お金はかかる?

スポンサードリンク

帰省や旅行でお子さんを連れて
新幹線に乗ることってありますよね。
子どもたちは新幹線に大喜びしてくれる事が多いですが、
大人は子どもを連れて新幹線に乗るのは正直大変です。

そこで子連れで新幹線に乗る際の注意点をご紹介します。
帰省や旅行の際に参考にしてみてください。

指定席と自由席!子供連れならやっぱり指定席が無難

スポンサードリンク

新幹線はいろいろな人が乗っているので、
子連れで乗る時はマナーなど気を使いますよね。
子連れで新幹線に乗るなら座席はどこが良いのか、
料金はどうなるのか
わからない事も多いと思います。

私は旅行好きで子どもが1歳になる前から
頻繁に新幹線に乗っていました。
そんな経験を踏まえ、
子連れで新幹線に乗る時の料金や
おすすめの座席場所をご紹介します。

まず料金です。
子ども料金の設定は、
小学生は大人の半額、未就学児は無料というのが基本です。
しかしこれは自由席の場合です。

小学生はもちろん、未就学児でも
指定席を子どものぶんも1席利用するとなると有料になります。
しかも指定席券だけでなく乗車券も必要になってくるのでここは要注意ですよ。

指定席を未就学児が大人と別で1席利用するとなると、
「子供の乗車券」+「子供の指定席特急券」が必要になるので気を付けてください。

指定席で乗る場合は、
子どもを膝の上に座らせられるなら
座らせた方がお財布には優しいです。

また子連れにおすすめの座席場所もあります。
それは11号車か12号車です。
11号車には多目的室があります。
多目的室は気分が悪い人が休んだり、
授乳やオムツ替えができる個室なのです。
普段は鍵がかかっているのですが、
車掌さんに声をかけると開けてくれますよ。

また11号車と12号車の間には多目的トイレがあるため、
オムツ替えが出来ることももちろんですが
デッキが若干広くなっているのです。
車内でぐずった時など、
デッキで気分転換させてあげるといいですね。
子連れで新幹線に乗るなら多目的室がある11号車か
多目的トイレが間にある12号車がおすすめです。

新幹線に乗る際子供連れの注意点5つ!

子連れで新幹線に乗る時は、
マナーや快適に乗るため気を付けたい事もあります。
そんな注意点を5つご紹介します。

①早めに切符を購入
新幹線は乗車する1ヶ月前から席を取ることができます。
独身の頃はインターネットで
チケットを購入していましたが、
子連れになってからは
みどりの窓口で購入するようになりました。

子連れの場合はベビーカーや
授乳にオムツ替えと不安も多いですよね。
そんな時、みどりの窓口の職員さんが
強い味方になってくれます。

要望を伝えれば子連れで乗る場合の
便利な座席を選んでくれますよ。
しかし混雑時は席が空いていない事が多々あります。
日程が決まったら、
なるべく早めにチケットを購入する事をおすすめします。

② 混雑時は膝の上(自由席)
自由席だからといって、何席も占領してしまうのは
子連れであっても子連れでなくてもマナー違反です。

お母さんが妊娠中だったり、
子どもを膝上に乗せるのは無理がある時などは
仕方がありません。

ですが長期連休の時など
通常の混雑時以上に混雑している時は、
子どもを膝上に乗せれそうな時は乗せて
譲り合って座席を使えると良いのではないでしょうか。

③ 子どものお気に入りグッズを持って行こう
子どもと新幹線に乗る時は
静かにしてくれるだろうかというのが
一番の不安なのではないでしょうか。

新幹線の中で大きな声で騒いだり、
走り回ってしまっては大変ですよね。
子どもに静かにしていてもらうためにも、
子どものお気に入りのおもちゃやグッズを
持って行きましょう。

2時間乗るのに2、3個グッズがあればいいかと思います。
私も100均で買ったパズルや折紙、
ぬり絵などを持っていきますが
静かに遊んでくれるだけでなく、
意外と親子でコミュニケーションをとれる
いい時間になりますよ。

④ おやつと飲み物
お腹が空いたり喉が乾くと子どももぐずり出します。
車内で泣かれるのは避けたいですよね。
そんな時のために簡単に食べられる軽食やおやつ、
飲み物を持って行くといいですよ。

私も子どもと乗る時は、
乗る前に子どもに好きなおやつを
コンビニで選ばせて購入してから乗っていました。
子どもも楽しみができて、
嬉しそうなうえ静かにしていてくれます。

⑤ お昼寝時間を狙って
新幹線は長時間乗らなくてはならないため、
子どもがお昼寝をする時間を狙うことをおすすめします。
子どもも長時間同じ場所にいるのは辛いですよね。

寝てしまえば親子で助かります。
私も新幹線に乗る前には授乳をし、
お腹いっぱいにして寝てくれるようにしていました。

まとめ

子どもと長時間新幹線に乗るのはとても大変なので、
お出かけをためらう事もあるでしょう。
ですが子ども自身、新幹線では静かにしなくてはいけない、
大人しくしていなくてはいけないという
いい経験、勉強にもなります。
意外と周りの人が優しく助けてくれる事もありますよ。
新幹線に乗る際は準備をしっかりして、
楽しい旅にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする