戌の日のお参りはいついくの?なんのため?

スポンサードリンク

妊娠すると戌の日というのを
耳にする事があると思いますが、
戌の日とは何かご存知ですか。
私も妊娠して初めて知りました。

戌の日とは何なのか、
行くならここ!という
おすすめの神社などをご紹介します。
せっかく妊娠したなら、
戌の日のお参りに行ってみてください。

そもそも戌の日って何!?ママになったらぜひ知っておきたいこと

スポンサードリンク

戌の日の「戌」とは十二支の戌のことをいいます。
子、丑、寅、卯と一年ごとに
干支がまわってくるのはよくご存知ですよね。

その干支は年だけでなく、
日にも割り当てられています。
そのため戌の日は12日に1回まわってくるのです。

そんな戌の日、
日本では妊娠5ヶ月目に入った始めの戌の日に
安産祈願をするという風習が古くからあります。

ではなぜ妊娠と干支の戌が関係あるのでしょうか。
犬はお産が軽く、一度にたくさんの子犬を出産します。

昔の人はそんな安産な犬にあやかり、
母子共に無事に出産できるようにと
安産祈願をしたのが今でも伝わっているのです。

お産は何がおこるかわからないですよね。
医療技術が発展した現代でも
不安な事はたくさんあります。
医療技術がまだ進歩していなかった昔ならなおさら、
神様の力も借りたいところだったのでしょう。

では戌の日の安産祈願は
いつ行えばよいのでしょうか。
安産祈願をするのは
安定期である妊娠5ヶ月に入った始めの戌の日です。

お参りに行く日はあくまで目安です。
必ず5ヶ月に入った始めの戌の日にいかないと、
どうにかなってしまうわけではありません。
体調優先で行ける時に行ってください。

いつお参りに行くかはわかりましたが、
実際何をしたらよいのでしょうか。
一般的には、安産祈願の参拝をして、
腹帯を巻き、お祝い膳を家族で楽しむ
という方が多いようです。

私も神社に参拝しに行き、腹帯を巻いてきました。
腹帯は自分のものを持込む人、神社で購入する人、
その場で巻く人、持ち帰る人と様々いましたよ。

神社によっても違うため、
参拝に行く前に腹帯はどうするか
神社に確認しておくといいでしょう。

また安産の祈祷をするのにあって
初穂料を納める方が多いです。
金額は3000円から10000円が一般的なようです。
初穂料は神社によって
設定があるところもあるようなので、
参拝する神社で確認をしてください。

また参拝する時の服装に決まりなどもありません。
ですがカジュアルになりすぎないようにした方が
周りから浮いてしまうということを避けられると思います。

私もシンプルなワンピース、主人はスーツでした。
他の人もそれほどカッチリとした服装ではありませんが
カジュアルすぎない格好でしたよ。

誰と参拝しなくてはいけないという決まりもありません。
私は主人と両親と行きました。
夫婦のみの方もいれば、
両家の両親も一緒の方もいて様々でした。

神社にもよりますが、
参拝にはそれほど細かいルールはないので、
安心して戌の日のお参りに行ってみてくださいね。

“戌の日の安産祈願” 先輩ママのオススメ神社教えて!

せっかく安産祈願に行くなら
ご利益があるところに行きたいですよね。
そこで、全国の安産祈願おすすめ神社をご紹介します。

水天宮
東京都中央区にある都内で最も有名な神社です。
境内に「子宝犬」という犬の親子の像があり、
自分の干支を撫でると安産祈願ができるそうですよ。

塩竈神社
名古屋市天白区にある神社です。
昔から出産は潮の干満と関係があるとされていました。
塩竈神社にはその潮路の神様が祀られているため、
安産守護のご利益があるとされています。

摩耶山天上寺
兵庫県神戸市にある安産祈願のお寺です。
参拝時に腹帯に祈祷をしてもらう事がよくありますが、
なんと摩耶山天上寺はその発祥の地であるといわれます。

まとめ

戌の日の参拝は
絶対にしなくてならないものではありませんが、
せっかくママになったのなら
参拝してみてはいかがでしょうか。
くれぐれも体調を優先し、
階段や砂利道の参道は気を付けくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする