子供服の収納もジップロックが大活躍!サイズアウトした服はどうする?

スポンサードリンク

子どもはあっというまに大きくなるため
子供服は増える一方ですよね。
子供服といえども増えると収納が追いつきません。

しかし、子どもの洋服は思い出もありますし、
もう一人産まれるかもしれない、と考えると
なかなか捨てられないのではないでしょうか。

我が家でも子供服がクローゼットを占領し、
収納には苦労した時期がありました。

そこで実践している子供服の収納術
ご紹介致しますので参考にしてみてください。
ベビー服でも便利ですよ。
ベビー服バージョンはコチラをチェックして下さい。
ベビー服はジップロックで保管!

子供服の収納もジップロックを使おう!

スポンサードリンク

はじめに、子供服を収納するにはポイントが3つあります。
サイズ別に分類する、
中身が見えるもので収納する、
中身のアイテムを記入する
という3つです。

また、収納する際は季節ごとに収納するのも
後で取り出す事を考えると便利です。

上着などは特に来年も着られるかも、
なんてことがありますよね。
実際にうちの子は細身なので、
去年来ていた服が着られることがいっぱいあります。

サイズは同じものでまとめるようにし、
夏物、冬物、秋春物の3つに分類しましょう。
またその中でも、上着やズボンなど
アイテム別で分けておくと、なお便利になります。

私は以前、着なくなったものを
どんどん袋や箱に入れていっていました。

しかしそれだと、
やっぱり使いたいという時にすぐ取り出せず不便で、
しかも結局何が入っているのか
わからなくなっていたのです。

収納する時は何がどこにあるのかわかりやすく、
また取り出しやすくしておくといいですよ。
収納するポイントをおさえ、
年齢別に子供服を収納する際に
使えるアイテムをご紹介します。

コートやジャケットなど冬服は
子供服といえどもかさばりますよね。
そんな時はジップロックがおすすめです。

圧縮袋というと
掃除機などで空気を抜かなくてはならず
少し面倒なイメージがありますよね。
しかし旅行用の圧縮袋なら
手で空気を抜くことができるので便利です。
これも袋が透明になっているので
何が入っているか一目でわかります。

季節ごとに収納する際、特に冬服の収納には
スペースを削減できる圧縮袋がおすすめです。

ペッチャンコで大丈夫かなと思うかもしれませんが、
袋を開けてあげれば一瞬で空気が入り
元通りになるので安心してください。

また、我が家で大活躍している収納アイテムが
コミック収納ケースです。
100均などで手に入りますよ。

コミック収納ケースは
蓋の部分が透明になっているので
中身が見えるように収納することができます。

またケースのサイズも
通常市販で売っている洋服収納のケースより小さいため、
年齢別、アイテム別に
子供服を収納するにはピッタリなのです。

そして私が一番気に入っているところは、
ケースの素材が布のようなので
通気性が良いところです。
袋に入れておくとカビが生えやすいですが、
これならカビを防止してくれますよ。

コミック収納ケースで揃えて収納すれば、
ケースの大きさも同じであるため、
ケース自体も綺麗に収納できますよ。

私も袋で保管していた時より
コミック収納ケースに変えてからは、
見た目も綺麗でどこに何があるか
わかりやすい収納になりました。

ケースの外に「◯歳夏服 上」のように
記載をしておけばよりわかりやすくなります。

子供服でサイズアウトしたものはどうする?

サイズアウトした子供服も一旦保管しておくことが多いですよね。
その時にダンボールを使う事がありますが
これはあまりおすすめしません。

ダンボールは手軽に手に入り、
丈夫なので使い勝手がいいので
私も以前はよく使っていました。
しかしダンボールはゴキブリやダニが発生しやすく、
カビも生えやすいのです。
子供の洋服を保管するので
虫やカビは避けたいですよね。

定期的に出し入れするものや、一時保管するなら、
ダンボールは軽くて丈夫で加工しやすいメリットがありますが、
子どもの物を保管するなら避けた方が無難かもしれません。

一定期間保管しても困ってしまうこともありますよね。
とっておいたはいいが結局着なかったものも
中にはあるのではないでしょうか。

保管するだけでなく、
人に譲ったりフリマアプリを利用したり、
リサイクルに出すのも一つの方法です。

フリマアプリなどは手軽に始められるうえ、
多少のお金になります。
リサイクルなども環境保護に役立つのでいいですよ。

思い出がたくさん詰まった大切な子供服が、
大切にしてくれる人のところにいくと嬉しいですよね。
感謝の気持ちを持って
洋服を手放すことも一つの方法です。

ただお下がりを人に譲る時には注意した方が良いこともあります。
受け取る方にとっては実は迷惑ということもありえるので、気をつけたいですね。
子供服のお下がりは実は迷惑?!

まとめ

気付くとどんどん増えていくのが子供服です。
子供服をとっておくなら収納は大切。
取り出すことを想定して、
どこに何があるのか
わかりやすい収納をするといいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする