お宮参りはいつ頃行くの?里帰り出産した時は里帰り先で行くべき?

スポンサードリンク

赤ちゃんが産まれるとお宮参りに行きますよね。
赤ちゃんの大切なイベントなので、
自分の両親からも義理の両親からも
お宮参りに参加したいと申し出されている方も
多いのではないでしょうか。

しかしお宮参りのしきたりなど
わからないことも多くありませんか。

そこでお宮参りについて調べてみたので、
ご紹介します。

お宮参りはいつ誰といくのが最適?里帰り先と戻ってから二回行ってもいいの?

スポンサードリンク

そもそもお宮参りとはなぜするのでしょうか。

お宮参りは、その土地の守り神である氏神様に
赤ちゃんが産まれた事を報告しに行くものです。

そこで報告をして、
赤ちゃんの健康と成長を願う行事とされています。

そのため基本、お宮参りは
住まいの氏神様でお参りをすることが
習わしとなるのです。

行く時期は、男の子は生後31日、
女の子は32日とされています。
しかし子どもの体調や家の都合、時期などもあるので
ずれてしまっても大丈夫です。

生後1ヶ月くらいの時期を目安に
行ってあげればよいのではないでしょうか。

我が家もお宮参りは
夫の仕事の都合や体調で少しずれて、
生後1ヶ月半後くらいに行きました。
1ヶ月すぎてしまったからと言って、
神社の人や周りの人に
何か言われるなんて事はありませんでしたよ。
特に問題ありません。

またお宮参りには、実家の両親、義理両親、
私たち夫婦と子どもで行いました。
基本は赤ちゃんの両親、
父方の祖父母で参加するとされています。
ですがこれも母方の祖父母や
赤ちゃんの叔父、叔母が参加してもいいものです。

実際にお宮参りに行くと、
両家の祖父母が揃っているところや
叔父、叔母が来ているご家庭がたくさんいましたよ。

また赤ちゃんの両親だけのところもいました。
今はお宮参りに特に厳しい決まりなどはあまりないようです。

実家の両親も義理両親も
どちらもお宮参りに参加したいけれど、
遠くて難しいという事もありますよね。

そんな時、里帰り先でお宮参りしたいなと
思ったことはありませんか。
お宮参りは2回してもよいものなのでしょうか。

お宮参りはそもそもの意味から考えると、
里帰り先と合わせて2回行くというのは
本来あまりしません。

ですが最近ではその風習もゆるくなり、
自分の両親にも義理両親にも
お宮参りに参加してもらえるよう
2回行う人も増えてきています。

2回したからといってバチが当たるわけではないので、
みんなが気持ちよく子どもの行事に参加できれば
よいのではないでしょうか。

しかし中には、特に祖父母世代は
しきたりや風習に厳しい方もいます。
自分の親や舅、姑がお宮参りに対して
どのような考えを持っているか
確認はした方が良いですよ。

我が家でも実家と義理実家の両方から
お宮参りに参加したいと申し出がありました。
しかし姑がしきたりに厳しい方だったため、
2回はできませんでした。

そこでうちの両親がこちらに来て、
実家の両親、義理両親、
夫と私、息子でお宮参りに参加しました。

うちの場合は、両親はしきたりや風習は認識していますが
柔軟なタイプなため、すんなりこちらに来てくれて、もめずにすみました。

中には一歩も譲らないという方もいると思います。
のちのちしこりができてしまわないよう、
意見が食い違った場合は、
しっかり話し合いをしてくださいね。

お宮参りは実家よりも自宅近くの氏神様にお参りした方がよい?

上記でもご紹介したように、
お宮参りは土地の守り神に赤ちゃんが産まれた事を
報告するために行っています。

そもそものお宮参りの意味から考えると、
実家の氏神様よりも
自宅の氏神様にお参りをする方が普通です。

ですが自分の両親も義理両親も
お宮参りに参加したい気持ちがありますよね。

風習やしきたりをあまり気にしないということであれば、
実家の氏神様にお参りしてもよいのではないでしょうか。
個人的には2ヶ所も報告できた!と思えます。

ですが舅や姑がどう思うかだけは、
確認してからにしましょう。
せっかくの赤ちゃんの儀式が原因で、
仲が悪くなってしまってはもともこもありません。

まとめ

せっかくの赤ちゃんの誕生を
報告し祝う行事です。
しきたりや風習も理解しつつ、
家族みんなが気持ちよく参加できるといいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする