端午の節句で兜はお下がりではダメ!その理由は兜の役目にあった

スポンサードリンク

3月の桃の節句が終わると、
お店では雛人形が飾られていたところに
が並びますよね。

うちの子も男の子なので、
店頭に並ぶ兜を見て回ったものです。
節句の飾りは豪華なだけあって、お値段も豪華。
そんな時、誰かからもらえたらいいのにと
考えてしまいました。
ですが、兜のおさがりというのはあまり聞きませんよね。
端午の節句のお下がりはなぜダメなのか調べてみました。

端午の節句のお下がりはなぜダメなの?

スポンサードリンク

五月人形には子どもの厄を身代わりになって
受け止めてくれる
役目があります。
そのため五月人形をお下がりする
という考えはないようです。

また兄弟みんなで1個というのも
五月人形を飾る意味からすると
あまり良くないかもしれません。
兄弟分飾れるようスペースを考えて、
気にいる兜が見つかるといいですね。

意外と知らない五月人形を飾る意味とは?


そもそも、なぜ端午の節句には
五月人形を飾るのでしょうか。
五月人形などに込められた意味や
飾る理由についてご紹介します。

五月飾りは大きく分けて二種類あります。
内飾り外飾りです。
内飾りは、兜や鎧などの五月人形をさし、
外飾りは鯉のぼりです。
鯉のぼりをどこに建てるのか?なぜたてるのか?などは別の記事にしました。
実家に飾るべきか、お祝いする子供が住んでいる家に飾るのか?
など悩む方も多いです。
是非チェックしてみて下さいね。
鯉のぼりはどこにたてる?なぜ飾る?

内飾りである五月人形には
どのような意味があるのでしょうか。
これは子どもの病気や災厄を
兜や人形に代わりに受けてもらうために飾ります。

子どもの成長や健康を願うと同時に、
子どものお守り、身代わりとして飾られているのです。
ではなぜ兜や鎧なのでしょうか。

端午の節句に鎧兜を飾るようになったのは、
さかのぼること江戸時代です。
武将にとって鎧兜は、自分の身を守る大切なもの。
命を守る象徴のようなものでした。
そのことから男の子の端午の節句には
鎧兜を飾り始めたようです。
はじめは武士の家でのみ行われていましたが、
次第に庶民にも広がり現代にも引き継がれました。
そのため現代でも
男の子の健康や成長を願うものとして飾られているのです。

五月人形と聞くと鎧兜をイメージしますよね。
五月人形のメインは鎧兜ですが、
五月人形には他にも種類があります。

若大将飾りつるし飾りです。
若大将飾りは、
童話に出てくる金太郎や桃太郎などの子どもの大将から、
実在する歴史上の牛若丸や弁慶などがあります。
友人宅にあるのを見たことがあるのですが、
鎧兜と違いとても可愛らしかったです。
これにも同じように飾る意味がありますよ。
優しく育てって欲しい、たくましく育って欲しい
と願って飾られているようです。

私の友人は桃太郎の若大将飾りを飾っていたのですが、
桃太郎のように勇気と人望を兼ね備えた人になって欲しいと
願いを込めているそうです。

つるし飾りも同じように
子どもの健康や成長を願ったものです。
つるし飾りは鯛やでんでん太鼓、まりや団子などが紐に吊るされて、
とても可愛らしいですよね。
江戸時代後期に子どもや孫の初節句を
お祝いしたいという親心から生まれたものだそうです。

また、外飾りである鯉のぼりにも飾る意味が二つあります。
鯉のぼりを飾る由来は、
我が家に後継ができました!と周囲に知らせるために
のぼりを立てていたことが始まりです。
お披露目の意味があったんですね。

もう一つは、立身出世の意味が込められているようです。
鯉のぼりが大空を泳ぐ姿が力強く見えたことから、
そのような意味も込められているとのことです。

まとめ

端午の節句のお飾りは、子どもの成長や健康を願うと同時に、
子どものお守り、身代わりとして飾られているものです。
だから一人の子供に1つの飾りが良いとされているんですね。

男の子の兄弟だと経済的にもスペース的にもついお下がりだったら助かるな~と
思いがちですが是非一人に一つ用意してあげたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする