出産準備はいつから何を?優先準備が大事

スポンサードリンク

安定期に入るとつわりも治まりはじめ、
少し余裕ができますよね。
そのため安定期から出産準備をし始める方は
多いのではないでしょうか。

しかし出産準備って、
いつ、何から準備し始めればよいか迷いませんか。
そこで、出産に向けての準備のポイント
体験談をもとにご紹介させていただきます。

出産準備はいつから?何から始める?

スポンサードリンク

産院やベビーグッズを取り扱うお店に行くと、
出産に必要な物リストがもらえます。
それらを準備していけば大丈夫なのですが、
準備をするものはたくさんありますよね。

いざ準備をしようと思っても
何から準備するべきなのか迷いませんか。
出産準備に向けて買い出しをする際は
優先順位を決めていくといいですよ。

まずお母さんの体が変わっていくため、
お母さん自身が必要なものから準備しましょう。
妊娠5ヶ月くらいからお腹もふっくらしてくるため、
それより前には体に合わせて
マタニティインナーなどを準備しましょう。
また洋服もお腹を締め付けない
マタニティー用の服があるといいですよ。
この時産後も着られるよう、
授乳ができるタイプの物を選ぶことをおすすめします。

次に安定期に入ったら早めに入院準備をしておくといいです。
予定よりも早く出産になったり、
妊娠中は体調の変化も激しいため
予定になかった入院をすることになる事があるからです。
私も出産前に切迫早産や妊娠高血圧症などになり
予定していなかった入院を何回かしました。
そんな時、入院準備を早めにしておいてよかったなと
実感しましたよ。

特に出産後に使用する産褥ショーツ
お産用のパッド、母乳パッド、
などは早めに用意しておきましょう。

自分で用意しなくても
産院で貸してもらえる場合もあります。
ですが上記の物はデリケートな部分に使うものなので、
自分の物を用意しておく方が無難ですよ。
出産が早まってしまった時、
まだ準備しておらず手元にないとなると結構大変です。

自分のものが用意できたら
次は赤ちゃんの物を用意してあげましょう。
赤ちゃんのものは肌着ガーゼなど様々あります。
可愛いものばかりで選ぶだけで楽しくなりますよね。
赤ちゃんのものはベビーグッズのお店に行くと、
準備リストがあるところが多いので
それを参考にするといいですよ。

また入院中は産院でも
肌着や哺乳瓶などを貸してくれるところが多いです。
病院で赤ちゃんが使えるものを確認してから
準備することをおすすめします。

特に哺乳瓶は赤ちゃんの吸う力によって
飲み口のタイプが変わります。
買っておいて使えないとなってはもったいないので、
産院で貸してもらえるなら
赤ちゃんが飲みやすい哺乳瓶を見定めてから
買ってもよいのではないでしょうか。
使ってみないとわからないということもあるので、
赤ちゃんのものはもちろん準備する必要はありますが
優先順位を最優先にはしなくて良いかと思います。

出産に向けて準備しなくてはいけないものはたくさんあります。
闇雲に購入しに行くのではなく
優先順位を明確にしてから購入しはじめると
買い漏れがなくていいですよ。

意外と忘れがち!?入院準備も忘れずに!


出産に向けて準備をするのは楽しくもあり、
大変でもありますよね。
そんな出産準備をする時のポイントをご紹介します。

準備をする時、荷物は大きく3つに分けておくと便利です。
「陣痛で病院へ行く時の荷物」
「産後の入院の時に使う荷物」
「赤ちゃんのもの」
の3つです。

特に陣痛の時に病院へ持って行く荷物と
産後の入院で使う荷物は
バックを分けて準備しておくといいですよ。

陣痛が来た時に家族が近くにいない事もあります。
そんな時一人で病院へ向かわないと行けないので
荷物は最小限、陣痛の時に持って行くべきものだけ
まとめておきましょう。

私はまさに陣痛が始まった時、一人でした。
陣痛が強くなってくると歩くのも精一杯どころか困難です。
私は荷物を分けていなかったので
全部持っていくことになり、
ものすごく大変な目にあいました。
運べないうえ、到着してからは
使いたいものがすぐ出てこないのです。
少ない荷物で身軽に
病院へ行けるようにしておくべきだったと反省しましたよ。

出産準備というと赤ちゃんの洋服やグッズなどを
思い浮かべると思います。
もちろんそれも大切ですが、
忘れがちなのが入院準備なんです。
入院準備は必ずしておきましょう。

まとめ

大きなお腹で準備するのは嬉しい反面、大変です。
準備も助けてもらいながら進められるといいですね。
可愛い赤ちゃんに会えるのを楽しみに
準備も頑張ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする