鬼をリアルに折り紙で作る!節分飾りに使ってみよう!

スポンサードリンク

2月3日の節分といえば「鬼」ですね。
豆まきをするときに鬼役は欠かせないですし、
節分らしいものを飾る時にも鬼は欠かせません。

ただ、普通に折り紙で折ったり、鬼のお面を作る、
というのでは物足りないなあ…と思ったあなた。

そんな方にオススメしたい、
「リアルな鬼」の折り方と、
「コワモテな鬼」のお面をご紹介します。

可愛い鬼のパンツの折り方はコチラをチェックして下さいね。

折り紙でできる!リアルな鬼の作り方を紹介

スポンサードリンク

まずは、折り紙で作る『リアルな鬼』の作り方です。
ハサミもノリも必要ありません。折り紙だけで作れます。

リアル、ということは折り方も少し複雑になってきます。

そこで、分かりやすい動画を3つ紹介します。
動画は手や紙の動きが見られるので、
少し難しい折り紙でも分かりやすいです。
ゆっくりやれば、ちゃんと作ることができます。

3つともリアルですが、
出来上がった鬼の表情が少しずつ違うので、
お好みの鬼を作ってみてください。

①【節分の折り紙】鬼の顔の折り方【音声解説あり】折り紙1枚でリアルな鬼!
(画像:リアルな鬼の作り方1)

口元が特にリアルな感じがする鬼ですね。
作り方の説明も分かりやすいです。

②【折り紙】赤鬼の簡単な折り方 How to make Origami Akaoni
(画像:リアルな鬼の作り方2)

出来上がった鬼の顔がとても立体的ですね。
眉が太くて、眼力が強い鬼です。

③Demon Face Tutorial 鬼の顔 折り方
(画像:リアルな鬼の作り方3)

1つ目の鬼と少し雰囲気が似ていますが、
鼻や口元の感じがまた違った鬼です。

いかがですか?
どの鬼もリアルで、こわ~い表情をしていますね。

折り紙も、普通の紙ではなく、
和紙など紙を変えて作ると、
また違った雰囲気の鬼になります。

小さくて作りづらいという時は、
大きいサイズにして作ってみるとやりやすいでしょう。

出来上がった鬼は、和柄の紙に貼ったり、
額縁やフォトフレームに入れて飾るのがおすすめです。

鬼の面も簡単工作!!親子で作れる強面な鬼のお面

節分の豆まきにはやっぱり鬼のお面が必須ですよね。
鬼のお面は、お家のカラープリンターを使えば
簡単に作ることができます。

しかし、可愛らしい鬼…ではなく、
ちょっと強面な鬼のお面を集めてみました。

【レッツエンジョイ東京 カンタン!手作り鬼のお面 緑鬼】
(画像:鬼のお面1)
https://www.enjoytokyo.jp/feature/matsuri/setsubun/omen/04.html

赤鬼でも青鬼でもなく、緑鬼のお面です。
ちょっとコワモテ。

プリントアウトしたあと、
イラストの線に沿ってハサミで切り、
目と耳の◯をくり抜いて、
耳に輪ゴムを通せば出来上がり!とっても簡単です。

鬼のお面は他にもありますが、
可愛らしい鬼やガーリーな鬼、ファンキーな鬼、
とちょっと変わった鬼ばかりで面白いです。

【キャノン クリエイティブパーク あかおに・あおおに】
(画像:鬼のお面2)
https://cp.c-ij.com/jp/contents/CNT-0011078/index.html

イラストをダウンロードする時に、
赤鬼か青鬼を選ぶことができます。

こちらも切って、輪ゴムやゴム紐をつけるだけです。
この鬼の目は黒いので切り抜いても切り抜かなくても、
どちらでも使えるようになっています。

【キャノン クリエイティブパーク 立体おめん:赤鬼】
(画像:鬼のお面3)
https://cp.c-ij.com/jp/contents/CNT-0009896/index.html

こちらは立体的なお面です。
作るのにもハサミやノリなど道具が必要となり、
手の込んだお面になります。
表情も強面ですから、ペーパークラフトが好きな方は
挑戦してみてはいかがでしょう。

これらのお面を作る時に大事なのは、
プリントアウトする「紙」です。
普通紙ではペラペラ過ぎてお面には適さないので、
クラフト用の厚紙用紙を使ってください。

鬼のお面もできたらいよいよ豆まきですね。
でも豆をまくのは楽しくても、散らばった豆の片づけや掃除のことを考えるとちょっと
うんざりすると言うのが本音ですよね・・・。
そこで、豆まき気分も味わえて、後片付けも簡単なものを豆代わりにまくのはいかがでしょう?
殻つき落花生などよく知られているものやそうでないものを集めてみました。
節分に豆の代わりにまくものは?
是非参考にして思いっきり豆まきを楽しんでくださいね。

まとめ

楽しい豆まきに欠かせない鬼の飾りや鬼のお面。
今年はいつもと違って、コワモテな鬼、
リアルな鬼で節分を盛り上げてみてはいかがですか。

リアルな鬼だと、小さな子は怖がるかもしれませんね。
でも、それも節分らしいところ。
子どもと一緒に楽しみたい、という方は
子どもと好きな鬼のお面をダウンロードして
作ってみてください。

いつもの節分とはちょっと違った鬼たちで、
節分を楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする