お年玉の相場は自分の子の場合いくら?あげすぎを防ぐには?

スポンサードリンク

子どもたちのお正月の楽しみといえばお年玉ですよね。
子どもたちは楽しみでも、
大人たちは年末年始の出費で
正直お財布が痛いところです。
ですがあげないわけにはいきません。

しかし、自分の子と親戚の子では金額は違うものなのか、
もらったお年玉は子供に管理させてもいいものか、
お金が関わると迷う事も多くありませんか。
そこでお年玉に関わる疑問についてご紹介します。

お年玉の相場は自分の子の場合どれぐらい?親戚が多い場合は自分の子にはあげない?

スポンサードリンク

お年玉は親戚の子が多いと
かなり痛い出費になりますよね。
自分の子供にはあげるべきなのかも迷いどころです。
お年玉の相場は

  • 幼稚園以下は500円〜1000円
  • 小学校低学年1000円〜2000円
  • 小学校高学年2000円〜5000円
  • 中学生や高校生、5000円〜10000円

が相場だそうです。

我が家も似たような感じで、
幼稚園児の息子のお年玉袋には
1000円が入っている事が多いです。

また小学校2年生の甥っ子には2000円、
5年生年の甥っ子には5000円を渡しています。
そして初詣などで
急にたまたま親戚の子と顔を合わせた場合にも渡せるよう、
一律1000円を入れたお年玉袋を何個か用意しています。

少子化で子供が少なくなったとはいえ、
親戚の子供がある程度多いと、
正直自分の子の分はどうしようかなとも思いますよね。
自分の子にお年玉をあげるかは
それぞれのご家庭の考え方や経済状況にもよります。

お年玉を自分の子にもあげる
というご家庭の考えは

  • 自分自身が幼い頃に親からもらっていたから
  • そもそも親戚が少なく子供自身もらえるお年玉が少ないから
  • お年玉は子供にとってお正月の楽しみだから

などが理由のようです。

またお年玉は親戚の子のみというご家庭には、

  • 自分が親からはもらっていなかったから
  • たくさんの親戚からもらえるから

などの理由があります。

我が家でも私は親からもらっていたので
あげるものだと思っていましたが、
主人はもらっていなかったので
自分の子にはあげないと考えていました。
そのため話合い、
子供が小学校高学年になったら親からもあげよることにしました。

あげるのが常識、あげないのは非常識
なんてことは一切ありません。
自分の子にあげる、あげないは
家庭でルールを決めて、
子供に親としての考えを
伝えてあげることが大切なのです。

お年玉をもらったら子供にそのまま渡す?親が管理する?


幼い頃は親がお年玉を管理する方が多いと思いますが、
小学生になると管理をどうしようか迷いませんか?
お年玉は子供がもらったものなので
そのまま渡してあげるべきかなと思いつつも、
少し不安なところもありますよね。

そこで、お年玉を子供自身に管理させる場合と親が管理する場合の、
メリットや注意点をご紹介します。

まず、子供自身に管理させるのは
不安ではありますがいい事もあります。
自分で管理させることで、
お金を使う事を子供自身に考えさせることができます。

  • 使ったら残りはどれくらいになるのか
  • 欲しい物を買うにはどれくらいのお金が必要なのか
  • 欲しい物が多数ある時はどうするのか

お金に関わる事を考えさせる事ができます。
使いすぎて最初は失敗もあるかもしれませんが、
限られたお金の中でやりくりする方法を学べますよ。

ですがそのまま全額渡すのは不安も大きいと思います。
何に使っているかわからないのも怖いですよね。
そこで子供に管理させる際におすすめの方法があります。

私は幼い頃、
もらっていたお年玉は自分で管理させられていました。
そしてノートなどに
もらった金額と使った金額、
購入した物を記録し親に報告していました。

この方法なら、子ども自身に管理させても、
何にどれくらい使っているのか
親が把握できるためおすすめですよ。

お金を渡す事は不安もありますが、
実際に自分で使わせてみることで、
お金の大切さや、やりくりする考えを
身につけられるのではないでしょうか。

また親が管理する場合の良い点は、
なんと言っても安心ですし、
貯蓄にまわしてあげることで
本当に必要な時に使ってもらえます。

子供にお金を渡すと
子供のお金だから仕方がないと思いつつも、
そんなくだらない物買ってと思う事もありますもんね。

しかし親が管理する際にも注意は必要です。
全額貯金するとなると手元にお金がなくなります。
目に見えない所にあると子供は、
お金をとられちゃった!と思う事もあるでしょう。

貯金する時は子供と銀行やATMに行って、
子供自身に通帳に入れるようにさせると
よいのではないでしょうか。
お年玉は子供のものですから、
子供が納得するよう管理をしてあげてください。

お年玉は子供に管理させるか親が管理させるか、
それぞれに良い点や注意する事があります。
親子で話し合って
それぞれのご家庭の考えに合ったルールを
決められるといいですね。

まとめ

子供にお金を触らせるということは
心配な事もありますが、
使わせてみないと大切さやありがたみが
わからない部分もあります。

お金は生きてく中で必ず必要となってくるものです。
お金について家庭でルールを決め、
親の考えを伝える事は
子供の成長に大切な事なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする