中部国際空港から名古屋駅までの交通手段!子連れに便利なのはどれ?

スポンサードリンク

中部国際空港セントレア中部地方の玄関口と言われる、
大きな空港です。

旅行などでここから名古屋駅の方へ観光に行かれる方も
多いのではないでしょうか。
子連れで訪れるというかたも多いですよね。

そこで子連れで楽しめる
中部国際空港についてご紹介します。

中部国際空港から名古屋駅までの交通手段は2つ!

スポンサードリンク

セントレアから名古屋駅までの交通手段は
大きく2つあります。
名鉄電車空港バスを使う方法です。

名鉄電車
空港と名鉄電車の乗り場は
隣接しているので利用しやすいです。
時間帯で出ている本数は違いますが、
だいたい1時間に6本ほど名古屋方面に電車が出ています。

電車はミュースカイという特別列車や
普通、準急、急行、快速と様々ありますが、
セントレアと名古屋駅は距離があるため、
速く行けるミュースカイを使う事をおすすめします。

名古屋駅までの金額は870円しますが、
ミュースカイに乗る場合は指定席でプラス360円必要です。
値段は上がりますが座席に必ず座れますし
30分弱で到着するため、
子連れの場合はこちらをおすすめします。

また大きなスーツケースも置く場所があるため
ベビーカーを持って乗車しても安心です。

他の列車の場合、基本座れますが
混雑時は座る事が難しく40分から50分かかります。
どの列車もトイレはないので注意してください。

むしろうちの息子はミュースカイがかっこいいからと、
これに乗りたいがために
セントレアへ遊びに行く事も多いくらいです。

空港バス
乗り場はアクセスプラザというところからになります。
到着ロビーから連絡通路を渡ると
1階のアクセスプラザへ行けるようになっていますよ。

所要時間は約1時間弱で、料金は1500円程です。
深夜0:40と早朝7:00の1日2本のみとなっています。

授乳室やおむつ交換は便利?

授乳室はほとんどのお手洗いに併設されています。
個室になっているので安心して使えますよ。

部屋の中におむつ交換台や椅子、
洗面台もあるのでとても便利です。

ミルク用のお湯が欲しい場合は、
案内所でお湯を提供してもらえます。

私もよく子どもとセントレアに遊びにいきますが
4Fの授乳室はいつも混んでいます。
3Fの授乳室は多少混み合ってはいますが、
他と比べると空いている方なのでこちらがおすすめです。

中部国際空港から名古屋駅までベビーカーも動きやすい?

全体的に道幅も広くバリアフリーなところが多いため
ベビーカーでも動きやすいです。
エレベーターも多いので
気軽に上や下の階に行けますよ。

授乳やオムツ替えで個室に入りたい時も、
ベビーカーのまま入れるのがよかったです。
また空港から名古屋までの電車に乗る際も、
ベビーカーでホームまで行く事ができました。

電車もミュースカイや混雑していない時間帯であれば
ベビーカーで乗り降りも可能です。

ミュースカイに関しては、
スーツケース置き場に
ベビーカーを置いておく事ができるため便利でした。

子連れで遊べるセントレア

中部国際空港セントレアは
乗換えの場所としてだけでなく、
子連れで楽しめます。

私も電車や飛行機が好きな4歳の息子と
何回も遊びに行っています。
そんなセントレアの魅力をお伝えします。

①スカイデッキ
中部国際空港のスカイデッキは
飛行機との距離が近いのが魅力なんです。

飛行機の離着陸に子供は大興奮!
普段見ることのできない特殊車両を見ることもできます。
子どもだけでなくお父さんも大興奮していました。

②駄菓子屋
空港内にはレストランや食べ歩きができる場所が多数あります。
その中でも駄菓子屋さんは
一度入るとなかなか出てきてくれません。

昔懐かしい駄菓子屋さん、大人も懐かしい気持ちになり
親子で楽しむことができますよ。

③展望露天風呂
なんと飛行機を眺めながら入浴ができるのです。
うちの子もお風呂に入りながら飛行機が見られると大興奮で、
セントレアに行くといつもお風呂に入りたがります。
のぼせないよう注意してくださいね。

イベント・空港探検ツアー
不定期ですが様々なイベントが行われています。
スカイデッキで盆踊りをしたり、
子ども連れ向けの空港探検ツアーなど
様々開催されています。

空港探検ツアーは予約が必須です。

イベント時は人が多いため、
子連れで動くのが少し大変なのが
正直なところではあります。

まとめ

中部国際空港は名古屋駅への交通アクセスも便利なうえ、
空港自体も楽しめます。

飛行機も間近で見ることができ、
食事も楽しめるうえ、
子連れでも便利な作りになっているので
一日楽しむ事ができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする