家庭訪問のお茶は自分の分も用意しよう!先生の緊張をほぐすために大切!

スポンサードリンク

子どもはもちろんドキドキの家庭訪問ですよね。
先生に何を話されるのか、気になって心配になるでしょう。

しかし、子どもと同じくらいドキドキしているのが親なのです。
先生に何を話されるのかドキドキなのです。

そんな家庭訪問ですが、
先生をお迎えするのにお茶はどうするの?
と悩んだことはありませんか?
先生は忙しい中で家庭訪問をしてくれます。

家庭ではどう先生をお迎えするのか、
そこで先生に出すお茶にポイントをあててみました。

これでいつ先生が家庭訪問にこられても大丈夫ですよ。

家庭訪問のお茶は自分の分も準備!

スポンサードリンク

家庭訪問で先生にお茶を用意する場合、
自分の分も用意するといいでしょう。

先生だけにお茶を用意して、
“どうぞ飲んでください”と勧められても、
先生はお茶を飲みにくいのです。
自分も一緒にお茶を飲むことで、
先生もお茶を飲むことができますよ。

もし、家庭訪問を玄関先で座ってお話する場合は、
湯飲みにお茶を入れて用意してもいいのですが、
ペットボトルのお茶を用意してもいいでしょう。

先生も限られた時間で家庭訪問を行っているのです。
ペットボトルのお茶なら、
その場で飲めなくても持って帰ってもらうこともできます。

もしかしたら、どの家庭でもお茶をだされて、
お茶を飲みすぎている状態かもしれません。
そこで、ペットボトルのお茶を用意するのもいいのです。

家庭訪問ではお茶は用意するの!?

家庭訪問で先生に出すお茶を用意するのかどうか、悩みませんか?
しかし、先生にお茶を出さなければいけない
という決まりはないのです。

家庭訪問にこられる先生にお茶を用意してもいいし、
用意しなくてもいいのです。
どちらをとっても間違いではありません。

学校によっては、事前に
「家庭訪問にお茶を用意しないでください」
という案内があるところもあります。

先生は限られた時間でそれぞれの家庭をまわっていくのです。
のんびりお茶を飲んで、お菓子を食べにくるわけではありません。

その為に、お茶やお茶菓子を用意するかどうかは、
それぞれの家庭で決めていいのです。

家庭訪問でのお茶出し失敗談教えて!

家庭訪問で先生にお茶を出すのに失敗してしまった
という経験があるママもいるかもしれません。

例えば、
・緑茶を出したのですが、お茶が熱すぎてしまいました。
やけどしそうなくらい熱いお茶をだしてしまいました。

・お茶を用意するなら温かいお茶と思って用意しましたが、
暑い日だったので冷たいお茶を用意しておけばよかったです。

・コーヒーを用意しておきましたが、
コーヒーが飲めない先生でした。
お茶にしておけばよかったです。

このように、お茶といっても悩んでしまいますよね。
先生は出されたお茶でそこまで困ることはないので、
あまり気にすることはないでしょう。

どんなお茶を用意したらいいの!?

お茶を用意するといっても、お茶にも種類があります。
そして、他にも、コーヒーや紅茶といった飲み物を
用意する家庭もあります。

ただし、コーヒーや紅茶は好みがあります。
人によっては苦手な人もいるので、
お茶を用意しておくのがいいでしょう。

温かい緑茶を用意するのが一番いいとされています。
しかし、暑い日には冷たいお茶を用意しましょう。

季節や気温に応じて用意するお茶を変えるといいでしょう。

まとめ

家庭訪問で先生にお茶を出す場合は、
自分の分も用意しておきましょう。
自分がお茶に口をつけることによって、
先生もお茶を飲みやすくなりますよ。

家庭訪問の順番が後ろのほうなら、
ペットボトルのお茶にするなど、
気にかけてあげるといいでしょう。

そして、“必要ならお手洗いもご自由に使って下さいね”
と声をかけてあげるといいかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする