赤ちゃんがはちみつを食べてしまった!病院に行くタイミングは?

スポンサードリンク

ほとんどのお家にはちみつがあるのではないでしょうか?
栄養価が高いうえに、
甘くて美味しくて料理にも使えるので
ひとつあると重宝しますよね。

でも1歳未満にはちみつを与えてはいけないと言うことは
いろんな場面で注意喚起がされています。

はちみつが使われている食品のパッケージなどに
表記されているのを見かけたことがありませんか?

でも赤ちゃんが誤って食べてしまった!!
なんでも口にいれる赤ちゃんなら
誤飲や誤食はよくあることなので
まずは慌てないでください。

でもそんな時にどんな影響があるのか
とても不安ですよね。
赤ちゃんの命の危険に関わると言われるはちみつ。

はちみつはなぜいけないのか、
病院へ行った方が良いのか、詳しく説明します。

実は知らない!?はちみつが赤ちゃんにもたらす影響や症状とは

スポンサードリンク

なぜ生後1歳未満の赤ちゃんに
はちみつを与えてはいけないかというと、
ボツリヌス菌による乳児ボツリヌス症
かかりやすい為です。

ボツリヌス菌とは土壌中や河川、
動物の腸管など自然界に広く生息し、
酸素のないところで増殖、
しかも熱にきわめて強いと言われております。
なので、普通の加熱や調理では死にません。

では乳児ボツリヌス症とはなんでしょうか。

消費者庁によると、
生後1歳未満の赤ちゃんの腸内環境は
大人とは違って整っていないので、
腸管内でのボツリヌス菌の定着と増殖が
起こりやすいとされます。

ボツリヌス菌は、
芽胞(がほう)というものを形成しますが、
この芽胞で汚染された食品を赤ちゃんが食べると、
腸管内で発芽、増殖して、毒素をどんどん作り、
結果、乳児ボツリヌス症を発症することがあります。

そして症状は、
便秘が数日間続き、全身の筋力低下、脱力状態、
哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、
特に、顔面は無表情となり、
頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなる
といった症状を引き起こします。

ほとんどの場合、
抗毒血清による治療により治癒するのですが、
怖いことにまれに亡くなってしまうこともあるという
怖い病気です。

間違って食べてしまったあとに
何か赤ちゃんの様子がおかしいと思ったら
まずはすぐかかりつけの病院へ行ってください。

そもそもはちみつはいつから食べて大丈夫?

生後1歳以上になると、
離乳食等により腸内環境が整う時期となるため、
はちみつを与えても大丈夫になります。

はちみつは栄養価の高い食品ですので
ついつい早めにあげてしまいたくなるのですが、
生後1歳以上になってから与えましょうね。

ちなみに大人は
すでに腸内環境が整っているため、
ボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けてしまうので
食べても通常は影響ありません。

授乳をしているママも
母乳から赤ちゃんに移行することはないので
安心して食べてくださいね。

しかし離乳食後期から食べられると記入されているお菓子に
はちみつがはいっていたことも実際はあるみたいなので、
神経質になる必要はありませんが確認してみてください。

まとめ

ミルクや母乳がメインで育っている赤ちゃんは
まだ大人と腸内の環境が全然違うため、
生後1歳までは、はちみつを与えてはいけない
ということは理解していただけたでしょうか。

なので、滅多におられないと思いますが
1歳までほとんどミルクや母乳だけで育てているというママは
離乳食が進むまではリスクがあるかもしれないので要注意です。

でもちょっと目を離した隙に
赤ちゃんがはちみつを食べてしまったら
とても焦りますよね。

でも急に症状をおこして
亡くなってしまうというものではないので
安心してください。
しばらくは赤ちゃんの様子を見て
おかしいなと思ったらすぐ病院へ行ってくださいね。

そしてまずは
はちみつを赤ちゃんの手の届かないところへ置くように
徹底しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする