戌の日のお参りのお金はいくら払うもの?地域によって異なるってホント!?

スポンサードリンク

妊娠が分かると嬉しさやドキドキした気持ち、
不安な気持ちなど色々な感情がでてきますよね。

妊娠5か月の戌の日に安産のお参りにいきますよね。
そんな戌の日のお参りがどんなものか知っていますか?

戌の日のお参りに行く前にお勉強しておきましょう。

戌の日のお参りとは?

スポンサードリンク

妊婦さんが5か月の戌の日に腹帯を巻いて、
安産を願って神社へお参りにいきます。

戌の日というのは、暦の日にちにある干支です。
日にちにも十二支の干支が割り振られているのです。

“戌の日”を選んでお参りにいくのには意味があります。
犬は一度にたくさんの赤ちゃんを産みますが、
たくさんの赤ちゃんを産むのに
お産がすんなり行われることで知られています。

そこで、犬のように安産になりますように
願いを込めて戌の日にお参りにいくのです。

戌の日のお参りはご祈祷もしてもらうの?

戌の日に神社にお参りに行きます。
そして、安産のご祈祷をしてもらう人もいます。
しかし、必ずご祈祷してもらわなければいけない
というわけではありません。
人によっては、安産のお参りだけするという人もいます。

妊娠5か月はツワリも落ち着いてくる頃ですが、
人によってまだツワリがひどく、
体調がすぐれない人もいるでしょう。

無理をして5か月の戌の日に
お参りに行かなければいけないことはありません。
体調がよくなってから、
安産祈願のお参りをしてもいいのです。

妊婦さんの体調と相談しながら、
いつお参りにいくのか決めるといいでしょう。

ツワリがひどく体調がすぐれない妊婦さんなどは、
5か月の戌の日に家族の人が
代わりにお参りにいくという人もいます。

戌の日の安産祈願のお参りに
腹帯をしていくと昔の人は言いましたが、
今では、神社へお参りに行った際に、
お祈りしてもらった腹帯を購入する人もいます。

それぞれの家族に合わせた
安産のお参りをするといいでしょう。

いざという時悩む!?安産祈願の初穂料は誰が支払うもの?

安産祈願のお参りの際に
ご祈祷してもらう人もいます。
その場合には“初穂料”が必要になります。

これは安産のお祈りをしてもらうお礼として
納めるお金になります。

この初穂料は神社によっても違います。
金額が決められている神社もあれば、
金額は気持ちですというところもあるでしょう。
一般的な相場は5,000円くらいとされています。

安産祈願にいく神社に
事前に問い合わせておくといいでしょう。

そして、初穂料は誰が払うもの!?
と悩む人もいるかもしれません。

両親が一緒にお参りにいってくれる場合は
両親が出してくれる場合もあるでしょう。
自分たちだけでお参りにいく場合は、
自分たちが用意して払います。

安産祈願の初穂料は誰が払うという決まりはありません。
あくまでも安産のお祈りしてもらう
お礼としてお渡しするものです。

誰が払うのを気にするのではなく、
気持ちよくお渡しするといいでしょう。

困った時のお助けマン!正しい初穂料の熨斗袋の書き方

安産祈願のお参りの際に
ご祈祷もしてもらう場合は
初穂料を準備していくといいでしょう。

初穂料は基本的には熨斗袋に入れてもっていきます。
紅白の蝶結びの熨斗袋を用意します。

蝶結びはほどくことができ、
何度も結び直すことができます。
そこから、蝶結びの熨斗袋は
何度あってもいいお祝い事の際に使うものなのです。

熨斗袋の上半分に“初穂料”と書きます。
下半分には名前を書くのが一般的です。

まとめ

妊婦さんが5か月の戌の日に
安産祈願のお参りにいくというのは
日本にある風習の一つです。
妊婦さんと赤ちゃんが無事に生まれてきてくれますようにと
願いを込めて行われています。

戌の日は産婦人科の病院で教えてくれるところもあります。
いつが戌の日かは、ネットで調べるとでてきますよ。
妊婦さんの無理のないようにお参りにいきましょう。

妊婦さんの体調がすぐれない場合は、
無理してお参りにいくのではなく、
家族にいってきてもらったり、
体調がよくなってから行くようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする