子育てを楽しむコツは?イライラを解消して子育てが楽しくなる方法

スポンサードリンク

我が子は本当に可愛いですが、
育児は本当に大変ですよね。

自分の時間もなかなかとれないですし、
寝られない日も続くのでイライラする日もあると思います。

私も可愛い反面よくイライラしてしまいます。

ですがせっかくの育児です。
イライラしながらするより、
楽しみながらしたいですよね。

そこで楽しく幸せに育児をする方法をご紹介します。

子育ては大変だけど楽しい!幸せを感じる子育てへの考え方は?

スポンサードリンク

子育ては大変だけど楽しい!
と思えたらすごくいいですよね。
私も4歳になる息子がいます。

寝られない日が続いたり、イヤイヤ期があったりと
正直、育児が辛いなと思った事が沢山ありました。

以前は育児が辛くて
嫌だ嫌だとばかり思っていましたが、
考え方を変えていくことで
育児を楽しめるようになってきたのです。

そんな育児を楽しむ方法をご紹介します。

ダメダメ言わない
私は外に出た時恥ずかしくないようにと
つい厳しくあれもダメ、これもダメと言いがちでした。
ですが制限すると
子どもは余計にやらかしてくるのです。

ダメダメ言うのは親にとってもストレスですよね。
危ない事や人を傷つける事は
もちろん注意する必要があります。

ですがダメダメと言わず、
一度やらせてみてください。

子どもはやらせてみた後、ちゃんと説明すれば
大人が思っているより理解してくれます。

やってみたい!という気持ちも満たされて
意外とすんなりやめますよ。

子どもを信じてみるとイライラが減るだけでなく、
思っていたよりも成長を感じられる
おまけまで付いてきます。

この時ダメな事をやらせてしまったと思うのでなく、
子どもの経験値が増えたと思うようにすると
育児を楽しめるのではないでしょうか。

余裕をもつ
同じ事をしてもイラッとしない時もあれば、
イライラする時もありますよね。

どういう時にイライラするのでしょうか。
思い返してみると
時間や自分に余裕がない時のように思います。

時間の余裕は工夫次第でいくらでも作れます。
5分前行動、それでもダメなら10分余裕を持って動く事で
びっくりするほどイライラも軽減できますよ。

また育児は体力勝負です。
疲れていてもイライラが募ります。
育児を一人で抱え込まず、家族を頼ったり、
時には託児サービスなど利用するのもいいですよ。

預ける時に泣かれると心が痛みますが、
泣くのは預ける一瞬です。
そっと覗いてみると、
子どもは案外けろっと遊んでいるものです。
リフレッシュしてニコニコのお母さんの方が
子どもも喜びます。

視点を変える
子どもを強くしかってしまったりする時は、
周りの目が気になったり、
こんな事をしたりして将来大丈夫かなと
不安になるからではないでしょうか。

もしかしたらこんなふうに思われているかも、
もしこうなったらとうしよう、など
実際にあるのかないのかわからない
「もし」に囚われていると育児が辛くなります。

実際に他人の子が泣いている姿を見ても、
なんて迷惑なんだ、嫌な子だ!
なんてあまり思いませんよね。

赤ちゃんが元気に泣いている、
喋れないから仕方がないよね、可愛いな、
と思うくらいではないでしょうか。

周りは思っているほど
こちらを非難したりしていませんよ。
また子どもがわがままを言ってきた時も、
私を困らせて楽しいのと一瞬思うかもしれません。

私は思っていました。
ですがこれも私に甘えたかっただけなのかも、
私に構って欲しかっただけなのかもと
視点を変えてあげると可愛く思えてきますよ。

違う立場となり考えの視点を変えて、
考えの引出しを多く持つことで
育児はぐんっと楽しくなります。

子育てを楽しむ秘訣は完璧を求めようとしないこと!

子育てをしていく中で
一番大切なのは完璧を求めないことです。

これは子どもに対しても、自分に対しても、ですよ。

私も完璧主義なところがあります。
そのため育児も完璧にしたいと思っていました。

ですがそのように完璧を求めていると
子どもの欠点にばかり目がいってしまいます。
落ち着いて見てみると
子どもには良いところやできる事がいっぱいあるのに、
それを見落としてしまっていました。

後で、なんてもったいない事をしたんだと思いましたよ。

また完璧を求めると
子どもにとってもプレッシャーになります。
子どもは失敗を恐れ、
チャレンジする事をしなくなってしまうのです。

子どもは親が思っている以上の能力があります。
チャレンジさせない事は
子どもの成長の芽を潰してしまう事になってしまいますよ。

実際にうちの子は、
できなかったら恥ずかしいからやらない
と言う事が時々あります。

失敗を怖がる子にいろいろさせるのはとても大変です。
失敗してもいい、むしろ失敗は沢山した方がいいと
親も子も思えると育児の可能性はもちろん、
楽しさや幸せも広がっていきます。

私も完璧を求めた事で
子どもにプレッシャーを与えてしまい、
自分自身も追い込んでいた事を痛感しました。

後悔して今は完璧よりも、他人と比べるよりも、
子どもの中での成長を認めて楽しむように
徐々にしていきました。
完璧を求めなくなった事で、
親も子も楽になれましたよ。

まとめ

子育ては本当に大変ですよね。
悩んだり落ち込んだり、
精神的にも肉体的にも大変だと思います。

ですが自分一人で抱え込まず、
周りに助けてもらいながら育児をしてください。
お母さんに余裕がありニコニコしてくれていると、子どもも嬉しいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする