保育園のお布団持ち運び!布団の選び方と雨の日対策!

スポンサードリンク

子どもを保育園に預けると
色々と必要なものがありますよね。
そんな中で一番持ち運びが大変なのが
“布団”ですよね。
特に自転車で子どもを送り迎えしている人は
布団の持ち運びが一番のネックかもしれません。
そんな布団の持ち運びについて、
先輩ママたちがおこなっていることをまとめてみました。
これから保育園に子どもを預けようと思っているママは
参考にしてみて下さいね!

保育園では毎週末に布団を持ち帰る!?

スポンサードリンク

保育園ではお昼寝があります。
これは子どもを預かってくれる時間が長いため、
お昼寝の時間があります。
その為に、お昼寝布団が必要なのです。
そのお昼寝布団は毎週末になると持ち帰って干したり、
洗濯をしなければいけません。

お昼寝で使った布団は湿気が溜まっています。
子どもがお昼寝している間に汗をかくので、
その汗を布団が吸収しているのです。
衛生面を考えても、
布団を保育園に置きっぱなしにすることはできないのです。

送り迎えをするママやパパにとって、
布団は重たい荷物になるかもしれませんが、
子どものことを考えるとこれも必要なことなのですよ。

お昼寝布団を選ぶポイントは?

  1.  軽い布団
    布団を毎週末に持って帰ってきて、
    週のはじまりに持っていくことを考えると
    軽い布団がいいでしょう。
    重たすぎる布団は持ち運びも大変です。
    軽い布団を選びましょう。
  2.  洗える布団
    子どもがお昼寝している間に汗をかきます。
    シーツをしているからといっても
    布団も汗を吸ってしまいます。
    太陽の下で干しているからといっても
    汚れは蓄積してしまいます。
    もしかしたら、おねしょをしてしまう子もいるでしょう。
    そんな時の為に、洗える布団を選ぶといいでしょう。

保育園によってお布団のセットの内容は違います。
しかし、布団は最低限この2点を
選ぶポイントにするといいでしょう。

あとは子どもが好きなデザインにしたり、
布団セットとして一式セットになって
販売されているものもあります。
何年も使うものなので、長持ちする布団にしましょう。

自転車での送り迎えにあったら便利なおすすめグッズ5選!

子どもを自転車に乗せて送迎する場合は、
自転車を乗るのに必要なものがあります。

  1. 子ども用シート
    自転車に子どもを乗せる為に必要です。
    子ども用のシートを自転車につけて
    子どもを乗せることで安全に送迎できます。
  2. 子ども用ヘルメット
    子どもを自転車に乗せて保育園に送迎する場合には
    子どもにヘルメットをさせましょう。
    安全にと思い注意していても、
    突然自転車が倒れてしまったり、
    突然事故に巻き込まれてしまうこともあります。
    最低限の安全を守る為にもヘルメットを着用しましょう。
  3.  自転車用のカゴ
    自分のカバンや荷物を入れるために、
    大きめの自転車用のカゴをつけましょう。
    保育園の送迎の際には
    持っていく荷物がたくさんある場合があります。
    少しでも大きめのカゴにしましょう。
  4.  自転車用のミラー
    少しでも安全に自転車を運転する為に、
    自転車用のミラーをつけるといいでしょう。
  5.  雨の日のレインカバー
    雨の日は自転車で送迎しない!
    という訳にはいかないでしょう。
    雨の日には、子どもがすっぽり入る
    レインカバーが必要になります。

保育園の布団!雨の日はみんなどうしてる?

保育園の布団は週末が雨の場合でも
持ち帰るように言われてしまうところもあります。
しかし、保育園によっては布団カバーだけ持ち帰って
洗濯すればOKなところもあります。
保育園によって違うので確認してみるといいでしょう。

他にも、布団を持っていかなければいけない日が雨の場合には、
自転車でいかずに
歩いて保育園に連れていくという人もいます。
他にも、布団がある日が雨の場合は
祖父母に車で送ってもらうという人もいます。
布団を持っていく日が雨の場合は、
先に布団を保育園まで運んで、
後から子どもを連れていくという人もいます。

それぞれ家庭によって布団を持ち帰る日、持っていく日が
雨の場合をどうするか決めておくといいでしょう。

まとめ

雨の日に自転車に乗り布団を持っていくのは危険です。
歩いていくか、車で送ってもらうか、タクシーを使うなど、
なるべく安全な方法でいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする