帝王切開の前日だけど眠れない!不安と緊張への対処法

スポンサードリンク

待ちに待った出産のはずが、
帝王切開で出産することになった場合、
予想外の出来事に不安いっぱいになりますよね。

5人に1人が帝王切開で出産すると言われている現在。
多くの人が突然のことに戸惑いと不安を隠せず、
当日を迎えることになります。

帝王切開への不安だらけで、
寝ても覚めてもそのことばかり考えてしまいますよね。
そんな時、どのように前日を過ごすのがいいのか、
筆者の体験談をご紹介します。

帝王切開が決まったときにどうした?手術日までの過ごし方は?

スポンサードリンク

筆者は36週の健診で、
経過に少し気になる部分があったため、
そのまま健診後に病院に残って入院することになりました。

この健診の後に、
実母と赤ちゃんを迎えるためのグッズを
見に行こうかと思っていた矢先の出来事で、
それだけでも衝撃的でした。

そして、数日様子をみて、
もしかしたら正産期目前で、
誘発分娩か帝王切開になるかもしれないとのことでした。

健診後に何も入院グッズがない状態で病室に案内され、
入院の準備をいきなりすることになった母も大変なのですが、
筆者は筆者であまりの急展開に茫然とし、
とにかく涙が止まりませんでした。

数日間、不安な気持ちのまま、
とりあえず今自分にできることが
安静にすることしかないので、
ひたすらベッドで安静にしていました。

横になったまま、ネットを見て勝手に想像して、
今の自分の状況をキーワードに入れては検索し、
落ち込んだり、更に不安になったりして、
ひたすら涙を流すばかりでした。

また、安静にしているだけで退屈なのはもちろんですが、
それよりも不安や赤ちゃんの様子が気になって、
なかなか熟睡できない時間が続きました。

前日の過ごし方!ママにもお腹にも子にも優しい1日に

時間が経つのがこんなに遅いと思ったことは
今までになかったのではないでしょうか。

そこで、不安な気持ちばかり抱くのも
お腹の赤ちゃんによくないと思い、
気分転換できるアイテムを取り入れることにしました。

筆者は里帰りの為に実家に帰ってきていたので、
弟に大量の漫画を借り、
紙袋にいっぱいの漫画を病室に持ってきてもらいました。

この漫画作戦が成功して、
眠れないと思ったら割りきって
漫画を読んだりするようにしていたら、
いつの間にか漫画に没頭して過ごすことができました。

筆者は最終的に正産期目前で
誘発分娩することになったのですが、
むしろ後半は、明日から漫画が読めなくなるから、
これだけは読んじゃおう!ぐらいの熱中ぶりでした。

その後、筆者は誘発分娩でも子宮口が開かず、
帝王切開になりました。
手術室があと2時間ぐらいで空くから、
そうしたら帝王切開と言われていたのですが、
すぐに空いたようで、
いきなり3人の看護婦さんがやってきて
準備を同時進行で行われました。

帝王切開になると言われて、5分後の出来事でした。
そして心の準備もする間もなくドラマさながら、
ベッドをガラガラひかれて、手術室に運ばれました。

帝王切開については
入院中にネットで体験談を調べたりしていましたが、
調べても調べても不安が消えることはなく、
調べても調べなくても、
やはり赤ちゃんが無事に産まれる瞬間までは
完全に不安が消えることはないと思います。

それなら、赤ちゃんが産まれる前に
最後のゆっくりできる時間と捉えて、
思う存分、漫画や本を見たり、DVDを見たりして過ごすのも
ひとつの過ごし方ではないでしょうか。

もちろん、気になる点は
病院の先生に質問して解消して下さいね。

まとめ

赤ちゃんがママのお腹の中に居てくれる最後の1日。
帝王切開は説明や体験談を聞いても不安は拭えませんが、
それでもできるだけゆっくり熟睡して、
ストレスを感じず安静にすることが、
赤ちゃんを迎えるためにできることなのではないでしょうか。

赤ちゃんの胎動を静かに感じて、
最後の自由時間をゆっくり過ごして、
赤ちゃんを迎える準備をして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする