どっちが最適!?家庭訪問でのお茶は冷たいもの?温かいもの?

スポンサードリンク

先生であっても自宅に他人を入れることに
嫌悪感を示す親御さんも多く、
最近は家庭訪問自体がなくなったり、
家庭訪問を必ずしもやらなくて良い
(学校でやる面談のみで良い)という
学校も珍しくなくなっています。

でも、教育を行う立場からすると、
お子さんが一番安心して過ごせる場所である自宅で
学校生活やこれからのお話を聞きたい、
という思う先生も多いです。

筆者も職業上、
お子さんの家庭訪問をしたことがあるのですが、
集団生活をしている時と、ご自宅にいる時では、
お子さんの表情は全く違います。

誰かを自宅に入れるのは緊張すると思いますし、
どんな配慮をすれば良いかわからないママも多いですよね。

今回はそんな家庭訪問についてお伝えします。

悩んでいるのはママだけじゃない!?家庭訪問での先生の意外な本音

スポンサードリンク

さて、家庭訪問の日程が近づくと、
そんなに悩まなくても良い、と言われつつ、
色々考えてしまいますよね。

お茶やお茶菓子は出した方がいいの?
質問などはこちらからするべき?などなど…

お茶やお茶菓子は、
必ず出さなくてはいけないものではありません。
先生や学校によっては、
生徒一人一人の平等を保つため、
いただいてもお断りする、
というルールを決めていることもあります。

ただ、何も出さないのも…と思うママさんは
簡単なお茶やお菓子を置いておくと、
場の雰囲気は作れます。

お茶は温かいものでも冷たいものでも良いですが、
私の経験では、よほど暑い日でない限り、
温かいお茶を出されることが多かったです。
(一般企業でも、お客様のお茶は
夏以外は温かいお茶を湯飲みに入れて
お出しすることが多いように思います。)
また、お茶よりもお菓子は
先生方はもっと手をつけないことが多いですが、
簡単に一つ二つ、
テーブルの上に置いておくと良いでしょう。

また、質問についても、
必ずしも考えておく必要はありません。

もちろん、学校生活でのお子さんの様子やお友達のこと、
気になることがある方は質問してください。

でも家庭訪問をする際、あらかじめ先生方は
何を話すか、ある程度考えてから訪問します。
その流れの中で、普段のお子さんの話を聞き、
気になる点を聞く、くらいで良いでしょう。

実はかえってNG!?先生が家庭訪問で求める3つのこと

では、家庭訪問でNGなことについて
筆者の親や友人が数多く現役で教員をしているので、
その中からお伝えします。

1. お茶やお菓子、豪華すぎるのは手をつけない!
上記にもありますが、
生徒一人一人の平等性を保つため、
基本的に先生方は
あまり準備されたものは手をつけられません。

後々、Aくんの家では手をつけたのに
Bくんの家ではお茶すらも飲まなかった、
Bくんのお母さんには遠慮してる!?
Aくんのお母さんとの方が信頼関係がある!?
など根拠のない憶測を避けるためです。

夕方に差し掛かると、夕食をどうぞ、
と言われることもあるそうですが、
基本的にお断りされるケースがほとんどです。

2. 質問を準備しすぎ!
お子さんの学校生活について心配事が多いのもわかりますが、
質問を用意しすぎて、
時間が想定以上に長引くのもNGです。

家庭訪問は各家庭時間が割り当てられており、
各家庭の事情も踏まえて、
綿密にスケジュールを組みます。

一つのご家庭に割り当てられる時間は限られているので、
先生のお話を聞いた後、質問は要点を絞って行いましょう。

3. 部屋を綺麗にしすぎ!
お客様が来るので、部屋を綺麗にするのは
多くの方が努力することだと思いますが、
ミニマリストのごとく、
片付けすぎるのも実は良い印象にはなりません。

本当にミニマリストな生活をしているのであれば、
それはそれで良いのですが、
家庭訪問はご家庭の雰囲気を見ることも目的としています。

こんなリビングで遊んでいるんだな、
ここでご飯を食べているんだな、と
想像することで、お子さんの生活について先生は見ています。

見られているならますます見せたくない!
というママもいるかと思います。
匂いや過度な乱雑ぶりは
家庭生活への心配に繋がりますが、
実は少々散らかっていても
そこまで先生は気にしないことが多いです。

まとめ

いかがでしょうか?
こう振り返ると、「準備しすぎ」が
かえってNGになるようです。

緊張して、完璧に掃除をして、
お茶やお茶うけを用意して…となりがちですが、
決して背伸びをせず、お子さんの様子を聞くチャンスだと
気軽に考えてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする