臨月になるとお腹が下がる!?いつから?どのくらい?

スポンサードリンク

臨月になるとお腹が下がる、
という話を聞いたことはありませんか?
でも、お腹が下がるとはどういうことなのでしょう?

周りには「お腹が下がってきたから出産ももうすぐだね!」
と言われるけど、よくわからない…

今回は出産とお腹が下がるということについてお話しします。

お腹が下がるのは赤ちゃんが生まれる前兆!?

スポンサードリンク

まず、お腹が下がる、とは
一番お腹が出ている部分(子宮底と言います)が
下に下がってくることを言います。
これは、出産が迫ってくる上で、
赤ちゃんが外に出てくる準備として、
頭を子宮口に当て、その時を待っているから起きると言われています。
なので、お腹が下がってくるのは、
赤ちゃんが生まれてくる準備ができる、臨月です。

筆者は39週1日目での出産でしたが、37週4日目の検診で
産科医から「お腹が下がってきているね」
「赤ちゃんの頭が出口にはまって準備ができているよ」
と言われました。
私は自覚がありませんでしたが、
産科医の先生や義母にも言われたので、
「お腹が下がっている状態」になっていたようです。

このように、お腹が下がることは
出産が近づいた証拠ではあるようですが、
明確に基準があるものではないので、
お腹が下がったら何日後に陣痛がくる、
というものでもないです。

また、私の場合ですが、いま振り返ってみると
赤ちゃんが下がってきたことで生じる身体のトラブルもありました。

まずは、尿もれ。臨月まで比較的尿もれはなかったのですが、
お腹が大きくなり、下腹部が圧迫されると、
くしゃみや咳をすると尿もれが見られるようになりました。

それから、股関節の痛みもこの頃ありました。
歩いているとツーンと、響くような痛みが
股関節に感じられました。
しばらく動きを止めると痛みが引きますが、
出産までそれが幾度となく続き、
出産するとこの痛みはなくなりました。

人によっては、赤ちゃんが下方に移動することで
胃と距離ができたことで食欲が復活した、
というママもいました。

3キロ前後の赤ちゃんが体内の位置を変えるので
それに伴ってママの体調も変化します。
お腹が下がると新たな身体の調子になってきますが、
無理せず自分の状態を観察し、
違和感や痛みがある場合は検診で相談してみると良いでしょう。

赤ちゃんに早く会いたい!みんなが試したお産を早める方法

臨月に入ると出産が待ち遠しいですね。
産科医からも臨月に入ると
「よく運動してください」とアドバイスを受けます。
妊娠前までは臨月は安静にしていなければいけない
イメージがあったのですが、
適度に運動しないと子宮口は柔らかくならず、
また赤ちゃんも準備ができないそうです。

お散歩に出かけたり、マタニティヨガなど
妊娠中でもできる運動をしましょう。
臨月でもマタニティヨガができるの!?
と思う方もいるかもしれませんが、
私が通っていたマタニティヨガのスクールでは、
ヨガ中に破水した、という
妊婦さんがいるほど、出産直前までOKでした。
(私も夜に陣痛がきたその日のお昼時にはヨガをしていました)
ただし、何かあった時にすぐ産院に行けるように、
長距離の移動は避けましょう。

あとは、陣痛がくるジンクスなども
周りではチャレンジしている妊婦さんもいました。
栄養ドリンクを飲んだり
焼肉を食べたり(カレーという説もありました)
パートナーとの性交渉もジンクスの一つのようです。

まとめ

いかがですか?
出産に向けて変化する体に戸惑うことも多いかと思います。
またいつ陣痛がくるのか、不安に思っているかと思います。

でも、人と比べたり焦ったりせず、
赤ちゃんが産まれてくる準備を万端にしている最中なのだと思って
その時を待っていてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする