上履きを洗濯機で洗うなんて汚いは古い!綺麗に洗えるコツ5つ!

スポンサードリンク

毎週のように持って帰ってくる上履き、
手洗いするのは骨が折れますよね。

上履きも履いているうちに
なかなか汚れも取れなくなってきます。

そこで強い味方が洗濯機なんです。
しかし上履きをただ洗濯機に入れて回すと
型崩れしたり、思った以上に綺麗にならなかったりします。

そこで、上履きを洗濯機で洗うコツをご紹介します。

上履きを洗濯機で洗うコツ!きれいに洗えるおすすめの方法

スポンサードリンク

そもそも洗濯機で上履きが洗えるなんて驚きですよね。
上履きの作りはゴムと布です。
そのため丈夫な作りとなっており、
洗濯機でも洗う事ができるのです。

しかし上履きをそのまま洗濯機に入れるだけでは
頑固な汚れは落ちてくれません。
上履きを洗濯機で綺麗に洗うコツがありますのでご紹介します。

まずコツの1つ目は靴底の汚れをとることです。
やはり靴底は汚れやすいため、
洗濯機で落ち切らない場合もあります。

それにたまに何を踏んだの?と思うような汚れが付いている時もありますよね。
軽くでいいので、古くなった歯ブラシを使ってシャッシャッと洗ってあげる
洗濯機での洗い上がりも綺麗ですよ。

そしてコツの2つ目が下洗いです。
下洗いと言ってもゴシゴシと力一杯洗わなくても大丈夫。
つけおき洗いをすればいいのです。

洗面器に上履きが浸かるくらいの水を入れ、
液体洗剤をその中に入れてください。
洗剤は普段洗濯に使う時の半分くらいの量でいいですよ。

この時洗濯用の漂白剤を一緒に入れてあげると、より綺麗になります。
漂白剤も普段洗濯に使う量の半分でいいです。
1〜2時間くらいつけ置きしてください。
あとは軽くすすいで洗濯機で洗えば真っ白になります。

コツの3つ目は、洗濯機で洗うときは中敷を抜くことです。
中敷を敷いたままだと
靴の中まで洗剤が行き届かず
綺麗にならない事があります。

また物にもよるのですが、
私は以前中敷を一緒に洗ったら
縮んでしまったことがありました。

ほとんどの上履きなら
中敷も洗濯機で洗えるので大丈夫ですが、
中には縮む事もあるので注意してください。

そしてコツ4つ目は洗濯ネットに入れて洗うことです。
ネットに入れずに洗うと
上履きはもちろんですが洗濯機が痛んでしまいます。

最近は靴専用の洗濯ネットも販売されていますが、
普通に洋服を入れるネットで大丈夫です。

しかしネットは平らなものでなく
ボックスタイプのものを使った方が
型崩れしにくくなりますよ。

最後5つ目のコツは、
洗うときは液体洗剤を使うようにしてください。
以前粉洗剤を使った事があるのですが、
洗剤カスが靴に付いてしまい
結局手洗いするはめになりました。

液体洗剤の量は普段の洗濯と同じ量か
少し多めくらいでいいです。
水の量は普段より多めにすると
上履きも洗濯機も傷つきにくいですよ。
また洗うコースは普通コースで大丈夫です。

そして干す時は陰干ししてくださいね。
直射日光に当たると縮んでしまう恐れがあります。

最近は100均に靴用のハンガーなども売られているので
利用すると便利ですよ。

上履きを洗濯機で上手に脱水する方法

上履きを洗濯機に入れて洗ったはいいが、
脱水の時にすごい音がして
びっくりしたことはありませんか。

私も以前、脱水が始まったと同時に
ガタガタと今にも壊れそうな音がして
焦った事があります。

かといってビタビタのまま干すのは
なかなか乾かないので困りますよね。
また普通に脱水しては
上履きも洗濯機も傷つく恐れがあります。

そこで上履きを洗濯機で上手に脱水する方法をご紹介します。

上履きをネットに入れただけでは
ガタガタ音がなりますし、傷つきやすくなります。
そんな時に大活躍してくれるのがタオルです。

タオルを巻いてネットに入れる
音も小さく、靴も洗濯機も傷つきませんよ。
タオルは巻くだけでもいいですが、
靴の中にタオルを入れておくと
より一層乾きもよくなり、型崩れもしにくくなります。

靴の型崩れは特に脱水の時になりやすいので、入れておくことをおすすめします。

タオルならどのご家庭にもあるので、
わざわざ買わなくていいです。
ぜひやってみてください。

まとめ

最近はコインランドリーに
靴専用の洗濯機も置いてあるくらいです。
上履きを洗うのは結構大変ですよね。

洗濯機を利用するとだいぶ負担が減るので
ぜひやってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする