とだがわこどもランドの駐車場はどこ?無料で遊べる家族連れにおすすめのスポット!

スポンサードリンク

とだがわこどもランド
大型児童センターと緑地公園の複合施設です。

自然に囲まれてのびのび遊ぶ事ができ、
土日にはイベントも開催されています。
遊具も充実しており、
ピクニックや水遊びと一日楽しめる公園なのです。

そんなとだがわこどもランドについてご紹介します。

とだがわこどもランドは車で行っても大丈夫?駐車場は?

スポンサードリンク

子連れで公園へのお出かけとなると、
荷物が多くなりますよね。

我が家でもいつものママバッグに加え、
お弁当に子どもが遊ぶおもちゃと
荷物が山積みになっています。

荷物も多いですし、
帰りも子どもが疲れて寝てしまってもいいように
公園へは車で行く方が多いのではないでしょうか。

とだがわこどもランドも
そんな車で来る方がとても多いです。
土日に遊びに行った時は午前10時の時点で
空いている場所を探すのがとても大変でした。

公園で遊ぶ人が多いのもありますが、
土日は不定期で公園内の施設で
野菜の販売などもしているため
駐車場が空いていない事が多いのです。

他にも土日はイベントなどもしている時があるため、
イベントと重なると非常に混み合います。

平日は空いていますが
土日に来るなら早めに来る事をおすすめしますよ。

それだけ来る人が多い事もあり、
とだがわこどもランドの駐車場はとても広く、
多くの台数の車を止める事ができます。
駐車場は全部で1100台駐車が可能となっているのだとか。

ですが公園が全体的にとても広いため、
行きたい目的のエリアと駐車場の距離は
事前に確認しておいた方が良いです。

子連れのファミリーは
遊具や水遊びができるエリアを目指す方がとても多いですが、
そこなら第2駐車場が一番近いですよ。
ですが第2駐車場はとても混み合い
満車になるのが早いです。

5分ほど歩いても大丈夫ということであれば、
第1と第5駐車場は
比較的空いている事が多いのでおすすめです。

駐車場代金も通常時は無料で止められます。
時々おまつりの開催時などは
普通車で500円が必要になる事もあるため、
注意してください。

とだがわこどもランドは遊具が充実!


この公園の魅力は遊具がとても充実している事です。
たくさんの遊具に子どもたちが
ワクワクしているのが伝わってきますよ。

公園の中に入ると一番初めに目に飛び込んでくるのが
巨大な木造遊具です。
この木造遊具には様々な仕掛けがあり、
登ったりジャンプしたりと
子どもたちは大喜びしていました。

なんとこの木造遊具の中には
ネットやターザンロープなど
30種類も遊具が備わっているのです。

中でもターザンロープが一番人気のようで、
たくさんの子どもたちが並んでいましたよ。
うちの子もターザンロープがお気に入りで
何回も並んでいました。

木造遊具はとても大きく広いので、
少し子どもから目を話すと、
もうどこにいるかわかりません。

水遊びができるよう水がはってある場所もあるため、
なるべく目を離さないようにしてあげてくださいね。

他にも全長25mの巨大なローラー滑り台があります。
とても長く迫力があるからか、
いつもの小さな滑り台とは違う魅力があるようで
これも大人気となっていました。

土日は多くの子どもが並ぶため、
5分ほど並ばないといけない時もありましたよ。

またサイクルモノレールもあります。
10mの高さを自転車のようにペダルをこいで進むのです。
公園内を見渡す事ができ、
天候の良い日はとても気持ちいいですよ。

しかし乗るには年齢や身長に制限があるため
注意してください。

年齢は3歳以上からです。
身長は130cm未満の子は保護者同伴で、
130cm以上の子は一人で乗る事ができます。
料金は1人100円が必要となります。

足踏みゴーカートなどもありました。
身長100cmからと制限はあるものの、
10分50円とかなりリーブナルに遊ぶ事ができます。

夏は水遊びでおもいっきり楽しもう!

そして特に夏は水遊びができるのもこの公園の魅力です。
夏場はほとんどの子が水遊びを楽しんでいますよ。
木造遊具の周りを川のように水が流れているので、
水を触ったり足を入れたりして楽しんでいました。

その中でも特に子どもたちがはしゃいで遊んでいたのが、
じゃぶじゃぶ池です。

池の真ん中には大きな富士山型の滑り台があります。
その滑り台が子どもたちに大人気なのです。
子どもたちみんな何回も何回も並んで滑っていましたよ。

滑り台は比較的柔らかい素材でできていますし、
水の深さも全体的に子どもの足首くらいまでになっています。
そのため小さなお子さんでも
安心して遊べるのがいいですね。

じゃぶじゃぶ池の隣には、
木でできたいかだがあります。
いかだにはロープが付いており、
引っ張ると向こう岸まで行けるようになっているのです。

子どもたちみんな全身を使って
おもいっきり体を動かしてあそんでいました。

水遊びをする場合は全身が濡れます。
私も行く前は足元が濡れるくらいかなと考えていました。

しかし水の深さは足首までと言えども、
子どもたちはバシャバシャと走ったり、
水をかけ合ったりします。
あっという間に頭から足までずぶ濡れです。

そのため水着を持参したり、
着替えは必ず持っていく事をすすめます。

イベントもいっぱい!巨大迷路が楽しい

とだがわこどもランドでは
様々なイベントが開催されています。
乳幼児に向けたものから小学生、
パパやママと一緒に親子で体験など
イベントは様々あります。

特に土日やゴールデンウィーク、
夏休みなどの長期連休は
イベントが多数開催されていますよ。

中には定員人数が決まっているイベントもあるため、
気になるものがある場合は
早めにチェックしておいた方が良いと思います。

その中でも人気があるのが巨大迷路です。
ダンボールで作られた巨大な迷路が
とだがわこどもランドのホールの中に
作られているのです。

ダンボールと言っても
しっかりとした作りになっていて、
かなり広い迷路ですよ。

参加に定員人数などは特にありませんが、
入れるのが10時から16時で、
間に1時間お昼休憩がありました。

これもイベントの一つなので、
いつもおこなっているわけではありません。
不定期で開催されているようです。

今年2018年も、8月の夏休みに2週間限定で
巨大迷路が作られていました。
参加費ももちろん無料で入れましたよ。

巨大迷路は子どもたちから人気なので
常におこなっていないのが残念です。
不定期でやる時期は決まっていませんが、
夏休みなどの長期連休によくおこなっているようです。

気になる方はとだがわこどもランドのホームページにある
イベント情報をチェックしてみるといいかもしれません。
とだがわこどもランド公式HP

雨の日も遊べる!プレイハウスがおすすめ

子どもを遊びに連れて行こうと思ったら
雨が降っていて、どうしようと困ったことはありませんか。
子どもたちも家の中ばかりでは飽きてしまいます。
休みの日が雨だと本当に困りますよね。

私もよく雨の日でも
体を動かして遊べる施設を探していました。
そんな雨の日でも遊べるのが
とだがわこどもランドなのです。

公園の中に入ってすぐの場所、
木造の大型遊具のすぐそばに
プレイハウスと呼ばれる建物があります。
ローラー滑り台とも繋がっている建物です。

建物の中にはネットが張られている、
大型のジムがありますよ。
ここなら屋根があるため、
雨の日でも遊ぶ事が出来るのです。

建物2階分くらいの高さがあるジムなので
思いっきり体を動かして遊ぶ事ができます。
中にはボールプールなどもあるため、
小さなお子さんも遊んでいました。

うちの子も活発なため、
このジムを上から下からと何度も何度も
登ったり降りたりして楽しんでいましたよ。

ジムはネットが張られているため、
子どもが登りやすいようになっています。
また足場などが柔らかめの素材になっていたり、
柱なども柔らかい素材で保護されているので
安心して遊ばせる事ができるのです。

ジムの隣にはらせん階段があるため、
大人も子どもと一緒に上の方に行く事ができます。
建物の中には階段以外にも
エレベーターも付いていますよ。

他にもジムの周辺には9種類、遊具があり、
小さなお子さんでも気軽に遊べます。

雨の日もおもいっきり体を動かして遊べるとあって、
とても助かります。
子どもたちにとっても嬉しい遊び場ですが、
しかし休館日があるためその日は入る事ができません。

毎週月曜日がお休みです。
月曜日が祝日の場合は翌日がお休みになっています。
休館日にだけ注意してくださいね。

公園内で食事ができる場所は?

公園でたくさん遊んだらお腹も減りますよね。
とだがわこどもランドの食事ができる場所をご紹介します。

遊具や水遊びができるエリアのすぐ側に売店がありました。
ポテトフライや唐揚げ、ラーメンなどの軽食が食べられます。

それ程広くはありませんが
売店の中にはテーブルと椅子もあるため
お店の中で食べる事も可能ですよ。

夏にはアイスも販売されており、
子どもたちが嬉しそうに食べていました。

しかし売店はあくまで軽食ですので、
しっかりと食べたいという方は事前に購入して行くか、
お弁当を持参した方がよいかと思います。

公園のすぐ近くにはファミリーマートなどもあるので、
足りないなという時など便利ですよ。

また公園内は広大な芝生が広がっています。
そのため気候が良い時は
レジャーシートやテントを広げ
ピクニックを楽しんでいる人が多くいました。

ピクニックをされている方はとても多いですが、
芝生広場はとても広いので
場所取りに必死になる事もなく
レジャーシートも広げやすいですよ。

このエリアにはベンチやテーブルなども所々に多数あります。
なので、休憩したりご飯を食べたりもしやすいです。

しかしとだがわこどもランドのホール内のお部屋では、
飲食が禁止となっているため食事ができません。
エントランスホールでは食べる事ができますよ。
中には飲食禁止の場所もあるため注意してくださいね。

バーベキューを楽しもう!

気候がいい時期は家族や友人と
バーベキューも楽しみたいですよね。
我が家でも息子が4歳になったので
初バーベキューに挑戦しました。
外で調理して食べるバーベキューに子どもは大喜びです。

しかしバーベキューはどこでやろうか、
準備や片付けも大変そうで
子連れでやるのをためらう方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

とだがわこどもランドでは
手軽にバーベキューを楽しむ事ができますよ。

バーベキューができる場所は
公園のちょうど真ん中あたりのエリアになります。
ピクニック広場と呼ばれる場所で、
バーベキューができるように整備されているのです。
ピクニック広場はA区画とB区画にわかれていました。

A区画は事前予約が必須となっています。
予約はデジキューという提携サイトから
予約ができるようです。
1ヶ月前からインターネットか電話にて予約ができます。
予約は2名から可能ですよ。

このA区画は機材を自分たちで持ち込み、
ゴミの処分も自分たちでするなら予約は必須ですが、
利用料金は無料です。

しかしここの区画でするなら機材のレンタルもでき、
ゴミの処分もしてくれる
セットプランが
1人500円
で利用できます。

子連れの場合は機材など持っていくのも大変ですし、
ゴミもたくさん出るので
このプランをおすすめしますよ。
もし当日空きがあるようであれば、
700円でこのプランが利用できるようです。

またB区画は無料で利用可能で予約も必要がありません。
しかし先着順となるため早めに行かないと
場所がなくなってしまう事もしばしばあります。

以前天候も気候もいい時期の土曜日に覗いたら、
10時半頃でしたがもう人がいっぱいいました。
暑い夏場は3、4組くらいで
それ程混み合ってはいないようです。

場所取りはロープや荷物だけでする事は
禁止されているので注意してくださいね。

このピクニック広場には炉、テーブル、
炊事場が備え付けられています。
炉はA区画に5基、B区画には10基ほどありました。

レンタルなどしない場合、
網や鉄板はないため持参しないといけません。
もしお持ちであればバーベキュー用コンロなどを
持っていくといいかもしれませんね。

テーブルや椅子は固定のため移動はできませんでした。
また日除けなどもないので持参した方が良いですよ。

炊事場はA区画とB区画共用になっており、
水道も使えます。

食材の販売はしていないため、
事前に購入して持って行ってください。

まとめ

とだがわこどもランドは
子どもが夢中になる遊具が充実しています。
定員人数がありますが
親子で参加できるイベントも
多数開催されていますよ。

バーベキューもでき、
おもいっきり体を動かして一日楽しむことができます。
雨の日でも遊べる
大型のアスレチック遊具があるのも嬉しいです。

一日中楽しめる公園なのでおすすめですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする