年賀状の返事をLINEでするのは失礼?ハガキでしないといけないの?!

スポンサードリンク

昔は「お正月といえば年賀状」、
というほど当たり前だった年賀状
「誰かから来てるかなー」とワクワクしながら
ポストを開けていた方も多いのではないでしょうか。

今やメールの普及に伴って、
年賀状は書かずメールで新年の挨拶をしている方も
多くなってきているのが現状です。

昨今ではLINEの需要が多くなっており、
LINEで簡単に済ませる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

特に子育て中は気が付けば年末!なんてことも多いですよね。

「年賀状をもらったけど、今年は用意していないし…
LINEで返事をしてもいいかな?」

そんな疑問を抱いたことのある方もいらっしゃるはず。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

年賀状の返事をしないと失礼にあたる?しないですむ方法は?

スポンサードリンク

年賀状の返事は送るべきか否かと聞かれたら、
あなたはどう答えますか?

恐らくほとんどの人が、
「送った方が良い」と答えるのではないでしょうか。

堅実で真面目な日本人らしい考え方だと
言われればそれまでですが、
とても良い風習だと思います。

マナーとして考えてみても、
「送らなくてよい」という考えはないでしょう。

普段メールでもLINEでも、
もらったら返信をしますよね?
それと同じく年賀状をもらったら
返事をするべきでしょう。

一番良いのはもちろん
年賀状を書いて返事をすることです。

マナー的にこの方法が最も良いことですが、
「今年は年賀状を書いていないから、
わざわざ買いにいかないといけない…」と
億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。
「LINEで返せばいっか」そう思う方もいらっしゃるはず。

そこは億劫に思っても買いに行きましょう。
年賀状を出してくれた人の気持ちを考えると、
どうでしょうか?

LINEでいいやと思っているような人は、
わざわざ年賀状を買って
宛名を書いてメッセージを書いて…
そんな手間がかかることをするでしょうか?

年賀状を出すことの必要性や
大切さを感じている人だからこそ、
このような手間をかけてまで
あなたに新年の挨拶をしているのです。

年賀状は新しい一年の始まりを一緒に祝い、
「これからの一年も変わらず付き合っていきましょう」
という意思表示の表れでもあります。

そのことに対して返事をしなかったり、
簡単済ませようとすることは
ナンセンスだと思います。

色々考えて悩むより、
早く年賀状を買いに行って出しましょう!

年賀状の返事はいつまでに出せばいい?遅れた時の例文は?

年賀状が「年賀状」として扱われるのは
1月1日~1月7日までです。
これ以降は「寒中見舞い」という
扱いになってしまうので、注意して下さい。

もし1月7日までに届くことが難しい場合は、
事前に寒中見舞いで出した方が良いでしょう。

一番良いのは「もらったらすぐ返す!」です。
「また今度、また今後」と先延ばしにするのではなく、
覚えているうちにすぐ出すことが一番です。

今やコンビニやスーパーでも売っていて、
お正月に営業しているところも多いです。
出掛けたついでにサッと立ち寄って、
サッと書いて、サッと出しましょう(笑)

もし年賀状の返事を出すことが遅れた場合は、
「年賀状をもらったにも関わらず、
新年のご挨拶が遅れてしまい申し訳ありません」
という一言を必ず添えましょう。

送る相手によっては
そこまで堅苦しくならなくても大丈夫ですが、
お詫びの一言は添えておく方が好ましいでしょう。

また「今年もよろしくお願いします」という文言も
必ず添えましょう。

まとめ

子どもの頃はもらったら嬉しかった年賀状も、
大人になると億劫に感じる方もいらっしゃると思います。

ですが、そこは日本に昔からある素晴らしい風習。
一年に一度のことですし、
せっかく迎える新しい年を
「嬉しく思ってもらえるもの」を使って、
いいスタートを切ろうではありませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする