家庭訪問のお茶はペットボトルで良い!?家庭訪問のマナー教えて!

スポンサードリンク

先生がきてくれる家庭訪問
子どもも親もドキドキで心配が尽きないですよね。
そんな家庭訪問ですが、お茶は用意するものなの?
そんなことを考えたことはありませんか?
「先生といっても…お客様になるのだから、
お茶くらいは用意しなきゃ」
そんな風に思う人もいます。
そこで、家庭訪問で“お茶”をどうしたらいいのか、
疑問を解決しましょう。

家庭訪問のお茶はペットボトルでもいい?

スポンサードリンク

家庭訪問で先生に用意するお茶は
ペットボトルでも問題ありません。
それより、家庭訪問の順番によって、
先生はペットボトルのお茶のほうが
嬉しい場合があるのです。

家庭訪問の順番が1日の終わりの場合だと、
それぞれの家庭で出されたお茶を
飲んできていることが考えられます。

すると、もうお茶は飲めないかもしれません。
そこで、ペットボトルのお茶なら
その場で飲まなくても、持ち帰ってもらうこともできるのです。

先生にとっても
ペットボトルのお茶が嬉しい場合もあるのですよ。

家庭訪問では先生にお茶を用意するのが正しい!?

家庭訪問で先生にお茶を用意するのが
正しいというわけではありません。
それよりも、先生にお茶を用意してもいいし、
用意しなくてもいいのです。

これが答えになります。
それでは答えになっていないと思う人もいるかもしれませんが、
特に決まりはないのです。
家庭訪問は少しの時間で先生が家庭にこられるのです。

のんびりとお茶を飲んで、
お菓子を食べにくるわけではないのです。
子どもの学校での様子や
家庭での様子などをお話ししにくるのです。

先生にお茶を用意するかどうかは
それぞれの家庭で決めていいのです。

一応、家庭訪問といっても
先生が家まで来てくれるので、
お茶くらいは用意しておこうという人が多くいます。

一つ注意したいのは、学校から事前に
「家庭訪問時のお茶、お菓子の用意はしないでください」
という案内がある場合があります。
その場合は、何も用意しないでくださいね。

そもそも家庭訪問では、冷たいお茶?温かいお茶?どっちが正しい!?

家庭訪問で先生にだすお茶を用意することにして、
お茶は冷たいお茶と温かいお茶の
どちらを用意しようか悩んでしまうことがありますよね。

お客様にお出しするお茶は
“温かいお茶”にする人が多いでしょう。
その為、先生に用意するお茶も
温かいお茶を用意する人が多いのです。

しかし、家庭訪問の季節によっては暑い日もあるでしょう。
そんな日に先生が家庭訪問にこられる場合は、
冷たいお茶を用意するといいでしょう。

暑い中訪問し、温かいお茶を飲むのは
気が引けるかもしれません。
ほんの少しの心遣いで、
温かいお茶にするのか、冷たいお茶にするのか
決めるといいでしょう。

また、お茶は先生の分だけでよいでしょうか?
自分の分もいるのかな?
と、気になる方も多いと思います。
家庭訪問の時自分の分もお茶を用意した方が良いのか
どうかは別記事にしましたので是非読んで下さいね。
家庭訪問のお茶は自分の分も必要?

失礼のない家庭訪問にするためのマナーは?


家庭訪問は少ない時間で
それぞれの家庭をまわっていきます。
お茶やお茶菓子を出す場合は
先生がこられた際にはじめに出します。

そして、話したいことは簡潔にしましょう。
世間話など必要のない話ばかりしないようにしましょう。
先生も話したいことがあります。

先生が来るからといって、気合を入れて掃除して、
ビシッと服装まで決める必要はありません。
見られても恥ずかしくない程度の掃除でいいでしょう。

服装もカジュアルすぎなければ
普段着ているもので問題ありませんよ。

まとめ

家庭訪問は、はじまるまではドキドキして
心配ばかりしてしまうかもしれません。
しかし、いざ始まってしまえば、
すぐに終わってしまうのです。

あまり、気を遣いすぎる必要はありません。
先生も親が気にするほど、
色々なことを見るわけではありません。
先生をお迎えする最低限の心遣いがあれば大丈夫ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする